マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「加減を知る」


これは伝統的マインドフルネス(仏教瞑想)や禅、
また茶道などで重んじられる
東洋思想的な「とらえ方」ですね。

今日のお話は、
これについて考察してまいります。
よろしくお願いいたします。


~加減を知る~

これはお釈迦様の理論の「中道」ですね。


元うつ病患者
(様々な伝記をみていると、おそらく気分変調性障害、もしくは非定型うつ病)だった、
「うつ病を克服された、私達の大先輩」であるお釈迦様は、

↓(うつ病患者時代のお釈迦さま)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-325.html


王子としての優雅(楽)な生活を捨て、
29歳で心の病を治すため
家を飛び出し苦行の道に入りました。

まさしく死と隣り合わせの過激な苦行。


あるとき苦行で
本当に死が訪れる寸前までいきました。

その時、ハッと気付きました
「私は何やってんねん!」

そこには無意味で
何の悟りも無い事に気が付きました。


そこで極端な「楽」と
極端な「苦行」を離れた

「中道」的な修行に変更され
見事悟りに入られました。

お釈迦さま、35歳の時でした。

これが現代まで伝承される仏教のルーツです。


これを私達の
うつ病・神経症に重ねて考えてみましょう。

昨今では「うつ病は頑張らない」という
おかしな思想が勝手に「独り歩き」
しており、
この思想がカルト宗教的、洗脳的になって

加減を超えてしまい
「本当に全く頑張らない」方が増えてきております。


何でもモノは加減。
加減を超えると病気になります。


*別の視点で言いますと、本当に頑張る事は「絶対悪」なんですか?
「頑張り方」を心理学的に工夫するということ。
↓(以下参照)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-891.html


加減を超えた「頑張らない」の結果、
新型うつ病(抑うつ神経症の事)や
非定型うつ病など「頑張らないうつ病」急増しております。
もはや社会問題になっております。

また、こちらのうつ病は
パーソナリティ的な事が、かなり引っかかっておりますので
非常に難治性です。


ノーマルなうつ病の方も「頑張らない思想」を
何の疑いもなく鵜呑みにして洗脳され、

病院(権威)に言われるがまま、
何の心理学的「策」も打たず、
何年・何十年ズルズル薬を飲み続け

治るうつ病も治らないものになってしまっている
(または不必要な再発・再燃を繰り返す)
非常に残念なケースもあります。


何が言いたいかといいますと、

うつ病は「頑張らないのもNG」
もちろん「頑張りすぎもNG]


両極端を離れた中道にこそ
「真の回復の道」があります。



・頑張らない

「楽」に対する執着(とらわれ:煩悩)を緩めます。
または「苦」から逃れたいという執着(とらわれ)も緩めます。


・頑張る

「苦」(自分を犠牲にして頑張る)に対する執着を緩めます。
頑張った結果「楽」したいという執着も緩めます。


具体的、心理学的訓練(マインドフルネス)により、

苦や楽に対する執着を緩め、
両極端を離れた中道に入ります。

森田療法で言う
「あるがまま」の状態ですね。

うつ病から回復する王道。
西洋式の心理療法にはない「東洋の伝統的な智慧」です。


尚、私達俗人は、出家僧や聖者ではありませんので
これらの煩悩を完全に「断つ」ことは出来ません。

ゆえに、こういった、
うつ病・神経症患者独特の

”加減を超え”異常レベルになった「とらわれ」を
「緩める」で結構です。
抜群に生きるのが楽になります。


*次回は、さらにツッコんだ講義をしていきます。


<続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/12/09 09:01】 | うつ病 「総論」
トラックバック(0) |

目からウロコ
こっこ
頑張った結果「楽」をしたいというのも執着心だったのか!!とびっくりしました。
資格をとっておけば後で有利だからと、勉強し始めたものの、同級生が楽しそうに遊んでいるのになんで勉強しているんだろう?何のための勉強だ?と思うのは、そういうところが原因にあるのかもしれない。
今頑張れば後が楽なんだという思考は、今を犠牲にしていて、「今を生きる」ことがきなくなってて、よくないんでしょうね。

Re: こっこさんへ
ショウセイ
お久しぶりです。その後調子はいかがかな?

> 頑張った結果「楽」をしたいというのも執着心だったのか!!とびっくりしました。
> 資格をとっておけば後で有利だからと、勉強し始めたものの、同級生が楽しそうに遊んでいるのになんで勉強しているんだろう?何のための勉強だ?と思うのは、そういうところが原因にあるのかもしれない。
> 今頑張れば後が楽なんだという思考は、今を犠牲にしていて、「今を生きる」ことがきなくなってて、よくないんでしょうね。


素晴らしい視点ですね。お若いのにさすがです。

①うつ病・神経症的「ネチネチ・ネバネバした頑張り」ではなく
②「今、現在」サラサラ頑張るのが「中道的頑張りです」


①は非常に疲れる頑張り。「腹に一物」ある頑張りです。
当然そういった頑張り方はストレスが溜まり、やがて脳の病気になります。

②は腹に一物無い「サッパリした頑張り」です。
とても爽やかな中道的頑張りです。
ゆえに頑張っても疲れない(心理学的に言いますと感情を「抑圧」しない)健全な頑張り。

もちろんこういったことは、頭の理屈だけですと机上の空論ですので、
日々のマインドフルネスを行ってこそ、具体的に可能になるものです。




こっこ
元気ですよ(^o^)少しずつものの見方が変わっていっているのを実感しています。ブログからも気づきをたくさんもらっています(^^)/

Re: こっこさんへ
ショウセイ
> 元気ですよ(^o^)少しずつものの見方が変わっていっているのを実感しています。ブログからも気づきをたくさんもらっています(^^)/


あはは。そっか。
しっかりマインドフルネスを続けてまいりましょう。

またごはんでも行こうね(^^)



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
目からウロコ
頑張った結果「楽」をしたいというのも執着心だったのか!!とびっくりしました。
資格をとっておけば後で有利だからと、勉強し始めたものの、同級生が楽しそうに遊んでいるのになんで勉強しているんだろう?何のための勉強だ?と思うのは、そういうところが原因にあるのかもしれない。
今頑張れば後が楽なんだという思考は、今を犠牲にしていて、「今を生きる」ことがきなくなってて、よくないんでしょうね。
2013/12/09(Mon) 16:08 | URL  | こっこ #-[ 編集]
Re: こっこさんへ
お久しぶりです。その後調子はいかがかな?

> 頑張った結果「楽」をしたいというのも執着心だったのか!!とびっくりしました。
> 資格をとっておけば後で有利だからと、勉強し始めたものの、同級生が楽しそうに遊んでいるのになんで勉強しているんだろう?何のための勉強だ?と思うのは、そういうところが原因にあるのかもしれない。
> 今頑張れば後が楽なんだという思考は、今を犠牲にしていて、「今を生きる」ことがきなくなってて、よくないんでしょうね。


素晴らしい視点ですね。お若いのにさすがです。

①うつ病・神経症的「ネチネチ・ネバネバした頑張り」ではなく
②「今、現在」サラサラ頑張るのが「中道的頑張りです」


①は非常に疲れる頑張り。「腹に一物」ある頑張りです。
当然そういった頑張り方はストレスが溜まり、やがて脳の病気になります。

②は腹に一物無い「サッパリした頑張り」です。
とても爽やかな中道的頑張りです。
ゆえに頑張っても疲れない(心理学的に言いますと感情を「抑圧」しない)健全な頑張り。

もちろんこういったことは、頭の理屈だけですと机上の空論ですので、
日々のマインドフルネスを行ってこそ、具体的に可能になるものです。

2013/12/09(Mon) 23:43 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
元気ですよ(^o^)少しずつものの見方が変わっていっているのを実感しています。ブログからも気づきをたくさんもらっています(^^)/
2013/12/12(Thu) 12:49 | URL  | こっこ #-[ 編集]
Re: こっこさんへ
> 元気ですよ(^o^)少しずつものの見方が変わっていっているのを実感しています。ブログからも気づきをたくさんもらっています(^^)/


あはは。そっか。
しっかりマインドフルネスを続けてまいりましょう。

またごはんでも行こうね(^^)

2013/12/13(Fri) 13:30 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック