マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
今日は元うつ病患者として
病院で行っていること、
「客観的事実」を患者目線で書きます。


多くの精神科・心療内科の方法論は
数分の流れ作業的診察・薬だけ出しておしまい
多いかと思います。

病院のカウンセラー(心理士)は
とりあえず30分(以内)
「ま、話を聴いておしまい(傾聴)」
*(元患者として言いますが、話を聴くだけでは
うつ病の根本解決にはなりません)

もしくは、本を読めば書いてある一般論的な話、
ちょっとした認知シートや
バウムテスト・エゴグラム程度行っておしまい。
*(それではよくなりません・・)


「現在、リアルな患者様達は、この現状を
よくご存知ではないでしょうか?」


*もちろん中には、
とても素晴らしい方法論を持った病院もあるかと思います。


私は十数年前、うつ病&OCD患者時代、
このお約束のパターンをたくさん経験してまいりました。

また現在、現役心理士の視点からも
今まで数年間カウンセリングしていて、
様々な情報が入ってきております。

やはり冒頭の「お約束」の流れは、
今も昔も何も変わっておりません。


ただ病院は「大人の事情」で、
あまりアクティブな事ができません。
もしくは病院の医師も心理士も
「方法論自体、持っていない(知らない)」ケースが多いかと思います。

あまり知識のない医師も現実います。

総じて言いますと、
「とりあえず」の事しか出来ません。

・・・ですが、それで本当に
うつ病・神経症がよくなるのでしょうか?



対して私達、個人の心理士(カウンセラー)は、
組織に縛られませんので「病院独特の大人の事情」が無い。

ゆえに様々な「革新的な方法論」
「最新式の心理学的アプローチ」などを出していきます。


病院という「ブランド」に寄りかかって
とりあえず何年・何十年、ズルズル薬を飲み続け、
意味のないカウンセリングを続ける事の
無意味さを考えてみましょう。

(その無駄な「時間=寿命」を投資するリスクも考えましょう)
*時間は寿命「いのち」です。人が一生で生きられる時間は限られています。


また予約制ではない精神科は、
2~3時間待つところも多々あります。
(トータルで半日潰れるケースもあります)

そしてやっと診察にありつけたら
3分診察、薬だけ出しておしまい。時間の無駄。


精神科・心療内科でこんなワークをしてみてください。

病院の医師に「切実な表情で」
「私は一生、抗うつ薬を飲み続けなければいけないのですか?
一生薬を飲むのはイヤです。何か方法論は無いのですか・・」

・・と、『悲しい顔』で訴えかけてください。
(精神科医が何と答えるか・・ですね)



さて、病院+臨床心理士・・

そういったおかしな「ブランド」を
サッサとかなぐり捨て、然るべき方法論を持った
腕のいい心理士(心理療法家)にチェンジし、
「本気で治しにかかるか」


何を選択するかは、個人の自由という事です。

今、自分の人生にとって何を選択すべきか・・は
自身で考え判断することです。

ブランドというおかしな安心感(心理的な錯覚)を
捨てる事が出来るかどうかがカギとなります。


精神科・心療内科の2~3時間待って、3分診察。
病院のカウンセリングで30分(以内)ただ話を聴いておしまい。
フィニッシュは調剤薬局に回され、また待たされます。

「これで半日潰れます」
これを数年・数十年、一生・・通い続ける事のリスク。
(もちろんこれが、とても有益な方法論でしたら
半日潰す価値があります)

しかし、こういった脆弱な方法論
「時間=寿命=いのち」を投資する
「人生のリスク」も考えてまいりましょう。



今日のお話は辛口すぎましたので
少しフォローを入れますと、

うつ病の急性期・回復期(発症から数ヵ月くらい)は
「薬は非常に有効」です。

(必ず病院に行ってください。薬でまず「一時的に」正気に戻ってください)


しかし、回復期後期以降になりましたら
「”ずっと薬に依存するのではなく”」

「水面下で」心理(精神)療法をコツコツ行っていき
薬に頼らずとも、自分の足で自分の人生をしっかり歩んでいけるよう
修練していくのが王道かと思います。

これが患者さんの人生(QOL:生活の質)にとっても、
幸せな道ではないでしょうか?



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2014/02/24 13:47】 | 元患者の視点
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック