マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
先日ハードディスクに録って放置してあった
NHK「病の起源(うつ病編)」を観ていました。

うつ病の渦中にいらっしゃる方は
観られた方多いと思います。

今日は、それについて論じていきます。
よろしくお願いします。



まず・・・衝撃的でしたね。
頭蓋骨を開け、脳に外科手術で電極を埋め込み
うつ病を治すという・・・

あれもアリかと思います。否定はしません。
ですが皆さんやりたいですか?
(私はイヤです)

ずっと脳に埋め込まれた電極と
ペースメーカーにお付き合いですね。

特に日本人には、受け入れがたいものかと思います。
なるべくなら非侵襲的な療法がよいかと思います。

*非侵襲(ひしんしゅう)的:
外科手術や外部機器などを用いて刺激しない。また身体を傷つけない方法。


あと番組の冒頭で、
うつ病患者の人数、日本では約100万人。

この統計学的数字は
「専門家により、うつ病と断定された方の人数」かと思います。


統計には「暗数」というものがあります。
私の臨床経験と心理カウンセラーとしての目で
日常をとらえていますと、

特に「日本の男性」は侍(サムライ)が多い。
明らかにうつ病なのに本人が
「自分が精神の病などと絶対認めたくない!」と
意固地になっている方・・・

皆さんの周りにも、
たくさんいるのではないでしょうか?

むしろそういった方が「一番危険」です。


女性は男性に比べ、柔軟で「我(が)」や、
「おかしなプライド」の固着が少ないので
素直に認め、病院や心理カウンセラーにかかります。

素直に認め、
治療を受け入れる方は「侍」より安全です。


上記のうつ病と認めたくない
(もしくは軽度のうつ病なのに分かっていない)
日本男児(女子)の頑固な「侍」を入れると

100万人どころか、その何倍もいると思います。
(私も元うつ病患者、日本男児、
侍としてこの気持ちよく分かります)


上記の理由で
統計上の、いわゆる「うつ病は女性に多い」も
私はクエスチョンです。(現代社会では)

ただ暗数は計算しようがないのでしょうがない。
何が言いたいかというと
あくまでそういった視点で、統計をとらえてみましょうということ。



あと動物実験で「魚もうつ病になる」のところ。
あれは水槽に天敵を住まわせ
いつ殺されるか分からない
窮迫切迫した状態にいる時の場合です。

*ちなみに私達の悠久たる進化の歴史で
「古生代」には魚でした。
(番組内で言っていたのはカンブリア紀の事かと思います)
私達の脳の中にも魚の名残があります。
天敵に対するシステムも継承されています。


上記の実験のように窮迫切迫した状態。

例えば
紛争地帯ではそういったことがあるかもしれません。

しかし、日本など先進国では
紛争もない。殺し合いもない。食べ物にも困らない。
とても平和。。


「現代型うつ病」はもっと特殊な事情です。

もちろん上記実験の魚の天敵を
「ジャイアンのような会社の上司」と
とらえてもよいかもしれませんが
動物のように、殺すか殺されるかまでの切迫感はない。

また私達人間には智慧と法律があります。

現代型うつ病は
「特に顕著な外的ストレッサーが無いのに」うつ病になるという
まさに特殊なものです。


では番組内でチンパンジーが
うつ病になったという実験はいかがか?

あれは良い例ですね。

確かに現代うつ病の特徴でいう
「孤独」も一つのトリガーです。

群れから隔離されると、
ストレスホルモンが過剰に分泌され、
うつ病になるのはあり得る。

*ただし人間はチンパンジーと違い「智慧」があります。
孤独という概念に対する
個人個人の「関わり方」によって、ストレスでない場合もある。


現代日本の特殊な社会環境は
「おひとりさま」が多くなってきています。

「生涯未婚率」は男女とも
今後もっと上がるであろう。


また熟年離婚も増えてきております。

ますますこのタイプのうつ病は増えると思います。


では手立てはないのか?

否(いな)!



NHKの番組では
「策」や「手立て」の部分が弱かったように思います。
(私はイヤですが、頭蓋骨を開け脳に電極埋め込みたいですか?
現実的ではありませんね)

ゆえに結論がモヤモヤしていて、
生殺しのように終わってしまいました。

しかし、当サイトはそういうことはしません。
結論を出して終わろうと思います。


<次回に続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/11/04 08:29】 | うつ病
トラックバック(0) |


JIM
そうなんです!!
NHKはよく特集などといって度々番組やっていて期待して見ますが、いつも策も手立てもなくモヤモヤして見終わります。
あちこちで行われる講演会もそうです。
基礎知識やまだ確定していないメカニズムより
良くなりたいんです。
いろいろなことを試しどれも効果を上げられず
こちらにたどり着きました。

Re: JIMさんへ
ショウセイ
JIMさん。コメントありがとうございます。

> NHKはよく特集などといって度々番組やっていて期待して見ますが、いつも策も手立てもなくモヤモヤして見終わります。
> あちこちで行われる講演会もそうです。
> 基礎知識やまだ確定していないメカニズムより
> 良くなりたいんです。


そうですね。あの番組は私達専門家にとっては非常によいですが、
一般の方々はJIMさんが仰るような感想でしょうね。


> いろいろなことを試しどれも効果を上げられず
> こちらにたどり着きました。


そうでございましたか。
次回、続きをお待ちくださいませ(今回のお話は二部作です)

当心理カウンセラー、最新の心理(精神)療法の立場からお話いたします。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そうなんです!!
NHKはよく特集などといって度々番組やっていて期待して見ますが、いつも策も手立てもなくモヤモヤして見終わります。
あちこちで行われる講演会もそうです。
基礎知識やまだ確定していないメカニズムより
良くなりたいんです。
いろいろなことを試しどれも効果を上げられず
こちらにたどり着きました。
2013/11/04(Mon) 09:34 | URL  | JIM #-[ 編集]
Re: JIMさんへ
JIMさん。コメントありがとうございます。

> NHKはよく特集などといって度々番組やっていて期待して見ますが、いつも策も手立てもなくモヤモヤして見終わります。
> あちこちで行われる講演会もそうです。
> 基礎知識やまだ確定していないメカニズムより
> 良くなりたいんです。


そうですね。あの番組は私達専門家にとっては非常によいですが、
一般の方々はJIMさんが仰るような感想でしょうね。


> いろいろなことを試しどれも効果を上げられず
> こちらにたどり着きました。


そうでございましたか。
次回、続きをお待ちくださいませ(今回のお話は二部作です)

当心理カウンセラー、最新の心理(精神)療法の立場からお話いたします。

2013/11/04(Mon) 10:24 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック