マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
病院(精神科・心療内科)は
薬物療法のプロフェッショナルです。

日本の”多くの”精神科医は
「薬の専門家であって、心の専門家ではありません」


対して心理屋さん(心理カウンセラー・心理療法家)は
薬は出せませんが
「心理指導、心理療法、心理学的アドバイスのプロ・専門家です」

------------------------------------

A、「薬物療法の特徴」

・「現在の辛さ」を物理的な力(薬)を使って
とりあえず軽減し、強引に抑え込むことができます。
・即効性に関しては心理療法より強い。

・比較的、即効性はありますが「一時的な対症療法」

・あまりにもひどい精神状態の時は、
心理療法どころではありません。そういう時は薬物療法で
一旦正気に戻ってください。


・しかし薬物療法の盲点は、薬が切れれば「元の木阿弥」
再発のリスクに対応できない。



B、「心理療法の特徴」

・即効性に関しては薬物療法より弱い。
・中長期的、自助訓練が必要ですが・・「唯一の根治療法」

・再発防止にもなります。
・身につけていきますと、ストレス社会を
ひょうひょうと生きていく事ができます。
・心の病の人達にとって、まさに一生役に立つ心理的スキル。


また、副産物・オマケとして
こういったものもついてきます。

・心の病の対処だけでなく「脳トレ」にもなります。
(うつ病の方が社会復帰した際、そのまま仕事のスキルになります)

・脳の美容効果、脳がイキイキしてきます。
「脳美人」になると、表情や立ち居振る舞いもイキイキしてきます。
脳と表情筋は連動しています。
↓(詳しくは、うつ病と脳を参照)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-62.html

-------------------------------------

上記のような特徴があります。

したがって、
一般的な精神科・心療内科に行き
本格的な心理学的対処法や心理指導を求めるのは

「魚屋さんに行って、新鮮なトマトを要求するようなもの」

ナンセンスですね。
医師も困ってしまうと思います。
「トマトがほしければ八百屋さんに行きましょう」

本格的な心理療法を求めるならば
「心理屋さん」に行く事です。




まとめますと
「薬物療法」「心理(精神)療法」

どちらが良くて、どちらが悪いではなく、
お互いのメリットの「いいとこ取り」

併用が一番オススメかと思います。


それでも薬は絶対イヤだ・・・と言うのでしたらば、
上記Aのメリットは得られません。当然の事です。
そこは我慢してください。

B(心理療法)のみでいけるのでしたら、
それはそれでOKです。実際そういう人もいます。
しかし、A(薬物療法)のメリットの部分は捨ててください。


何度も言いますが
AとBの併用が一番楽かと思います。

そして「Bのみでいける」という自信がついてきましたら、
Aの薬物療法を手放していく・・・という形が理想的ですね。

実際、心理療法先進国のアメリカは
こういった方法論をとっているところが多いです。

日本は外科的手術などは世界トップクラスですが、
精神的な疾患の対処に関しては、欧米より数十年遅れております。

(日本の精神系病院の)心の病に対する
発想・視点も数十年遅れているかと思います。


ただ、近年
我が国やアジアに古くからある
心理療法(伝統的なマインドフルネスや森田療法)が
世界に注目されてきております。

面白い現象ですね。
日本の精神医学・心理臨床で放置され、埋もれていたものが、
逆に欧米から称賛されています。

当カウンセリングは国内がメインですが、
海外からの依頼(スカイプによる)も、たまにあります。
(海外在住の日本人や日本語堪能な外国人の方)


海外の方から聞きましたが、
実際、マインドフルネスや日本的な心理療法のニーズが
高まっているとの事です。

以前アメリカから講義・講演の依頼もありましたが
私は語学が堪能ではないのでお断りしました。
すみません(合掌)
*当カウンセラーの講義・講演は今のところ国内専門です。

でも英会話勉強して、いつか行きたいと思っております。
アメリカの皆様に会いたいですね。


うつ病・神経症患者は皆、友達。
うつ病に国境はありません。

うつ病を介して
世界は仲良くなれます。



はい。最後は話が変わってしまいましたが・・・(笑)
今日のお話は「薬物療法と心理療法の違い」について

精神科通院歴豊富な「元うつ病患者の視点」と
「現役心理士の視点」から語ってみました。

それでは皆様ごきげんよう。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/09/05 10:57】 | 元患者の視点
トラックバック(0) |


E
先生、今日から職場復帰です。
朝から今までやってきた瞑想を繰り返しています。
今日はとくに妄想がものすごい勢いで出ます。
瞑想一本で復帰してやると思っていましたが、不安になり、さっき病院で薬を貰ってきました。
不安に負けたような気がして無念でした。
帰って先生のブログを開いたらこの記事が載っていました。
とても励まされました。
ありがとうございます。
今日は松葉づえの力も借りて頑張りたいと思います。

Re: Eさんへ
ショウセイ
> 先生、今日から職場復帰です。
> 朝から今までやってきた瞑想を繰り返しています。
> 今日はとくに妄想がものすごい勢いで出ます。

問題ありません。
職場復帰を前にして、不安や妄想がたくさん出るのは当然の事です。
むしろ自然です。

私達がスポーツをする時に、心臓の鼓動が早くなるのと同じように、
不安や妄想が出るのは、生体の自然現象です。

それらと闘おうとか、排除しなくてよいですから
「それらと共に」職場に出社します。

ただ、それらに対する「関わり方」は
カウンセリングで勉強しました心理技術で行ってください。


> 瞑想一本で復帰してやると思っていましたが、不安になり、さっき病院で薬を貰ってきました。
> 不安に負けたような気がして無念でした。

不安というものは「無色透明で本来無害」です。
そこに勝手な思考や感情(妄想)を入れますと白や黒になります。


> 帰って先生のブログを開いたらこの記事が載っていました。
> とても励まされました。
> ありがとうございます。
> 今日は松葉づえの力も借りて頑張りたいと思います。

薬は、まさに松葉づえ(補助)になります。
職場復帰に慣れるまでサポートになります。

そして職場に慣れてきましたら
心理技術一本でいけるよう、徐々にシフトしていきましょう。

何の問題もありません。
淡々と精進してまいりましょう。

病院も私もEさんを応援しております。




E
先生、無事に初日は復帰しました。
しかも久々に集中して気持ちよく仕事が出来て驚きました!!
朝起きてから会社に行くまでは、不安になりすぎて死ぬのではと思いました(真剣に)。
また、不安や妄想を無害化する技術、自分はまだ未熟だと思いました。
松葉づえが取れるようにこれからも精進します。



Re: Eさんへ 2
ショウセイ
> 先生、無事に初日は復帰しました。
> しかも久々に集中して気持ちよく仕事が出来て驚きました!!

おお!グッジョブです!素晴らしい!
よかったですね!!

> 朝起きてから会社に行くまでは、不安になりすぎて死ぬのではと思いました(真剣に)。
> また、不安や妄想を無害化する技術、自分はまだ未熟だと思いました。
> 松葉づえが取れるようにこれからも精進します。

はい。職場に完全に慣れるまでは松葉づえ(薬)と
心理療法の二刀流でいきましょう。

それでは精進を続けてまいりましょう(合掌)
職場復帰おめでとうございますi-260


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
先生、今日から職場復帰です。
朝から今までやってきた瞑想を繰り返しています。
今日はとくに妄想がものすごい勢いで出ます。
瞑想一本で復帰してやると思っていましたが、不安になり、さっき病院で薬を貰ってきました。
不安に負けたような気がして無念でした。
帰って先生のブログを開いたらこの記事が載っていました。
とても励まされました。
ありがとうございます。
今日は松葉づえの力も借りて頑張りたいと思います。
2013/09/05(Thu) 12:12 | URL  | E #-[ 編集]
Re: Eさんへ
> 先生、今日から職場復帰です。
> 朝から今までやってきた瞑想を繰り返しています。
> 今日はとくに妄想がものすごい勢いで出ます。

問題ありません。
職場復帰を前にして、不安や妄想がたくさん出るのは当然の事です。
むしろ自然です。

私達がスポーツをする時に、心臓の鼓動が早くなるのと同じように、
不安や妄想が出るのは、生体の自然現象です。

それらと闘おうとか、排除しなくてよいですから
「それらと共に」職場に出社します。

ただ、それらに対する「関わり方」は
カウンセリングで勉強しました心理技術で行ってください。


> 瞑想一本で復帰してやると思っていましたが、不安になり、さっき病院で薬を貰ってきました。
> 不安に負けたような気がして無念でした。

不安というものは「無色透明で本来無害」です。
そこに勝手な思考や感情(妄想)を入れますと白や黒になります。


> 帰って先生のブログを開いたらこの記事が載っていました。
> とても励まされました。
> ありがとうございます。
> 今日は松葉づえの力も借りて頑張りたいと思います。

薬は、まさに松葉づえ(補助)になります。
職場復帰に慣れるまでサポートになります。

そして職場に慣れてきましたら
心理技術一本でいけるよう、徐々にシフトしていきましょう。

何の問題もありません。
淡々と精進してまいりましょう。

病院も私もEさんを応援しております。

2013/09/05(Thu) 19:09 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
先生、無事に初日は復帰しました。
しかも久々に集中して気持ちよく仕事が出来て驚きました!!
朝起きてから会社に行くまでは、不安になりすぎて死ぬのではと思いました(真剣に)。
また、不安や妄想を無害化する技術、自分はまだ未熟だと思いました。
松葉づえが取れるようにこれからも精進します。

2013/09/06(Fri) 01:42 | URL  | E #-[ 編集]
Re: Eさんへ 2
> 先生、無事に初日は復帰しました。
> しかも久々に集中して気持ちよく仕事が出来て驚きました!!

おお!グッジョブです!素晴らしい!
よかったですね!!

> 朝起きてから会社に行くまでは、不安になりすぎて死ぬのではと思いました(真剣に)。
> また、不安や妄想を無害化する技術、自分はまだ未熟だと思いました。
> 松葉づえが取れるようにこれからも精進します。

はい。職場に完全に慣れるまでは松葉づえ(薬)と
心理療法の二刀流でいきましょう。

それでは精進を続けてまいりましょう(合掌)
職場復帰おめでとうございますi-260
2013/09/06(Fri) 13:54 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/06(Fri) 20:19 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック