マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
森田療法 「気分を改善せず、
うつ病・神経症が治る」

いやな気分よこんにちは
~Feeling Bad~
 
抑うつ克服法



さて、前回は「マインドフルネス」と
「一般的なリラクセーション」の違いを説明しました。
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-922.html


今回のお話は

マインドフルネスや森田療法は
どのようにして、うつ病や神経症(不安障害)に
アプローチしていくのか?


について、お話をいたします。



マインドフルネスや森田療法、
東洋の心理療法は、

前回のお話のような、
いわゆる西洋式のやり方・・

無理やり作った
「不自然な気持ちいい」(という脳の錯覚)ではなく、
全く違う角度から「心の病、真の回復」に導きます。


マインドフルネスや森田療法は

「気持ちよくならず、
うつ病・神経症から回復します」

「気分を改善せず、
うつ病が根治します」



*ですが、結果それで気分が良くなる場合もありますが、
そこはあまり価値はありません。
気分が良くなっても、ならなくてもどうでもいい事です。


今日の気分が
良かろうと悪かろうと
どうでもいいこと。

それよりも、
そういった気分を何とかしようとせず、
その気分のまま「あるがまま」

「今日、今、この瞬間、何をしようか」に
価値観のシフトチェンジしていきます。

*(「気分本位ではなく目的本位」
森田療法のことば)



実は健常者も、うつ病患者も
「等しく」気分の波があります。

うつ病・神経症の方は
「これに異常なほど執着し、敏感になり」

気分を常にMAXにしようと、
捏造しようと「頑張ります」

ですがそれで・・・気分が
本当に改善しますか?

まず不可能です。
出来ないでしょう?



うつ病・神経症の方は
「今日の気分に絶対的な価値」を置きがちです。

今日の気分が少しでも悪いと、
意味不明な焦燥感にかりたたれ、

何とかハイテンションにしようと、
栄養ドリンクを飲んだり、サプリを飲んだり、
抗うつ薬を飲んだり・・

様々な悪あがきをして
人工的に気分をハイテンションにしようとします。


しかし、それは虚しい。

気分は人工的に
ハイテンションにはなりません。

そして思い通りにならない・・という不全感から、
いつもの「抑うつ感」が発生します。



しかし、マインドフルネス仏式瞑想者や

当カウンセリングで
森田療法をお勉強された方は、

日々移り変わる気分に
あまり価値を置かなくなります。


気分に価値を置いていませんので

今日の気分が悪かろうと、
あまり落胆しませんし、
ハッキリ言えば「どうでもいいこと」

それよりも「現在・今・この瞬間」何をしようか?


気分が悪ければ
気分が悪いがまま
(少し効率は悪いですが)

今日の業務を淡々とこなします。


気分が良ければ
気分が良いがまま
今日の業務を淡々とこなします。


気分が良くても悪くても

今日一日、淡々と生きていく能力を育てるのが
マインドフルネスや森田療法の生き方です。


自然にゆだねきった時
「あるがまま」が完成します。

私達も地球を構成する細胞の一つ
「一即多 多即一」
(仏典・華厳経より)


そうなりますと
うつ病・神経症・・・という
症状すらもナンセンスになります。

もうあまり興味がないので
”うつ病・神経症くん”には
勝手にやっててもらいます。


心は気象と同じ。

週間天気予報は
晴れが続きましたが

週の中ごろ雨になり、

週の後半は曇りになって
また晴れになりました。

心も気象も「それだけのこと」



例えば雨が降っていて、
イヤだから

外に出て「キエーーーーッ!」と
念力と頑張りで
雨を止めようとする人いますか?


雨が降っていたら、普通皆さん

雨が降っているがまま、傘をさして
会社に行ったり、日常生活しますね。


でもうつ病・神経症の方は

心の雨が降り出した時
「キエーーーーッ!」と

念力と意味不明な頑張りで
雨を止めようとします。
超一流のコントかと思います。


マインドフルネスや
森田療法が熟成していきますと

----------------------

心が晴れたら
晴れるがまま

心の雨が降ったら
雨が降るがまま


心地よければ
心地よいがまま

今日、鬱ならば
鬱のまま


あるがまま
日日是好日

鬱鬱是好日

---------------------

気分に対する「執着」が緩みますと
うつ病・神経症の真の根治になります。

人生のどんな荒波が来ようが
ひょうひょうと生きていく事ができます。


西洋的な心理療法と

私達アジアの伝統、
東洋的な心理療法の

心の病に対する
アプローチの違いはこんな感じですね。


・・もちろんこれを、

頭の理解だけでは
修得不可能ですので

熟練した森田療法家に
「マンツーマンで」ついてもらい

しっかりお稽古し、
身体に(潜在意識に)
染み込ませていく事です。


頭の理解も重要ですが、
身体に(潜在意識に)

染み込んでいった時
はじめて根治になります。



当カウンセリング・心理療法の詳しい説明

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。


【2013/12/21 16:30】 | マインドフルネスはリラクセーションではありません
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック