マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「パニック障害とマインドフルネス」


当心理相談所の、
マインドフルネスと森田療法で、

パニック障害を克服した実際の事例を
お話しいたします。

本人承諾の上、紹介します。

*本人さんより。
パニック障害に苦しんでいる人達に、
マインドフルネスを知ってもらいたいとの事。


この方は
パニック障害に苦しんでいた、20代の女性ですが、
どこの病院に行っても、何年も抗不安薬などを出され

病院カウンセラーによる傾聴カウンセリングで、
具体策が示されず・・何の解決にもならない。。


そんな、どうしたらいいか分からない
苦しみの日々の中、
ネットで当心理相談所(マインドフルネス・森田療法)を知り
たどり着いたそうです。


主に電車など、
「閉鎖された狭い空間」に入ると
過呼吸・動悸などパニック症状を起こすとの事。

またそれに伴い
軽いうつも併発しているようです。


大体の今までのいきさつをヒアリングし、
心理カウンセリング・心理療法に入りました。

*実際パニックと鬱は親和性が高く、
併発しやすいと言われております。
「パニック性不安うつ病」などと言います。


----------------------------------------------

当心理相談所は、
通常の”いわゆる”カウンセリングと違い、
*(通常のやり方で治らないから、
当心理相談所にいらっしゃるケースが多い)

1、心理カウンセリング(傾聴はほどほどに・・)
2、心理学習(ティーチング)
3、(心理療法を使った)コーチング・心理技術のお稽古

この三段構えで入っていきます。


心の病というものは、基本的に、
傾聴カウンセリング一本で良くなるほど
甘っちょろいものではありません。

(実際の患者さん達は、この事実を
よくご存知なのではないでしょうか。
私自身も「元ベテラン患者」として、この事実をよく知っています)


これくらいのサポート体制で挑まないと
よくならないかと思います。
(心の病を経験したことのないカウンセラーの方々は、
「患者目線と患者独特のニーズ」がよく分からないかと思います)

----------------------------------------------


さて、話を戻します。

その方は非常にまじめで、熱心に
マインドフルネスに取り組まれました。

数ヵ月し、メキメキ上達していき、
なかなかよいレポートが来るようになりましたので

徐々に(無理のないように)苦手な空間に入ってみるよう、
心理学的「策」を授けました。


電車の中では、ある道具を使った
マインドフルネスを実施していただきました。

予期不安が「あるがまま」
電車の座席に座ると
またいつものドキドキ(過呼吸の前兆)がやってくる。


「あ・また来た!」と思った時、
すかさず道具(ペットボトルのお茶)を出し、
簡単なマインドフルネス仏式瞑想を実施。

その感覚を丁寧に丁寧に観察していましたら

「目的の駅についていました!」

「過呼吸が起こらなかった!」

「ちゃんと電車に乗れた!!」



この一回の成功体験が
「大いなる自信」になりますよ。

森田療法では「恐怖突入」といいます。

*認知行動療法では
「暴露療法(エクスポージャー)」といいます。


ただし、マインドフルネスでは
丸腰で恐怖突入・・という危険な事はしません。

なぜなら本当に失敗する可能性が高く、
余計自信がなくなるからです。


ゆえにマインドフルネスのテクニックを
しっかり修練して「一定レベルになってから」

恐怖突入(エクスポージャー)します。

「何かあったら私にはこれがある!」という
心理学的、武器をもって突入します。

この安心感が、恐怖空間を
打ち破り克服に導きます。


一回成功すると、脳の反応パターンが
大幅に書き換えられます。

コツが掴めたと思いますので
あとは簡単でしょうに。


その女性、あれからどんどん自信をつけて
その後パニックの「パ」の字もないそうです(笑)

もちろん日常でも過呼吸が無くなったそうです。
成功体験が焼き付いたので、予期不安も消滅したそうです。


別に心の病だけじゃなく
「私にはこれ(最終兵器:マインドフルネス)がある!」
というものがあると、人生全てにおいて大丈夫。

全てにおいて、ほどよい自信が出てきたそうです。
(副次的に出ていた、うつ状態も解消してきたそうです)


それでよし。
万事それでよし(合掌)



2600年前、天才心理学者である
お釈迦様が考案された心理学的方法論
(原始仏教や禅は宗教ではありません。哲学・心理学の一体系です)

悠久なる時を越え
21世紀、現代の私達を救っているのですから
すごいですよね。

*(また現代脳科学が、お釈迦様の心理学理論に
エビデンス:科学的根拠を裏付けしております)


ただ、どんな最強の方法論でも、
本人さんが「本気で良くなりたい!」と

心から思わないと、
お釈迦様の方法論も効果は無いかと思います。


身体の病と違って、心の病は目に見えないもの。
正直言って、身体の病より治すのが大変です。

心理学的理論に従って、
日々努力しないと治らない。


でも、薬(向精神薬)を何十年も
惰性で、ズルズル飲み続けるのと違い、

「(セオリー通り)やったらやった分だけ
確実に前進していますから安心してください」

ここで得たものは、一生の財産になります。



今後の人生で、どんな苦難が来ても
ひょうひょうと生きていける。

これが本当の
(お金では買えない)財産なのではないでしょうか?




「当カウンセリング・心理療法のホームページ」
お問い合わせ・お申込みもコチラからどうぞ。

http://www.mindfulness758.com/


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2014/03/10 15:55】 | 「実際の克服事例」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック