マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ病と脳シリーズ
「心の病の認知システム」



もう少し脳のお話をしますね

前回のテーマ「うつ病と海馬」とは
少し違った脳の視点でお話いたします。


さて・・今日は
まず、こんなお話から始めましょうか。。


携帯・スマホの「着メロ」

皆様は、
様々な音楽や歌に設定しているかと思います。

例えば、着メロが
「アヴェマリア」だったとしましょう。


1、スマホに、自分あての電波が飛んできた。

この時点では電波はニュートラル。
白でも黒でもない。

2、この電波が、その人のスマホに当たると・・

電波が変換され「アヴェマリア」になるわけです。


電波が全て「アヴェマリア」ではなく
あなたの携帯・スマホの「とらえ方・反応が」
アヴェマリアなんですね。



うつ病も同じ。
例えば、職場で鬱病になった。

もしこの職場が
「絶対的な普遍的な」鬱病要因であるならば

この職場の人、
全員が鬱病にならないとおかしいわけです。


ですが鬱病になったのは、
ある「限られた特定の人」だけ。
これはなぜでしょうか?


その人独特の
「脳内設定・心の反応パターン」があるからです。

(うつ病的なモノのとらえ方・・冒頭の例えですと着信音)



*よく精神科で言われる
神経伝達物質の異常うんぬん(生体アミン仮説)は、
こういった毎日の心の反応パターンにより、
ストレス脳になった「結果論」なんですね。

視野が狭く、結果の所ばかりに焦点を当てるのではなく
その結果に至る「プロセス」を修正しないと治りません。




今日は、
携帯・スマホの例え話をしましたが

これをもっと詳細に
私達の「脳の認知システム」でお話しします。


例えば
「赤のTシャツ」を見たとしましょう。


「赤のTシャツ」の視覚情報が
網膜で電気信号に変えられ

視床を通り

後頭葉の「視覚野」に入ります。


実はこの時点ではまだ、
『赤であることも分かっていない。
Tシャツという物体であることも分かっていない』


この時点では、この電気信号は
まだニュートラル。
情報が詰まった「単なる電気信号」



この電気信号が
側頭連合野に行き、
はじめて「これは赤色だ」と認知します。


そして様々な連合野に電気信号が行き渡り
空間情報や過去の学習データなどにより
全ての脳内情報をトータルし
「これは目の前にある、赤色のTシャツだ」と
理解することになります。



尚、上記のプロセス。
私達の脳が、外界の情報を認知完了するまで
「約0.5秒」かかると言われています。


約0.5秒のタイムラグ・・

・・・と、すると
こんな発想ができます。

私達の見ている世界は、リアルタイムではなく
「約0.5秒、過去の世界」なんですよ。


*ただし、熱湯を触ったなど、緊急時の反射行動などは
別の回路で処理します。


これらのシステムは
視覚情報だけでなく、聞こえたもの、香ったもの、
味わったもの、触れたもの・・
全て同じ様なシステムです。
(脳に伝わる電気信号の経路は違いますが)


簡単な脳の認知システムをお話ししましたが

ここからが
「うつ病など心の病」に関係のあるお話です。



<続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/01/20 07:40】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |


プラトヤー
>*ただし、熱湯を触ったなど、緊急時の反射行動などは別の回路で処理します。

おお、脊髄反射ですね。


>約0.5秒のタイムラグ・・

バキが頭に浮かんだのは私だけじゃないはずw



Re: プラトヤーさんへ
ショウセイ
> >約0.5秒のタイムラグ・・
> バキが頭に浮かんだのは私だけじゃないはずw

おお。マニアックなネタですね。
前にバキでも取り上げられていましたね。
勇次郎戦は長かった・・・
(たぶん女子の皆様はこのネタ分からない)

今回のお話は「情報のインプット→認知」ですが、
またの機会に、今度は逆に「心→アウトプット」について
脳や潜在意識論の視点から語ります。

コメントありがとうございましたi-260


コメントを閉じる▲
さて、前回の続きです。

前回のお話は

私達がキャッチした情報は、
キャッチした時点では「まだニュートラル」ということ。

それが各脳の連合野に送られて
それが何であるかを理解します・・というお話でした。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-749.html


今日は、その情報が
心の病(うつ病)的思考パターンに
変換されるシステムをお話しいたします。


前回のお話の
赤のTシャツですと、

普通の人は、ただ
「ああ。赤のTシャツだ」

またある人は
「赤はいいね!元気が出る・・」と感じる方もみえます。

・・ここまでは問題はありません。


しかし、

うつ病など心の病の方、
またストレスの溜まりやすい方は・・



赤のTシャツをみた。

私のイヤな上司の愛用の事務用品、全て赤色。

先週その上司に言われたイヤミのせいで
今週の私の心はめちゃくちゃだ・・・

あの上司さえいなければ・・
ちくしょう。。

この妄想のスパイラルが止まらなくなり
気持ちが落ち込み
いつもの「うつ状態・精神的疲れ・イライラ」になります。


また「PTSD」(心的外傷後ストレス障害)の方は
赤のTシャツをみた瞬間。

子供のころ虐待を受けていた時、
私を虐待する人が、いつも赤色のTシャツを着ていた。

赤色は怖い!・・とパニックを起こす。


このように、心の病の方は
純粋に五感の情報を受け取ることが出来ず

様々な「妄想・想念」が入り込みます。

そして、この妄想の連鎖が止まらなくなり
いつもの「心理症状」が出てきます。


上記の心理学的事例を
脳の視点で言いますと

何かを見た時、
目が情報をキャッチし、網膜から電気信号に変換され
後頭葉の「視覚野」に送られます。

この時点ではまだ「特定の妄想や想い」が入っておらず
ピュアな状態です。無害です。



そこから脳の様々な連合野に、視覚野からの
電気信号が振り分けられる時、

その人が過去に記憶してきたもの、学習したもの。
その人独特の培ってきた脳内データが混ざります。


それを、
「スキーマ」(その人独特の心の構え:既有知識)と言います。


「スキーマと外界の情報(脳内電気信号)」が合わさって
心の病の方は、「特定の心理症状」を起こします。

これが心理症状の、簡単なメカニズムです。
*(実際は脳は、もっと複雑な仕事をしています)


でも、安心してください。

結論から言います。
「これは治ります」



ただ・・
例えば、〇〇の資格を取得するのに
勉強せず楽して受かるでしょうか?

いえいえ。無理ですね。
資格を取得するのは、それ相応の
勉強・訓練が必要になります。


人生の中で深く刻み込んできた
「うつ病的思考パターン」を修正するのは、

ただ薬を飲んでいるだけでは
絶対治りません

それ相応の「心理訓練」が必要になります。


世間でよく言う
「うつ病=脳の病気」・・は、よいのですが、
そこで思考停止し、薬を飲み続けるのではなく。。

1、では、なぜ脳の病気になるの?
(神経伝達物質の異常、脳内血流のアンバランス、海馬神経の損傷など)

2、過剰なストレスが考えられます。

3、では、なぜ過剰なストレスが溜まるの?

4、「うつ病・神経症の方、独特の思考パターン・モノのとらえ方」により
長年コツコツと脳にダメージが蓄積し
「過剰にストレスを感じやすくなり」
そのダメージが、個人個人の「閾値(いきち)」を超えると
うつ病を発症します。



*「1」に対し、薬を飲み続け一時的な対症療法をしても、
根本の「4」を修正しないと、何度でも再発する可能性が高い。



もちろん、
薬を飲んでいてもよいと思います。
それで「現在の辛さ」を散らしてください
それも大切。

しかし、それに並行し上記の図式を考え
「対応策」(心理療法など)を打っていきましょう。
そうしないと永久に根治には至りません。

一生、抗うつ薬飲みたくないでしょう?


さて、実際の心理療法では
次回のお話のような作業で
「脳を訓練」していきます。

ストレスに強い脳を作っていきましょう!


<続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/01/22 00:25】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントRさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> こんにちは、またまた興味深く読ませて頂きました。ありがとうございました。

いえいえ。こちらこそ読んでくださりありがとうございました。

> >それ相応の「心理訓練」が必要になり全くその通りだと思います。
> 最初はなかなか訓練もつらいし、やる気が出ないことも多いと思いますが・・・根気よく続けることで希望の>光がかならずみえてくるので・・・継続は力なり!・・・ですよね!!

全くその通りですね。
慣れるまで少し辛いし努力が要りますが、なるべく楽しくできるように
カウンセリング・コーチングしております。

うちの教室は、みんな冗談言って笑いながら行っておりますよ。
でも真剣にやるところは真剣に行います。

> いつも精力的に記事を書いていらっしゃるのが、とってもすばらしいですね!
> これからも頑張ってください(^o^)

ありがとうございます。
Rさんの記事もとても面白いですよ。
とても素敵な人だと思います。

共に頑張りましょうね!


承認待ちコメント
-


Re: 道産子クライアント1号(笑)さんへ
ショウセイ
こんばんは。コメントありがとうございます。
すごい名前ですね(爆笑)
笑ってしまいましたi-237
はい。誰か分かりますよ。

いただいたコメントに個人情報(メールアドレス)が入っていましたので、
オンライン上、個人情報保護のため非表示にさせていただきます。

> 先生、
> 私は、昔からコツコツ時間をかけて、ようやくマスターするタイプ
> の人間でした。

いえいえ。裏を返せば、そこがキミのよいところだよ。
マインドフルネスはコツコツ型の人が向いています。

> 私からのメールの内容などで、お察しのことと思います。。。
> 不甲斐なく、申し訳ないっす(T^T)

あはは。とんでもない。
あなたは優秀な方ですよ。
理解が早いので素晴らしいと思います。

> でも、だから、面白い。
> 先日の先生のラベリングの提案が、とってもしっくりきました!
> 課長になったつもりで、その件は担当の○○さんの管轄です!
> だとか、、、
> 宅配便の確認はするけど、お受けできません!
> だとか。。。
> 毎日使わせて頂いてます!!
> 快調です、びっくりするほどに。
> 妄想を食い止めることができます。

あはは(爆笑)
とにかく「妄想・雑念」に対し「グーッと主観」を入れない事。

無視するのではなく「客観的に確認はするが受け取らない」
これがマインドフルネス・仏式瞑想の極意です。

> さらなる進歩を夢見て頑張ります!

はい。精進を続けてまいりましょう。
またカウンセリング&お稽古しようねi-260


コメントを閉じる▲
さて前回お話ししました
心の病の脳のシステム。

これに対し心理療法では
次の訓練をしていきます。


1、「スキーマの修正および追加」

今までの人生で刻み込んでしまった
悪い知識や心の構え、またモノのとらえ方。
これに客観的に気付き、修正をかけていきます。

またカウンセリング・心理学習により
新しい「善い心理学的知識」を学習し、

心の病に対し合理的に判断し
対抗できる「善いスキーマ」を
インプットしていきます。


2、「無意識の意識化」

私達の脳は、
理解不能・情報処理できないものがありますと
脳が不安定になりバグを起こします。

その不確定情報がストレスになり
様々な心理症状になって出てきます。

例えば、心の中で「何かモヤモヤしている」
だけど、それが何なのか分からない・・・


この潜在意識下(脳の無意識レベル)に埋蔵されている
モヤモヤを心理カウンセリングにより「言語化」
脳が理解しやすい形にしていきます。

これを「無意識の意識化」といいます。


もっと分かりやすく言いましょう。

大きな「おせんべい」は一口で食べられません。
しかしパンッと割れば細かな破片になり
食べやすくなるでしょう?

脳内情報もこれと同じ。情報処理しやすくなる。
分かりやすいでしょ


しかし、あまり難しく考えないでください。

当カウンセリングは、
病院のような気難しいカウンセリングではなく
一見、楽しい雑談のようにみえますが
ちゃんと気付かない所で、「無意識の意識化」をかけております。


3、「マインドフルネス心理療法&森田療法」
行動療法にて、心の反応パターンを修正していきます。

(これが一番大事)


ここのページのお話で、こんなお話をしました。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-747.html

私達は見たもの、聞いたもの、香ったもの、味わったもの、
触れたもの、心に浮かんだもの。。

それら情報に対し、様々な想いや感情で
事実を「勝手に捏造」し間違った情報を
「脳の海馬」にインプットしてしまいがち。
(特に心にトラブルを抱える人は)

いつも海馬におかしな仕事をさせていますと
そのうちストレスにより海馬神経が損傷し
うつ病など心の病になっていきます。


また、そんな間違った捏造された情報を
日々インプットしていますと、社会との摩擦が生じやすく、

仕事など社会生活、人間関係が悪くなっていきます。
これも大きなストレスになります。


マインドフルネスで、なるべく正しい情報を
正しくインプットするクセをつけます。

脳の海馬の負担を減らしてあげて
脳の情報処理が楽になるようにしてあげます。

すると脳内のストレス環境が落ち着き
海馬神経が修正、増幅し
「脳がリカバリー」されていきます。



上記1~3で心の病が
脳科学的に心理学的に治っていきます。

この専門的プログラムは
病院で受ける事はできません。

日本の精神系病院で
これが指導できる心理士がいないのが現実です。


第三世代の認知行動療法である
最先端のマインドフルネス認知療法を

心理臨床に、本格的に導入し
通信でも対応できるのは
日本で当カウンセリングルームだけです。

米国式をそのまま行うのではなく
日本人に受け入れやすいように改善してあります。

(・・・と、いいますかマインドフルネスは元々
私達アジアの文化。仏教の心の病を治す技術を、
宗教性の無い科学的な心理療法にアレンジしたものです)

また米国式の悪い点や、仏教学的にみて「マズイ点」も
全て改善してあります。


当カウンセリング・心理療法の詳しい説明

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html



~「付録」~

今回の、うつ病と脳科学シリーズ。

最後に、心の病が治りますと
どんな日常になるか・・
書いておしまいにしますね。


・・それは、
抗うつ薬・化学薬品のみでは
決して、たどり着けない境地です。

ここが「機械」ではなく
「人の脳」の難しいところです。


<次回に続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/01/24 08:07】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントRさんへ
ショウセイ
こんばんは。

はい。欧米風に巻き舌でRさんですね。
了解しました(笑)

> リクエストしていいですか?
> 記憶の書き換え・・・
> について教えて頂きたいのですが・・・
> 山中様は、普通の人にもわかるように易しく解説してくださるので、ほんとうに脳みそにスッとはいるので・・・。


承知しました。
脳にサクッとお話しいたします。
明日お返事しますねi-179


・・・いつも気遣ってくれてありがとね。
Rさんは優しいねi-260


コメントを閉じる▲
前回の続きです。

しばらく続きました、うつ病と脳シリーズ。
最後に、こんなお話で締めくくります。


さて・・

中世の「禅」の絵で「十牛図」というものがあります。
悟りの境地を十枚の絵で表したものです。
↓(詳しくはコチラをどうぞ)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-27.html


しかし、
悟りとか、そんな大そうなものではなく
心の病が回復していきますと
こんな世界が目の前に広がってきます。

*十牛図の9番目
「返本還源(へんぽんかんげん)」
十牛図9

この、いにしえの図には
こんな解説があります。

「水は青く、山は緑、花は紅・・
あるがままの世界を、あるがままに観る」


心の病が治りますと

「あの時、ああすればよかった・・」
「あぁ・・あの花のように
私の心も散っていく・・(と、センチになったり)」
「なんで私の思い通りにならないの!」
「私など生まれてこなけりゃよかった・・」などなど

こういった思考が止んできて、


「ただ水は青く、山は緑、花は紅・・
妄想を離れ、あるがままの現実の世界に
遊ぶことができます」

どんなに辛い人生も、
ひょうひょうと生きていく事が
できるようになってきます。


その状態になりますと
日日是好日
(にちにちこれこうじつ)

毎日が「ただ」毎日である。
その平凡の中にこそ幸せがある。



うつ病・心の病は治ります。

もっと言いますと、人生の中で
一度は、うつ病にならないと
本当の幸せが分からないかもしれませんね。


うつ病は、実際うつ病を克服した
心理士や精神科医じゃないと
深いところまで理解できないと思います。

体験を経ないで、
勉強・学問だけで心理の仕事している人達には
一生分からない境地です。


そういった人達は、
学問・教科書でしか鬱病が分からないので
「寛解」という言葉を使います。

いえいえ。とんでもない。
うつ病は寛解ではなく「克服」です。
治りますし、完治します。

そういった心理カウンセラーや精神科医は、一度うつ病を
経験されると良いかと思います。

患者さんの、本当の気持ちが分かるでしょうに。


うつ病を寛解ではなく「克服」しますと、

世界に対する「とらえ方」が
このように変わっていきます。


~諸行無常~

私達の心は毎日気象のように、
晴れたり、曇ったり、雨が降ったり・・・移り変わります。

それらに「執着」し振り回され、
いちいち一喜一憂するのではなく


移り変わるがままの毎日。
あるがままの毎日をあるがまま。

ただ平安の中。
穏やかに毎日が過ぎていきます。


この安らぎを
今、うつ病の渦中にいる方々に
体験していただきたいものです。



うつ病と脳シリーズ。
長かったですが、読んでくださりありがとうございました。

当サイトは心理学・脳科学・伝統的な仏教学
また当スタッフ織田先生の鍼灸・東洋医学
4つの視点から成り立っております。
(おかしな宗教・怪しい自己啓発団体とは一切関係ありません)


次回から違うテーマに入ります。
今後ともよろしくお願いいたします。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/01/26 05:37】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントRさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

なるほど。
Rの発音が、とってもアメリカンですね。

> 大変興味深いテーマ・・・
> シリーズ完結・・・なんですね(^o^)
> ありがとうございました。
> わかりやすい内容と表現・・・
> いつも勉強させていただいております。

いえいえ。ありがとうございます。
読者の皆様から、熱いリクエストがありましたので、
「うつ病と脳、リターンズ」をやります(たぶん)

それではよろしくお願いしますi-260


コメントを閉じる▲
「大人のお稽古事のコツ」
~マインドフルネス&森田療法編~



うつ病・神経症・パニック障害など
心の病を治すため、
マインドフルネスを訓練していきます。

「マインドフルネス認知療法」は
個人差はありますが、最初の1~2ヶ月、
先生に教えられた通り実施しても

眠くなったり、やり始めるのが億劫になったり・・
(これは、どんなお稽古事でも同じですね・・)


これは潜在意識が「抵抗」しております。

意識、無意識


潜在意識というものは

・新しいパターンに慣れるのが遅い。
・複雑・難しい事が理解できない。
・生活の変化に対応するのに時間がかかる。

こういった
融通の利かない特徴がありますが・・


ひとたび動き始めると

ものすごくパワフル&ダイナミック。
「うつ病的人生を変える力」があります。



潜在意識を動かすには

・毎日同じ指令を与え続ける。
・シンプルな事をやり続ける。
・あまり複雑な思考はしないほうがよい。
思考・感情は止め「淡々と」機械のようにやり続ける。


潜在意識は
方向付けがしっかりしてきて
動き始めると、もう止まらない。
目標達成に向かい、それほど苦労しなくなります。

水車は最初の一回し、二回しは労力が要りますが、
回り始めますと、後は勝手に回り続けます。


潜在意識も同じ。


例えばイチロー選手が
あれだけ鬼のように練習していても
本人は、楽しく当たり前にやっているといいます。

周りから見れば
「なんであれだけ努力が出来るの!?辛くないの!?」と
思うでしょうが、本人はそれほど苦痛じゃない。

「潜在意識の波に乗ってしまっているからです」

*例えば、イチローさんはバッターボックスに立った時、
袖をスッと・・いつものパターンをやるのも
潜在意識に流れを作っております。



潜在意識・・といいますとオカルトっぽく聞こえる方は、
脳で説明ができます。

脳神経細胞「ニューロン」の「シナプス結合」

人の思考・行動パターンは
「ニューロンの繋がり方と言っても過言ではありません」

↓(詳しくはコチラ: 特に鬱病の方はお読みください)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-742.html


毎日毎日、同じパターンを繰り返しますと
「一つのニューロンの繋がりパターン」が出来ます。

さらにそのパターンに、
毎日毎日、電気信号を流しておりますと
そのパターンが「固定」されます。

これが「新しい技能が身に付いた」ということ。


ニューロンのシナプス結合を作っていくには
「まず最初の三ヶ月踏ん張ってください」

特定のニューロンの繋がりパターンが出来ます。


最初の三ヶ月以内は、面倒くさかったり
眠くなったり、やる気が出なかったり・・・

これは、今まで長い間、電気信号を流してきた
古き悪きクセ(慣れたニューロンの繋がりパターン)に
戻ろうとしているからです。


古き悪きクセを止めますと、
古き悪きニューロンのパターンへの
電気信号の「供給」が止まります!

すると、
その悪い癖のニューロン、シナプス結合は
淘汰されていきます。
(グリア細胞が処理します)


最初の三ヶ月を踏ん張って突破しますと
いくぶん続けるのが楽になってきます。

人生の善い水車が回り初めました!


このように
「心理学の潜在意識論」と「脳科学」はイコールです。



もっと別の視点で言いますと

2~3ヶ月目くらいに
こんな体験をするとよいでしょう。


うつ病・神経症が「ものすごく辛い時」、
先生に言われた通り、
念入りに、念入りにマインドフルネスを実施して

サーっと・・うつ病、神経症思考が
青空のように晴れてくるのを
一度でも体験してみてください。


aozora.jpg
その時・・・
「うおっ!下手な抗うつ薬より効くぞ!!」


すると脳内では
報酬・快楽物質「エンドルフィン」「ドーパミン」が流れ出します。

この「たった一度」の成功体験で
脳内にドーパミンを放出しますと

また脳が、それ(ドーパミン)ほしさに
その正しい行動パターンを
「本能的に」繰り返そうとします。

これを脳の強化学習といいます。


そしてまたドーパミンが得られますと
どんどん善きクセがつきます。
止まりません(笑)

毎日マインドフルネスを行うのが
それほど苦にならなくなります。

それどころか、脳のレベルがアップしてくるのが
RPGゲームみたいに楽しくなってきます。


あとは、お好きなように
うつ病・神経症から回復してください。



人は「義務」で何かをやりますと、まず続きません。
イヤになります。

しかし、「欲求」(ドーパミン)で行いますと
物事はよく続きます。

・・・というか楽しい


どうか楽しんで
うつ病・神経症、心の病を克服してください。

(でも最初の1~2ヶ月は踏ん張ってね。
サポートしますから)


今日は
うつ病など心の病を治すための
「マインドフルネス心理療法の訓練」を例に挙げましたが、

歌・体操・音楽など・・・
世のお稽古事は全て同じシステムです。


今日のお話。
「潜在意識論」と「脳のシステム」を覚えておいて
社会人の皆様は、お稽古事に挑んでみてください



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/01/30 11:39】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |

こんにちは!
プラトヤー
さて潜在意識の抵抗でふと思ったんですが、
私は女の子といい感じになると
なぜかポカをやらかすことが多いwwww

一人に慣れてるから、変化がおこることに
抵抗されたのではないか?

筋トレとか勉強みたいなひとりでできるものを
習慣として定着させるのは
得意なんですが、他の分野は苦戦してますww

Re: プラトヤーさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> 私は女の子といい感じになると
> なぜかポカをやらかすことが多いwwww
> 一人に慣れてるから、変化がおこることに
> 抵抗されたのではないか?

なるほど。よい視点ですね。
プラトヤーさんの脳内で、古き慣れた
ニューロン、シナプス結合パターンにどうしても
電気信号が行ってしまうんですね。

> 筋トレとか勉強みたいなひとりでできるものを
> 習慣として定着させるのは
> 得意なんですが、他の分野は苦戦してますww

逆に言いますと、そこがプラトヤーさんの
才能であり、良いところかと思います。

苦手なところはほどほどに、
得意な面をもっともっと伸ばし
ランボーのような最強の孤男になってはいかがでしょうか?

そんなカッコいい孤男はモテますよ!

自分の得意な面を伸ばしていく事が、
その人の生きる使命であり、
結果、社会貢献になるかと思います。


コメントを閉じる▲
以前のシリーズに続き
今日からまた脳のお話をしていきます。

「うつ病と脳リターンズ」


前回は外部情報の
脳へのインプット系のお話でした。
*(特に鬱傾向の方は、独特の情報入力をしてしまう・・
ということでした)

今回は逆に、内から外、
脳から外部へ・・
「アウトプット」のお話をいたします。



さてさて・・

ではまず、
こんなお話からしていきましょうか。


「わたし」は誰が動かしているのでしょうか?


「そりゃ、私に決まってるじゃん!」

・・・という答えが返ってきそうですが、
実は「わたし」の力は、あまりにも弱く
ほとんど無力に近いんですね。



脳のお話からします。

例えば、
ポケーっとしていて、何かを思い出して
動こうと思い、手の指がグッと動く。


これは自分の「意思」で動かしたようにみえますが、

実は「手の指を動かそうと決意する前、
すでに約1秒前、脳が指を動かす命令を出しているんです」

そこに皆さんの「意思」は働いていない。


これはアメリカの神経生理学者、リベットの
有名な実験があります。

被験者の脳を検査機器でモニタリングしています。

被験者がポケーっとしていて
何気に発作的に、手の指をピクッと動かした時の
脳の様子を観察しました。


脳が「あっ、指を動かそう」という「決意の指令」を出して
実際、指定された指がピクッと動くまでに
「0.2秒」かかります。


ここまでは問題ありません。
当たり前の事です。


しかし、
とんでもない事実が判明しました。

「指を動かす決意の指令(電位)の」・・・そのさらに前に
「すでに1秒前に、指を動かすための電位が発生していたのです」
*(準備電位といいます)

意思とは無関係に。

*この実験のように被験者が
考え事をしていなくて「発作的に」動かした時も
通常の時も同様に。


私達が日常生活で、
自分の意思で歩いて、座って、
ジュースを飲んで・・・

と、思っているでしょうが
実はそれらの行動の「1秒前に」
すでに何をやるのか決まっているんです。



「私達に自由意思はないのか??」


まぁまぁ、しばし待たれよ
次回、そこの辺のお話をします。

また、うつ病など
心の病に関係の深いお話です。


<続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/02/02 06:12】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |
前回のお話の
何かをやろうと決意する「1秒前に」すでに
次の行動が決まっている・・・という

脳科学の説に対し、心理学で解説いたします。


さて、前回のお話ですと。。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-756.html

じゃ、私達に自由意思はないのか?
ピノキオのような操り人形なのか?

・・・と思うでしょうが、


私達の「意思」は最後の
「拒否権」を持っていると言われています。

*(この拒否権については、まだ有力仮説の段階です。
そもそも拒否権すらない・・という説もあります)


前回のお話の
何かをやろうと決意する、「意識が働く1秒前に」
すでに脳内では、次の行動の「準備電位」が生じてしまっている。

この「準備電位」が
心理学で言うならば「潜在意識(無意識)の要求」です。

意識、無意識3

そして「意識」はその要求があまりにも
おかしな要求だったら、外の世界に出すのを拒否します。

そうしないと、私達人間は
何をやらかすか分からない。



この意識の検閲が、ぶっ飛んだ状態が
「いわゆる反社会的な行動」なんですね。

また心の病の方の、異常な心理状態、行動なども
このような状態かと思います。


ですが人間の「意識」の力は弱い。
意識、無意識

無意識の力は90%に対し
意識の力は10%しかないと言われています。


一日中、潜在意識の悪い要求の力
(脳で言うならば、悪い思いや行動の準備電位)にさらされますと

意識、無意識2

意識が「拒否権を発動しまくり」
オーバーワークになって疲れ果てます。
この状態が「心の病」かと思います。



じゃあ、どうすればよいのか?


我々の意識は
無意識の大海原に浮かぶ「小舟」のようなもの。

これを意識レベルの力で抵抗しても虚しい。


「心理療法」により
無意識(潜在意識)の「大きな潮の流れ」を変えなければ
根本的には何も変わらないという事です。
心の病もそうです。



潜在意識をお掃除し、潜在意識の流れを変えていかないと
ずっと「汚い準備電位」に翻弄されます。

潜在意識の汚いゴミを、
そのまま表(意識)の世界に出すことは出来ませんよね。


潜在意識をお掃除していきますと
「キレイで優しい、智慧に溢れた準備電位」が生じ続けます。

当然、皆さんの「意識の仕事」は楽チンです。

いちいち潜在意識の物に対し
「拒否権」を発動しなくて済むのですから。。
ストレスフリーになりますね。


すると、うつ病など心の病独特の
「原因不明な精神的な疲れ」が無くなっていき、

生きるのが楽になっていきますよ



当カウンセリング・心理療法の詳しい説明

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/02/04 07:59】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |
「マインドフルネス瞑想・坐禅(または勉強・仕事)が
集中できない時の攻略法」


~脳によい電気信号を流そうぜ!~



たとえば、心理療法(マインドフルネス)で
当カウンセリングのクライエントさんの相談で非常に多いのが

「マインドフルネス瞑想中、眠くて・・
集中できなくてしょうがない・・・」
というもの


*当カウンセリングのクライエントさんでない
一般読者の皆様は、分からないと思いますので、
一般読者の皆様は「勉強や仕事」に置き換えてとらえてください。



さぁ、今日も心の病の回復のため
マインドフルネスしよう!

・・と意気込んで、サッと坐りますが
今日は、どうしても眠い!集中できない!という時、

まず、その困難な状態を乗り越える脳を作るために、
エイッと「力技」で乗り越えるよう努力してください。


・・・それでも、なんともならない時。
こんなやり方をします。

一旦エスケープ。
坐を解き、その場を離れ
一旦、家事や掃除、何か用事を行ってみてください。

そして、少し時間が経ったら
もう一度、坐を組み坐ります。


・・・それでもまた眠い。集中できない!という時は
また一旦エスケープ。。
先ほどのように、雑事をして、少し時間が経ったら
瞑想を実施します。


これを何回か繰り返していますと、
何回か目に「ヒット」します。


それを逃さないでください。
そのまま、深い仏式瞑想に入ります。


これは脳の中で何が起こっているかといいますと・・
*以前、このお話の中で

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-742.html

「人の思考パターンは脳神経細胞(ニューロン)の繋がり方。
電気信号である」

というお話をしました。


先ほどのお話でいいますと、
瞑想のフォームを作って、
やろう!と試みるのですが
電気信号が微妙すぎて、集中できない。

まず、一回、微弱でもよいので
瞑想の脳内パターン(電気信号パターン)を流す。


そして時間を置いて、
また瞑想のフォームを作り、ニューロンの電気信号を流す。

すると、先ほど微弱でも電気信号が流れたので
流れやすくなっています。


それを何度か繰り返し「閾値(いきち)」に達しますと
「バリバリ集中モード」にスッと入れます。

*(ただし「やろう!」という意志が必要)


分かりやすく例えますと
自然の地形でも一度、たくさんの水が流れ「水路」ができますと、

次に洪水などが起きた時、
また前回の水路に水が流れようとしますね。

脳神経もこれと同じです。


*ただし、この方法は「何ともならない時の最終兵器」です。
しょっちゅう使わないでください。
基本は心理的に困難でも、エイッと乗り越える脳を作りましょう。
エイッ!ビリビリ!っと電気を流しましょう
そちらの方が、ストレス耐性の強い脳が出来上がります。



今日のお話は
心理学では「水路づけ」といいます。

今回のお話のように
別にマインドフルネス瞑想だけでなく
「勉強や仕事」も同じです。


何ともならない時、応用してみてください



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2013/03/09 06:32】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |
↓前回ドーパミンのお話が出ましたので・・
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-780.html

補足を書いておきます。


ドーパミン・・
(脳内ホルモンの一種)

これは、
恋して、ときめいた時。
くじなどで大金が当たった時。
物事がうまくいき成功しラッキーな時。
ほめられた時など。。

脳内で報酬回路が働き、
脳内麻薬やドーパミンが分泌されます。
本能的にとても気持ちがいい。

いわば「やみつき」になります。


前回のお話では、
これがギャンブルなど、不健全なものに向いてしまった時、
この脳内システムが「人格や生活の破壊」に向かいます。

しかし、このカラクリは絶対悪い事ではなく
逆手にとって「良い方向」に利用しちゃいましょう。


前回のお話の各種「依存症」や
うつ病、神経症など心の病の対処に
マインドフルネス心理療法を使います。

そして慣れてきて、
不健全な依存対象に対する「想念」
また、うつ・神経症的「ネガティブ思考」が出てきた時に、

心理療法の技術で「上手にクリア」できた時!
このすがすがしさ!


「おお!素晴らしい!グッジョブ!」


はい。これもドーパミンや
脳内麻薬エンドルフィンがドクドク流れ出します。
とてつもなく快感。

1、不健全な思考・想念

2、心理療法でクリア成功!
(さらにとどめを刺しますと)


3、ほめられる

*ほめてくれる人がいなければ
私がほめます。ほめ倒します・・
(ご希望の方のみ)・・(笑)


一度でもこの「良いサイクル」を体験しますと、
脳は快楽脳内ホルモンほしさに
またこの良いサイクルを体験したくなります。

これを「脳の強化学習」と呼びます。

うつ・神経症気質(メランコリー親和型&執着気質)の方は、
基本「執着心」が強いので
この良いサイクルにもハマります。


「脳の強化学習」

このコツを掴めば、
仕事・生活の様々なシーンで使える事に気づきます。

様々な事で、どんどん成功体験が脳に焼き付き、
「無敵」のような状態になります。



心理療法でメキメキ自信がついてきましたら・・
はい。もう大丈夫。
後は勝手に依存症、心の病など克服していってください。

カウンセラー山中の仕事は、ここに導く水先案内人。
私の仕事はここまで。

もうコチラの「心の病の世界」に
戻ってこないようにね。

今までの人生、苦しんだ分、
いっぱい幸せになってください。


・・・でも、
よくなって健全な日常に戻ったら
いつか遊びに来てくださいね。

ラーメンやスイーツでも食べにいきましょう。

そして、苦しかった
かつての心の病を笑い飛ばしましょう。


クライエントさんの
よくなった姿をみるのが、
私のひそかな楽しみです



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/03/26 07:50】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


質問
とことこ
うつ病 と 強迫性障害 に 対する マインドフルネス の 内容は 異なりますか ??

Re: Yさんへ
ショウセイ
こんにちは。

> 苦悩からの脱却なんて結局はマイナス発信だとネガティヴに考えていましたが、僕も少しそんな境涯を味わいたくなりました、ありがとうございます。


「苦」に対する関わり方・とらえ方を変えていくマインドフルネスをしていきますと、
『苦は苦のまま、苦ではなくなる』状態に入ります。

これは頭の理屈では理解できません。
身体で体得するものです。


> (副作用のないGABAの多量摂取、


何でもモノは加減かと思います。

GABAのような神経の抑制系を「過剰に」摂取しますと、
抑うつ気味になったり、血圧が下がり
だるくなったりするかもしれません。

摂取量は守った方がよいかと思います。
もちろん適量ですと、イライラなどの
神経過敏が緩やかになると言われていますが、

サプリなどを摂取するときも、他の薬との飲み合わせ具合がありますので、
「必ず」病院に報告し医師の指示を仰いでくださいね。


> 本当にありがとうございます。

いえいえ。こちらこそありがとうございます。


Re: とことこさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> うつ病 と 強迫性障害 に 対する マインドフルネス の 内容は 異なりますか ??

基本プログラムは同じですが、
うつ病、強迫性障害。それぞれ「特有の症状」に合わせた、
日常での小さなテクニックが違います。

コメントを閉じる▲
「うつ病と脳」(序)

注意: 今日からのお話は、抗うつ薬を
”何年も”飲んでいる人」向けのお話です。
(うつ病発症したての数ヵ月(急性期~回復期)は、
薬を飲み安静にしていてください)

----------------------------------------

『うつ病は脳の病気だから、どうしようもない。
思考停止して医師の言いなりになって、一生薬を飲み続ける・・・』


という奴隷のような思想から、
一分でも早く目を覚ましましょう。


この某業界が作ったネガティブなスローガンは、
「ある大人の事情」が絡んでいるものなのですから。

「賢い患者になりましょう」

そして、あなたの国(自分の心)の主権を回復しましょう。

(私も昔、患者時代、約5年・・何の疑いもなく
ずるずると言われるがまま、様々な精神薬を飲み続け、
結果よくなりませんでした・・・反省。。
心理療法に切り替えて助かりました)


さて、今日からお話していく事は
あくまで一つの「心理学・脳科学的説」ですので、
参考までにしていただけますと幸いかと思います。

そして、どの説が「自分に合っているか」
どの説が「本当に自分の人生のためになるか」を検証し、
選択していただけるとよいかと思います。



病院がよく言う説(シナプス間の神経伝達物質うんぬん・・)は、
あくまで一つの仮説であって、
世界には、もっと様々な説があります。

別に抗うつ薬が好きそうな説ばかり、
グーッとフォーカスして、「あぁダメだ・・」と絶望しなくてもよいです。


「うつ病=脳の病気」

これは間違いではありませんが、
ここで思考停止するのではなく、

ここの部分を深く掘り下げていきましょう。
ちゃんと「策」はありますので。


おそらくこのサイトを読まれているほとんどの方が、

抗うつ薬を数年飲んで「よくならない」という
「科学的結果」が出た人たちかと思います。


ここで一つの仮説が崩れた訳です。

「数年薬を飲んで、よくならない」という
科学的結果が出たのですから、


もうこの(抗うつ薬の)仮説は一旦置いておき、
(もちろん抗うつ薬を服用しながらでも結構ですので)
他の説も検証していきましょう。

これが正しい「科学的態度」ですね。


様々な「多角的視点」を持つことが大切です。

賢い患者になりましょう。


そして、
「自分の身を守るのは、最終的には自分自身です」

*(次回から病院では教わらない、大切なお話をしていきます)


<続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/04/30 05:16】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |
<前回の続き>


今日のお話は大切です。

若干難しいかもしれませんが
若い子達も分かるように
分かりやすく崩した表現で書きますので
お付き合いくださいませ。

*こういったお話は、一部の研究者だけのものではなく、
一般の人達(特に心の病の方)に分からなければ
役に立たないし意味が無いですからね。


さて、私達の「脳」
最も発達したのは「前頭葉(前頭前野)」です。

ここの部分は私達が
「理性ある人間」たらしめる部分です。


たとえば、脳の古い部分(原始脳)が、
「ちくしょう!ぶっ壊してやる!!」
「奪ってやる!」「死んでやる!」
「もう人生何もかもイヤだ」「イライラする」・・・など。

暴走モードに入りそうな時、
前頭前野が信号を出し、これら脳の古い部分が出す破壊信号に
「まぁまぁ。治まりなさい」と命令を出します。

脳の我らが超カッコイイリーダー前頭前野。
司令塔ですね。


うつ病・神経症の方は
心の病的「認知の歪み」「モノのとらえ方」
また「心の病、独特の思考パターン」などで、
すぐに過剰にストレスを感じてしまいます。

すると、
脳幹からノルアドレナリンなどストレス物質が
高濃度で出されます。

また、
視床下部→脳下垂体が信号を出し、

副腎皮質から
コルチゾール(ストレスホルモン)を分泌します。


高濃度の神経伝達物質(ノルアドレナリンなど)やコルチゾールが
前頭前野に行き渡りますと、

司令塔である前頭前野の機能が悪くなり、
やがて機能は停止します。


さぁ。大変だ。

監督の監視が無くなった、原始脳は
好き放題、暴れ出します。
まるで北斗の拳の悪党のように。


また監督の的確な指示を失った原始脳、
特に扁桃体大脳基底核
ヤツらはリーダーとしてふさわしくない。

ヤツらは頭の中にたくさんあるコルチゾールなど
ストレスホルモンに対応すべく

恐怖など「過去のネガティブな記憶」(前例)を引っ張り出し
これ見よがしに恐怖と不安を煽ります。

(一応、臨戦態勢を整えようとしているんですね)

そして各脳の器官に「おかしな」命令を出します。


それは
「体よ震えろ!」「もっと怒って対象を破壊せよ」
「自分も破壊せよ」「パニックを起こさせ身体を停止させよう」
その他「身体がだるくなる、億劫になる・・」などなど、
ろくな指示を出しません。最低だ。

やはりリーダー(前頭前野)が必要なんです!
復活せよ!我らがリーダー!


しかし、リーダーはコルチゾールなどの攻撃により
腰抜けにされている。

もちろんストレスホルモンが無くなっていけば、
前頭前野は復活し、理性ある思考・行動を取り戻します。

ですが、上記のお話のようなパターンを
何度も何度も「慢性的に」繰り返していますと、
やがて、前頭前野の復活速度が低下していきます。


その復活速度の低下が、
あるレッドゾーン(個人差あり)を超えますと、
いわゆる「心の病」になります。


ちなみに、前頭前野が機能を復活させるスピードが、
その人の「ストレスから立ち直る速さ」(ストレス耐性)
・・と言っても過言ではありませんね。



さて・・・次回
「じゃあ、どうすればいいの?」」的、大切なお話に入ります。


<続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/05/02 07:43】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |
前回のお話をトータル的に俯瞰(ふかん)してみますと、
↓(こちらのお話からご覧ください)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-802.html


うつ病・神経症・・・

1、本当の悪玉は何でしょうか?

2、そう。ストレスホルモンです。
(それが慢性的になり「慢性的ストレス脳」になり→「やがて脳の病気=うつ病」)

3、では、なぜストレスホルモンを過剰に分泌してしまうのか?

4、それは、何でもかんでも過剰にストレス反応してしまう
うつ・神経症的「思考パターン・モノのとらえ方・認知の歪み」です。


答えが出ましたね。
「4」を「心理(精神)療法」で修正していかないと、

いくら抗うつ薬を飲んでも、それは薬の物理的な力で
人工的に一時的に脳をハイテンションにしているだけ。その場しのぎ。

そういった「薬物療法のみ」の対処法で、たとえよくなったとしても
人生の中で何度でも再発する可能性が高い。何度でも。


*ちなみに一度再発しますと、次の再々発率は
グッと上がるといわれております。


ここで
ひとつ、たとえ話をいたします。

----------------------------------

バケツに水を入れていて、
裏に穴が開いていたらいかがでしょうか?

水を入れても入れても裏から垂れ流します。
いつまで経っても水は溜まらない。
また溜まったとしても、すぐに水は無くなっていく。

----------------------------------


この「たとえ」は
病院で何年・何十年・・向精神薬漬けになっている、
かわいそうな患者さん達ですね。

根本のところを押さえないと、何も変わらない。

それはまず
「バケツの裏の穴(モノのとらえ方・認知の歪み)を修理」しつつ、

水(抗うつ薬)を満たしてください。

*つまり薬物療法と心理療法「同時進行」が大切ということ。


その手順を踏まないと、いつまで経っても治りませんね。
また多くの病院は、なぜこういった事を指導しないのでしょうか?

*精神系の病院は、手術など処置が無い・・
すると効率のよい最大の収入源は何でしょうか?
それは抗うつ薬などの薬をいつまでも・・・・
(誤解の無いように。中にはよい病院もあります。
あくまで一部そういった病院があるかも・・ということです)


もちろん病院も営利団体です。
従業員を食べさせなくてはならない。
それは資本主義の基本システム。しょうがない。大人の事情です。

しかし「元うつ病患者代表」として言いますと、

「大人の事情は分かります。それも大切です。
ですが、患者さんの身も少しは考えましょうよ」


さて、病院の事はさておき、

今回のお話では、
原始脳(大脳旧皮質・古皮質)のことを悪く書きすぎましたので、
少しフォローを書いておきます。

ボーナストラックです。


・・ではなぜ、脳の古い皮質は、
こんな意味不明の横着(各種、心の病の症状)をするのでしょうか?



<続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/05/04 06:36】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |