マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
うつ病に対する柔道戦法
~柔よく剛を制す~

いっそ、うつ的な気質を活かす
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



日本古武道の
柔道(柔術)や合気道などは、

相手の剛拳に対し、
剛で抗わず

その力を「利用して」
敵を制すものが
多いかと思います。



さて、今回の
うつに対する柔道戦法。


うつ病独特の
身体のだるさに対し、

剛で抗うことなく、
いっそ「敵(うつ)の力を利用し」
攻めに転じます。


だるさに対し、

薬を飲んで強引に
封じ込めようとしても

実際のところ、
無くならない事が
多いかと思います。


ならば、いっそ、
だるさを利用し

瞑想のお稽古を
してしまいます。

マインドフルネス瞑想を
していきます。



マインドフルネス仏式瞑想や
禅は、一定の場所に留まり、

ずっと坐ります。


普通の人ですと、
ずっと坐ることは出来ません。

すぐ動いたり、退屈になって
遊びに出かけたり・・・

本当に健常者は
落ち着きが無い。


しかし、
うつ的な人にとって

動かない・
その場に居続ける事は
非常に得意で、

「じっとしている事は、
なによりのご馳走」


*派手に落ち着きなく
遊びまわったりする健常者の価値観を
マネする必要はない。

あなたはあなたの
個性(うつ気質)を活かすこと。



そんな、うつ的な方が、
仏式瞑想を始めると

「林のように静かに。
動かざること山の如し」


仏像のように、
静かに・・・

本当に動かない。
非常に瞑想上手。


うつの方は、
そもそも動かない事に対し
才能・素質があります。

(と、いいますか、
あまり動きたくない)



当カウンセリング・
コーチングには、

健常者の方が、興味本位で
今、流行りの
マインドフルネス仏式瞑想を学びたい

・・という方も
たまにみえるのですが、
健常者は続かない方が多い。

じっと坐る事が出来ず、
ほとんどが三日坊主。



しかし、
うつ気質の方は

水を得た魚のように
才能を発揮する。


しっかり坐り続け、
メキメキ上達する。

瞑想が非常にお上手。


いつか、うつ病により
お悟りを開かれる

うつ病禅師が
生まれるかと思います(合掌)



=====================
ポイントは、

・健常者のように「動けない」と
認知すると(とらえると)
たちまち人生がイヤになります。

・しかし「動かない」と認知すると
楽になり、才能を発揮する。


*このケース
動「け」ないと、動「か」ないの違い
分かりますでしょうか?
=====================



だるさを利用し、
その場に坐り続け、

正しく
マインドフルネス仏式瞑想をしますと


メキメキうつ病が
回復してくるどころか、

人生で本当に大切なものが
見つかります。

(健常者のように、
遊び回っているだけでは見つからない)


そういった深い哲学を持っている、
うつ気質の人達は
接していて本当に深いですね。

社会で職場で地域で、

よいイノベーションを起こす人は
うつ気質の人達です。



また、鬱がひどく億劫で
どうしても動きたくない日は

布団の中で寝たまま
マインドフルネス仏式瞑想をします。

これも寝続ける事が
それほど苦じゃないうつ気質の方は
簡単でしょう?


しかし、
寝ていることが辛い健常者は

イヤになり布団から飛び出し、
遊びに行ってしまいます。


布団の中で学ぶことも多いのに。
もったいない・・・

布団の中で哲学する時間も大事。
人生のお勉強の時間です。

布団は最高の学び舎。布団大学。


私もうつ病患者時代、
布団で学ぶことが
非常に多かったです。

布団での
うつ病闘病生活に感謝。




このように、
うつ病だけじゃなく

他の疾患も
「自分の疾患の特徴を、
排除するばかりではなく」

上手に「利用する」と、


最強の生きる技に
なることもありますので

工夫してみる事を
おすすめいたします。



例:
神経症の神経質さを、工夫次第で
「業務スキル」として活かす事もできます。

神経症気質の方は、
何かと細かいのですが、

瞑想の技術を使い、
上手に活かしますと、

人が気付けないところに気付く能力が
天才的です。

また仕事の
きめ細やかさが素晴らしい。
この繊細さが大切。

これは業務に使えます。
この能力は健常者には負けません。



今回のように敵(病気)の力を
いっそ利用し、

攻めに転ずる兵法、
柔道戦法でした。




*ただし、マインドフルネス仏式瞑想は
専門家によるマンツーマンの指導で、
「正しい作法」を身につけます。

潜在意識を扱いますので
独学は危険です。







【2014/03/18 10:14】 | うつ病 「療養中の心得」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック