マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
私達の脳の神経細胞
(ニューロン)は

学習をしますと、
ニューロン同士が手を取り合って、
繋がっていきます。

それが「その人独特の
思考・行動パターン」
になっていきます。


ニューロンが
ドッキング(シナプス結合)し、

その連結パターンに

インパルスや
(脳内に発生している微弱な電気信号)

神経伝達物質を、

しつこく何度も
流し続けますと、

その連結が
「強固」になっていきます。


例えば、
辛いことからすぐ逃げる
逃避・回避グセ、
(新型・現代型うつ病に多い)

うつ・神経症的思考パターンなど
悪いパターンを

繰り返せば繰り返すほど、
悪い連結が作られ、

さらにその連結が強化され、
悪い癖が
直らなくなっていきます。


これが俗に言う
「悪いクセ」がついてしまった・・
という事です。


*もちろん心理療法により、
修復は可能ですが、
連結が強ければ強いほど、

困難なトレーニングが
長期間必要になってしまいます。


ゆえに、なるべく
悪い思考・行動パターンの

「ニューロンの連結が
まだ弱いうちに」

心理療法をスタートすると
よいと思います。


物事から、何でもかんでも

「回避(逃避)するクセ」の
ある方は、


何かあると「回避・逃避!」という

脳内のニューロンの
シナプス連結が

強固になっているかと思います。


何の策も打たず、

これを繰り返し、
電気信号を流し続けますと、

この連結がさらに
ガッチリ繋がっていき

自動プログラム的に
「回避・逃避」(悪いクセ)が
起動するようになっていき、

解除されにくく
なっていきます。



さらに、さらに
この連結が強化されますと、

本格的な
「回避性人格障害」という

病的なレベルに
なってしまいます。


ひどい人は
会社にも行けなくなり、

社会からも逃避してしまうように
なってしまいます。

そうなる前に
「策」を打ちましょう。



これら悪い心理グセを
無意識的に、

続ければ続けるほど
回復が困難になってしまいます。


この連結パターンを
変えていくため、

新しい思考・行動パターンの
ニューロン連結パターンを
作っていきます。


心理療法の
プログラムを淡々と・・

しつこく行っていきます。


具体的トレーニング
していかないと、

どんどん悪い
ニューロン連結が強化され

どんどん悪いクセが
強化されていきます。

人生取り返しのつかない事に
なってしまいます。



悪い例ばかり
焦点を当てましたが、

善い例もこれに同じ。


よいスキル・考え方・
行動パターンの

ニューロンの
シナプス連結パターンを

当プログラムの心理療法
(心理トレーニング)で作っていき、


そこに繰り返し
繰り返し、

しつこく
しつこく・・

インパルス&神経伝達物質を
流していきますと、

よいスキルが強化されます。


心理療法というものは
少し努力が必要ですが、

心のトラブルを抱えがちの方は

「人生のどこかで」
これをやらないと

一生不必要な
精神的ストレスを背負って
しまう可能性が
あるかと思います。


============
「人生のどこかで」
流れを変える事です。

それが「今」
ではないでしょうか?
============


今日のお話は

脳科学の「ヘブ則」
(ヘッブの法則)という理論を
基にして

脳神経細胞の視点からみた
心の病について

一般読者向けに
極力分かりやすく、
砕いてお話いたしました。


心の病だけではなく

お子さんの学習、
大人のお稽古事、
仕事のスキルアップなどに

この理論の考え方が
役に立つのでは
ないかと思います。


--------------------------------------

日常生活で
自分の脳の悪いクセが
出てしまいそうになりましたら、

「エイッと」行動を変える
クセをつけます。

これをコツコツ
続けていきますと、

ゆっくりですが、

あなたの脳
(ニューロンの連結)に
大いなる変化が起きます。

*ただし心の病的な方は、
心理学的な
専門トレーニングが必要。

--------------------------------------


根の深いうつ病・
神経症の方は

根本の
「心理パターン・行動パターン」を
修正していかないと

薬で症状を一時的に抑え込む
という方法論では、

まるで
「モグラたたきゲーム」のように

人生で何度も心理症状が
顔を出してしまうかと思います。



確かに長年やってきた

うつ・神経症的な
シナプス結合パターンを
修正していくのは

相当な努力が必要ですが、


「一歩前に進まないと」
「まず始めないと」


何も変わりません。
一生そのままです。


そこでうずくまっていても

人生は誰も助けてくれません。

自分の人生です。

自分で自分を
救済していきます。




最後に、

上記理論のように「心理療法」は、

「薬物療法とは違った角度」から
入っていきます。


しかも一度身につけますと

一生使える
「精神的スキル」になります。



それは心の病だけではなく

仕事、趣味、自己啓発、
人生諸事・・・

何にでも応用が利きます。


ここが薬物療法とは違う
心理療法、最大のメリットです。





【2014/04/02 03:08】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック