マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「日記療法」
*これは森田療法でおなじみの日記療法です。


ブログや日記は、心に良いツールだと思います。

心理カウンセラーの視点でいいますと、
ブログは心理療法の
「絵画療法(アートセラピー)」に匹敵すると思います。


心の中の想い。
形の無いものを文章や絵、画像で形にする。


心の中のものを目に見える形にしてあげる
情報処理しやすくなり、脳(心)が楽になります。

もう一つは、形にすると
自分を客観的にみれたり分析出来たりします。

これのことを心理学では
「無意識の意識化」といいます。



当カウンセリングは
次回のカウンセリングまでに

「マインドフルネス」のレッスンで
気付いたこと、分からなかったこと、
心の中に何が出てきたか・・などなど

どんな事でも良いので
簡単にレポートを書いてきていただいております。



以前、漫画を書いてきた
ユニークな方もみえましたが・・(笑)

OKです!それも「無意識の意識化」
クライエントさんと二人で大爆笑してしまいました
(ちなみに漫画の登場人物は、その人の「潜在意識の投影」です)
そこからカウンセリングを進めることも出来ます。


書くことによって「無意識の意識化」を促します。
そして「書く」と思考がまとまり脳がスッキリします。


ブログ、日記、メモ。
「書く」ことは心理学的にも良い事ですよ




【2010/08/07 10:45】 | マインドフルネス心理療法とは?     (技術編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック