マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
今日はヤング向けのお話をします。
(ヤング向けに、少々砕いた表現がありますが了承ください)


さて先日、クライエントさんから
こんな内容のメール(レポート)をいただきました。
(本人承諾の上紹介します)

いただいたメールレポートを
要約して解説していきます。


-------------------------------------

その青年は先日、
社会人向けの某カルチャー講座を
受けに行ったそうです。

講義はとても重要な内容なのですが、

その講師の方のお話が
「校長先生のお話」のようにビミョーで
数分でラリホーがかかり、

他の受講生は、こっくりこっくり・・と
次々夢の世界に入っていきました。


しかし、このクライエントさんは
マインドフルネス(仏教瞑想)で身につけた技術を使い

(校長先生系)講師の声、
そしてそれを受ける自分の耳、

また自分の意識状態に
仏式瞑想のお稽古でお勉強した「特殊技術」を使い

背筋をスッと正し、
意識の向け方の訓練、またその向けた先への
「関わり方の訓練」
をしました。


約二時間のラリホー講義が終わり、
他の受講生は、ほぼ全滅。心地よい夢の世界へ・・

当クライエントさんは、最後まで背筋をスッと正し、
講義の内容が、よく頭にインストールされたそうです。

-------------------------------------


はい。素晴らしい応用ですね。

さすが私の自慢の生徒です。
大変お上手にラリホーを封じましたね(合掌)


このマインドフルネス(仏教瞑想)の心理学的技術
ラリホーに対するマホトーンのようになります。
(このネタ分からない方はご了承くださいませ。ドラクエです)

うつ病に対するマホトーンにもなります。
もう、うつ病の力は封じられている。

ちなみに私の授業は、ソフトなベギラマです。
眠る人はまずいない。重要な内容(ポイント)が頭にドカン☆と入ります。


*今日は若者向けのお話ですのですみません。
各年代、個性、趣向に合わせ、方便を使った講話を、
仏教学では対機説法といいます。
ヤングにはヤングの仏道。中高年には中高年の仏道があります。
当講義には全国から老若男女、様々な方がいらっしゃいます。


さて、このように
マインドフルネス仏式瞑想の心理学的技術は

別に心の病を修復するだけでなく、
社会人(一般健常者)の自己啓発としても最適です。


学生諸君は、(ラリホー系)学校の先生の講義を
最後まで眠ることなく受ける事ができ、

しかも背筋がスッと伸びて優等生にみえます。
先生にほめられるかと思います。

姿勢がスッと正しいと
女の子も凛としてみえて、素敵なレディーになります。
お行儀がよくなります。


禅やマインドフルネスは姿勢も正しくなっていきます。

なぜ姿勢が正しくなるかは、
「常に自分をセルフモニタリングしているからです」

自分の頭の中の思考も、姿勢(身体の状態)も、
スッと一歩下がった視点から、客観的に観察しています。

☆これを仏教学では「sati」(サティ:パーリ語)、
現代心理学では「メタ認知」と言います。


ゆえに思考(妄想)が暴走することもなくなっていき、
「うつ病的ネガティブぐるぐる思考」も静まり、
心や体が軽くなっていきます。
*仏教学では「軽安覚支」といいます。

うつ病独特の病的なだるさも
軽減されてまいります。


人生の精神的手かせ足かせが外れ、
生きるのが楽になっていきます。


昨今はヤング層の自殺が
増えてきていると言われております。

*(冒頭のお話の青年も、
カウンセリングを受け始めた当初、ひどいうつ病でした)


「私なんか生まれてこなけりゃよかった・・」と
自殺を考える前に、

一度、仏式瞑想


大丈夫だから
「一坐りしてごらんなさい」

辛い時は「まず一坐り」


辛い時って、
人に相談したり向精神薬を飲んだりしますと
とてもサポートになります。

しかし、それらは
その時は少し楽になるかもしれませんが、
人生の根本解決にはならない。

他人は親切な人もいますが、
根本解決にはならない。

ましてや
詐欺師やインチキ教祖は論外ですね。


他に拠らず(依存することなく)、
「自分を真に救済するのは自分です」
(自灯明 法灯明:仏典より)

それが禅の思想です。

また単なる机上の空論ではなく、そのための
「具体的方法論」がマインドフルネスです。
(病院の薬物療法と併用してみてください)


マインドフルネスというものは
従来型のよくある
「症状のみに」焦点を当てた心理療法と違い、

その人の「症状はもちろん」「人生」まで
総合的にケアする心理療法です。

マインドフルネスは、
うつ病再発しにくくなるというのは
こういった理由からです。


心理学、心理臨床の世界では
「第三世代の新しいタイプの認知行動療法」
と定義されております。

*従来型の認知行動療法(CBT)とは違います。


本屋によく置いてありそうな
コテコテの西洋式自己啓発法ではなく、

私達東洋の
伝統的な自己啓発法でもあります。




FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2014/04/09 14:12】 | 「実際の克服事例」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック