マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「森田療法のことば」
~事実唯真~



世の中は
「因+縁=果」の
科学的法則で成り立っております。

*因(原因)、縁(諸条件)、果(結果)


「因+縁=果 → 因+縁=果 → 因+縁=果・・・」

「結果」が即、次の「原因」になり、
世界は宇宙は、
網の目のように繋がって成り立っております。


我(が:自我:エゴ)を手放しますと

そこには「因+縁=果」という
「事実(自然法則)の流れ」のみがあります。

私達の「いのち」も、ただ
その因果の法則の流れです。

これも「無我」の一つの解釈かと思います。


私達の苦しみは
この「事実」を「我(が:自我)」で編集・捏造した時
始まります。

*つまり西洋式の心理学などで
自我を固めれば固めるほど、どんどん苦しくなります。


うつ病・神経症などで疲れた時、
一旦、身体の動きを止めます。

目を閉じ、
「脳で作った勝手な概念→ 尊大なる?自己イメージ:我(が)、
また頭で捏造した神々しいイメージなど・・」を、全て手放します


するといかがでしょうか?

今、あるのは
「因+縁=果」という事実(自然法則)の流れがあるだけ。


自分の身体も人生も、
全て「因+縁=果」の自然法則、
大きなチェーンの中の一部分です。


「私は〇〇なのに、なんで〇〇なんだ!」
「私は〇〇なはずじゃなかったのに・・」
「私は頭がよく、愛されるべきなのに!」

これらのものは
全て出どころは「我(が:エゴ)」です。
*(もっとタチが悪いのは、これらを
潜在意識の奥深くに隠して、無意識的にガードしているケース)


『あなたの我が勝手に主張しても、

地球は、宇宙はただ、
何事もなかったかのように運行しています』




うつ病(我:が)でとても苦しい時、
自然に身をゆだねてみましょう。

我(が:エゴ)を張り、
自然法則を捏造すると苦が生まれ、

我(が)を緩め、
自然法則に身をゆだねると楽になります。



しかし、俗世に生きる私達は
ビジネスなどで、
時に我を張らねばならぬ時もあります。

俗世に生きる私達は無我になれません。

したがって、
「我執」(我に対するとらわれ)を
緩めるだけで結構かと思います。

「加減の問題です」


その「さじ加減」を
マインドフルネスや森田療法で調節していけば、
うつ病は再発することが無くなる事でしょう。


江戸時代の禅僧で
良寛和尚という方がいました。
「良寛さん」で親しまれていますね。

こんな句があります。

「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候(そうろう)、
死ぬ時節には死ぬがよく候、是はこれ災難をのがるる妙法にて候」

良寛さんの死生観は、自然にゆだねきった
「あるがまま」の姿かと思います。



「・・そう。子猫が親猫にくわえられて
丸まって安心しきっているような状態」

*子猫(私達)、親猫(大宇宙)



この良寛さんの句が、
マインドフルネスや森田療法の実践で
深く理解できるようになりますと、

「おそらくもう、
うつ病・神経症が楽になっている頃かと思います」



仏式瞑想や禅は
頭の理屈では理解出来ません。

日々実践して「はじめて」理解できます。
つまり学問的「IQ」が、あまり通用しない世界。

うつ病・神経症を「本気で治す」ということは、
究極的に言うと、こういったことかと思います。


これだけは私がブログの中で、
万の言葉を駆使しても伝わりません。

深いうつ病や神経症を
インターネットなどの、うろ覚えの知識で

楽して治そうとする人たち(現代人)にとっては、
カウンターパンチのようなものですね。


これを禅の世界では
「不立文字(ふりゅうもんじ)」といいます。

(自己流で間違った方法で勝手にやるのではなく)
必ず正しく瞑想している指導者についてもらい、
一緒に坐ってもらいましょう。


まず一坐り

一坐り


・・・・・


「ただ」坐る



心の病を治すという事は
楽して素早くデジタルではなく
「アナログ」です。


なぜ古来からあった森田療法や、
仏式瞑想(アメリカ式ではなくアジアの伝統的マインドフルネス)が、

近年になって「再注目」されてきているかは
こういったことです。
*(厚生労働省のうつ病に関するページでも、
森田療法が取り上げられるようになってきましたね)

西洋式の”いわゆる”心理療法で
「ド派手」にやって治りましたか?


キリスト教や西洋哲学の文化的土壌で出来た
「アメリカ式の様々な心理療法やカウンセリング」は
私達、日本人の和の心には届かなかった。


森田療法は我が国に、
大正時代からある心理療法です。
(現代風に科学的にアレンジされていますが)

そんな古来のものが、
21世紀ハイテクな現代人の心を治している。

まさしく「大正ロマン」ですね。




「当カウンセリング・心理療法のホームページ」
お問い合わせ・お申込みもコチラからどうぞ。

http://www.mindfulness758.com/


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2014/03/12 13:59】 | 神経症(不安障害) 「克服のヒント」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントRさんへ
ショウセイ
> 超おひさしぶりでございます。

はい。超お久しぶりです。
お元気だったかな。

はい。名古屋ですよi-260


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/03/14(Fri) 09:21 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントRさんへ
> 超おひさしぶりでございます。

はい。超お久しぶりです。
お元気だったかな。

はい。名古屋ですよi-260
2014/03/14(Fri) 13:32 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック