マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
~~~~~~~~~~~~~~~~~
長年のうつ病・神経症(不安障害)

少し厳しいですが、
「本気で治す」とは?
~~~~~~~~~~~~~~~~~



うつ病・神経症
(不安障害)などの心の病。

人間が何十年刻み込んできた
心と脳のパターンを修正するのは

「短期で簡単にインスタント」では
不可能です。


よく業者が営業トークで謳っている
「うつ病が〇日、〇週間で治る」
・・・という事は

脳科学的に言ってありえません。
そういったムシのいい話はありません。


長年のうつ病・
神経症(不安障害)を治すのは

当たり前のことですが、
中・長期的な努力が要ります。


「うつ病は〇日、〇週間で
治ることはありえません」

人間の脳や心は
そんな単純なものではありません。


脳というものは
筋肉トレーニングと同じで、

然るべきトレーニングを
中・長期的に継続して行わないと
変化はおきません。

また変化は起きても
「定着」させる作業も必要になります。

再発しない
「根治」にもっていくために。


心理学・脳科学的な
トレーニング(心理療法)を
コツコツ行っていくのが、

きちんと地に足着いた、
常識的な道です。


急がば回れ。

実はこれが一番安全
かつ常識的な「近道」です。


*ただし頭蓋骨を開けて、
脳の外科手術的方法ですと、
短期速効で回復・・・は、あり得るかもしれません。

ですが普通の人は
やりたくないでしょう?

またそういった侵襲的方法は
リスクも高いかと思います。


*ちなみに、わが国でも
1930年代~1970年代まで

心の病(主に統合失調症)に対し
「ロボトミー手術」という
脳外科手術を行っていた時代がありました。

しかし、予後は不良で、術後しばらくして
廃人のようになってしまう方が続出し、
現在では中止されております。



私は心理が専門ですので、
外科的なコメントは避けますが

心の病に外科的方法・・・
私は賛成しかねます。
やはり不自然かと思います。


近年欧米では、うつ病に対し

手術で脳に電極を埋め込む
過激な方法などありますが、

まだ始まったばかりで
「術後の長期的な予後のデータ」がありませんね。

もちろん、そういったものが
お好きな方はどうぞ。



・・さて、
話を戻します。

うつ病や不安障害などの心の病を、
「短期・即効で楽して治す・・・」

こういう「軽々しい発想」の人が


おかしな教祖のパワーや、

「うつ病が〇日で治る系」の
浅はかな自己啓発セミナーや、
DVDに騙されてしまいます。


そういった発想の人達が

おかしな団体や、怪しい宗教の
「いいカモ」になります。

自業自得かと思います。



心理療法というものは
中・長期的時間がかかりますが、

心理学的に理に適った
常識的・理性的・安全な方法論です。


中・長期的は大変そうですが
発想・視点を変えてみましょう。


======================

例えば人生
80年と仮定します。


現在、長年のうつ病で苦しむ
30歳の人が、

人生の自己投資だと認識して、
1~2年、心理療法を
一生懸命修練していけば

今後の50年が楽になると
とらえてみましょう。


逆に言いますと。
「うつ病、回復期後期~維持期」に入っているのに
(あるいは慢性的なうつ状態)

1~2年、修練するのが面倒くさく
何の策も打たず、

病院に言われたことを鵜呑みにして
薬をズルズル飲んで
「頑張らず」寝て過ごし


今後の50年、臨終の日まで
「一生精神的苦しみ」を
背負って生きていくか・・・

どちらを選択するかは
本人次第かと思います。


「長い人生の中で、
たったの1~2年 修練できるか・・・」です。

それで今後の人生が
大きく変わります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~
うつ病人生から
抜け出すための・・

80年の長い人生
「たった」1~2年の努力です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~



======================



「心理療法」は、心の病の方が
今後の人生を朗らかに生きていく

「最強の武器」
「究極のメンタルスキル」になります。


*ただし心理療法は、
オカルト系や得体のしれないものはNG。

マインドフルネス・森田療法・認知行動療法など・・・
国際的に認められているもの限定。



また心理療法は
薬も外部機器も使わない「非侵襲系」ですので
副作用もなく健全かと思います。

*ですが状態によっては、
薬物療法と心理療法の併用を推奨します。



当心理相談所は、
おかしな自己啓発セミナーで
よく謳い文句にしている

「うつ病が〇日で楽して治る・・・」という
軽々しいウソは言いません。


「それはウソだからです」

また、そういったウソは
クライエント(患者)さんのためにならないし
かえって迷わせます。


*もしオカルト・霊感モノで
〇日で奇跡が起き治った!と主張するならば

下記リンク。心理学でいう「プラシーボ効果」を考慮し
チェックしてみましょう。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-44.html

プラシーボ効果で治ったと錯覚しても
それは一時的で、数ヵ月~数年後
また元の木阿弥で再発すると思います。

プラシーボ効果では根治にはなりません。



心の病を治していくというのは
ハッキリ言って簡単ではありません。

結構努力が要りますし大変です。

「ですが、少しづつでも前に進まなければ
何も変わりません」


過去の後悔、
自分や他人の人生を呪ったり、

「何かのせい」にしたり、

そういった
「歪んだ自己愛」を守るための

脆弱な心理防衛をしていても
何も変わりません。


また「脳のせい」
「脳の病気だから・・」と主張するならば、

脳を可能な範囲で
修正していけばよいだけのことかと思います。


*私達の脳は、
可塑性(かそせい)というものがあります。
適切な療法・訓練をしていきますと、
脳は進化し変わっていきます。

近年の脳科学では、大人の脳でも
トレーニング次第で、
いくらでも変わっていく事が分かっております。



科学的、心理学的
「理に適った方法論」を使い

少しづつでもいいから
前に進まなければ何も変わりません。


「策なき戦は負け戦(いくさ)」

適切な策を打って
前に進んでいく事が大切かと思います。


歩くのを止めなければ
早かれ遅かれ
山の頂上にたどり着きます。

早いか遅いかの違いです。
やがて山の頂上(心の病の回復)にたどり着きます。


歩くのを止めてしまえば
いつまでもそのまま。苦しいまま。

待っていても
誰も助けてくれやしない。

仮に助けてくれる
親切な人がいたとしても、

他人は「あなたの心の中までは究極に救えない」
人生全体までは救えない。


厳しい事を言いますが

「これが現実であり、
まぎれもない事実」


この現実・事実が
受け入れられない方が、

「偽善的な歪んだ
性善説(せいぜんせつ)」にしがみつき、

誰かの救いを待ちます。
(しかし誰も救ってくれません)

そういったものを期待し、
妄想し、一生苦しみます。


*もし甘い言葉で近寄ってくる人がいれば、
まず一旦冷静になり疑ってください。

そういった詐欺師は、
必ず腹に一物ありますので。

そういう類の人達は「人の弱み」につけこんで、
うまい話と、優しい言葉で近寄ってきます。


自分の人生や境遇を呪っていても
何も変わりません。
むしろ余計悪くなります。悪循環かと思います。

自分の人生は、自分の心の病は、
「最終的には自分でケリ」をつけます。


~~~~~~~~~~~~~~~
「自分を救うのは、
他人ではなく”自分です”」

~~~~~~~~~~~~~~~


そのための
「科学的具体策、方法論」が心理療法です。

心理療法を使い治していきましょう。


当カウンセリングでは

まず「6週間」心と脳に
良い習慣をつけていきます。

良い習慣が身に付けば
後は軌道に乗り、
人生の良い循環が始まります。


まず「6週間」サポートしますので
頑張ってみましょう。





【2010/12/19 13:32】 | 決意のススメ
トラックバック(0) |


k.rika
でも私は山中先生に救われました

Re: rikaさんへ
ショウセイ
いいえ。違います。
私は応援はしましたが救っていません。
rikaさん自身の努力のたまものです。

私はマインドフルネスのお稽古と
きみが諦めないように心理学的アドバイスをして
応援しただけです。

rikaさんは私が思った以上に
しっかり学び、努力されました。素晴らしい。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
でも私は山中先生に救われました
2013/11/24(Sun) 17:31 | URL  | k.rika #6facQlv.[ 編集]
Re: rikaさんへ
いいえ。違います。
私は応援はしましたが救っていません。
rikaさん自身の努力のたまものです。

私はマインドフルネスのお稽古と
きみが諦めないように心理学的アドバイスをして
応援しただけです。

rikaさんは私が思った以上に
しっかり学び、努力されました。素晴らしい。

2013/11/24(Sun) 22:16 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック