マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「心の病を治すということ」


長年刻み込んできた
心と脳のパターンを治していくのは
ハッキリ言って大変な作業です。

私は巷でよくある
「うつが〇日でよくなるDVD」や
「このセミナーに出たら、たちまち鬱が治る」

のようなウソは
私は口が裂けても言いません。


リアルなうつ病克服経験者として、

この苦しさと大変さを、本当に知っている人は
そういった「低俗なウソ」は言えないはずです。


心の病を治すという事は、
本当に大変な作業。

中・長期的な
心理学的理論に適ったトレーニングが必要です。


でもね。
「何もやらなければ何も変わらない」

そこに留まって、気休めの向精神薬を飲み続け
自分の人生や世の中を呪っても
何も変わりません。

大変なりに、少しずつでも前に進まないと
何も変わりません。

ちゃんとセオリー通り行っていけば、
着々と前進していきます。



「心の病を治すという事」


こんなたとえをしましょう。

泳げないカナヅチの人がいたとしましょう。
その人が図書館で「よく分かる水泳入門」を熟読し

・・・はたして泳げるようになるでしょうか?


答えはノーですね。

泳げるようになるには、頭の理屈ではなく
実際、コーチと一緒にプールに入って、
身体で泳ぐ訓練をしないと泳げません。

まずはビート盤にバタ足から。

そうやって徐々に
高度な泳法が身に付きます。


心の病を治す心理技術。
心理療法もこれに似ています。

例えば「よくわかるマインドフルネス入門」を熟読し
自分の深い心の問題に対処できるでしょうか?


答えはノーですね。

まず専門家・心理士についてもらい
マインドフルネスの「ビート盤をもってバタ足」から始める事です。

心理士と一緒にプール(心の奥底)に入り、
「理屈ではなく」身体で修得していくものです。

そして徐々に高度な、
心の対処法
が身についてきます。


ドクターショッピングや
カウンセラーショッピングをして
理屈だけの頭でっかちになっている人、

物事が続かない弱さを何かのせいにして、
ずっと自分の本当の心から
目を背け逃げている人も

腰を据え、ちゃんとやらなければ
人生何も変わりません。

自己啓発セミナー遍歴も、
もうここで終着駅にします。



そして、克服した時、気付きます。

この病気が自分の人生にとって
何が言いたかったのか・・・と。

うつ病はとても大切な人生のメッセージ。


うつ病という人生の学問は
どこの学校でも学べない事が学べます。

とても貴重な事が学べます。

うつ病は人生の回り道ではなく、
「人生の王道」です。

うつ病になった事、悔やまないでください。
胸を張って、うつ病克服への課題を
こなしていってください。


また、ここで学んだ
うつ病を治していく心理技術は、
別に心の病だけでなく、

今後の人生、どんな苦難が来ても
絶望することなく、スイスイ泳いでいける技

「生きていく技」でもあります。

一生モノの大切な技術です。
普通の人より心(脳)が強くなる。


うつ病療養中は、それを修得する
人生の大切な時間。



ただ受け身の姿勢でズルズルと
薬物療法を続けるのではなく、

心理療法をおすすめいたします。





当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


【2014/02/28 11:21】 | うつ病 「療養中の心得」
トラックバック(0) |

うつ病はとても大切な人生のメッセージ
朱鷺(shuro)
↑これは、本当にその通りと思います。
そして、病はすべて信号であり、人生に付加されたものと思うのです。
マイナスではありません。
何故、その病を得たのか?
そこから新たな人生を始める必要があるのかも知れないですね。

90%以上の人生の青図は自ら描いて人は生まれてきたのだと、最近は信じられるようになりました。
人生の大半が決まっているからこそ、占いが存在するのだということも。

ショウセイさんの記事は、いろいろ本当に勉強になります。
ありがとうございます。


Re: 朱鷺さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> うつ病はとても大切な人生のメッセージ
> ↑これは、本当にその通りと思います。
> そして、病はすべて信号であり、人生に付加されたものと思うのです。
> マイナスではありません。
> 何故、その病を得たのか?
> そこから新たな人生を始める必要があるのかも知れないですね。

全くその通りですね。
たとえ回り道だとしても、それを無益な人生の回り道とするか、
その回り道から何かを見つけ学び取るかは、本人次第ですね。

後者を選択すると、人生に「回り道」という概念は
存在しなくなるのではないでしょうか。


> 90%以上の人生の青図は自ら描いて人は生まれてきたのだと、最近は信じられるようになりました。
> 人生の大半が決まっているからこそ、占いが存在するのだということも。

なるほど。そういったとらえ方もありますね。
不思議な世界も存在しますね。

私の専門とする仏教哲学では、
「因+縁=果」ととらえます。

どんな「因(原因)」をもって生まれてきても、人生の中で
どんな「縁(諸条件)」を選択し、実施していくかで
「果(結果)」は、ある程度変わります。

自由意思の働くところと、どうしようもない事に分類されます。
どうしようもないところは「あるがまま」

しかし、自由意思の働くところは、
なるべく怠らず精進していくのが仏道です。


様々な思想がありますので、自分に合った理論を思想背景に持つと
ブレることなく、生きるのが楽になるかと思います。


> ショウセイさんの記事は、いろいろ本当に勉強になります。
> ありがとうございます。

いえいえ。こちらこそありがとうございます。
それではまた(合掌)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
うつ病はとても大切な人生のメッセージ
↑これは、本当にその通りと思います。
そして、病はすべて信号であり、人生に付加されたものと思うのです。
マイナスではありません。
何故、その病を得たのか?
そこから新たな人生を始める必要があるのかも知れないですね。

90%以上の人生の青図は自ら描いて人は生まれてきたのだと、最近は信じられるようになりました。
人生の大半が決まっているからこそ、占いが存在するのだということも。

ショウセイさんの記事は、いろいろ本当に勉強になります。
ありがとうございます。
2014/03/06(Thu) 12:08 | URL  | 朱鷺(shuro) #-[ 編集]
Re: 朱鷺さんへ
コメントありがとうございます。

> うつ病はとても大切な人生のメッセージ
> ↑これは、本当にその通りと思います。
> そして、病はすべて信号であり、人生に付加されたものと思うのです。
> マイナスではありません。
> 何故、その病を得たのか?
> そこから新たな人生を始める必要があるのかも知れないですね。

全くその通りですね。
たとえ回り道だとしても、それを無益な人生の回り道とするか、
その回り道から何かを見つけ学び取るかは、本人次第ですね。

後者を選択すると、人生に「回り道」という概念は
存在しなくなるのではないでしょうか。


> 90%以上の人生の青図は自ら描いて人は生まれてきたのだと、最近は信じられるようになりました。
> 人生の大半が決まっているからこそ、占いが存在するのだということも。

なるほど。そういったとらえ方もありますね。
不思議な世界も存在しますね。

私の専門とする仏教哲学では、
「因+縁=果」ととらえます。

どんな「因(原因)」をもって生まれてきても、人生の中で
どんな「縁(諸条件)」を選択し、実施していくかで
「果(結果)」は、ある程度変わります。

自由意思の働くところと、どうしようもない事に分類されます。
どうしようもないところは「あるがまま」

しかし、自由意思の働くところは、
なるべく怠らず精進していくのが仏道です。


様々な思想がありますので、自分に合った理論を思想背景に持つと
ブレることなく、生きるのが楽になるかと思います。


> ショウセイさんの記事は、いろいろ本当に勉強になります。
> ありがとうございます。

いえいえ。こちらこそありがとうございます。
それではまた(合掌)
2014/03/06(Thu) 12:58 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック