マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「伝統的なマインドフルネス(仏式瞑想)がなぜ安全か?」
~事実唯真~


世には危険な瞑想がたくさんあります。

例えば、
・何か空想上のものを思い浮かべて
一体化するイメージをしたり、

・頭頂部から穴が開いていて、
そこで深呼吸するイメージをしたり、
また体の各部位で深呼吸をするイメージをしたり、
(この類は欧米式のマインドフルネスに多い)

・心に浮かんだ概念に執着して
マーキングしたり・・・

こういったような
危険な瞑想がたくさんあります。


こういった類のものを必死でやればやるほど、
脳が「事実と妄想の区別」がつかなくなっていき
誤作動を起こしやすくなっていくかと思います。

上記の例で言いますと、
本当に頭蓋骨に穴が開いていて
呼吸しているのでしょうか?

それは事実と妄想がごちゃ混ぜになっていて
脳の情報処理が余計大変になります。


妄想上のものと一体化しようと頑張れば頑張るほど、
脳がその妄想上のものを事実と「誤認」しやすくなり
おかしくなっていきます。
*こういった類の瞑想で、おかしくなった状態を
「瞑想病」といいます。

世の中こういった
「危ない瞑想」を指導しているところもたくさんあります。



・・・対して、
(欧米式とは違う伝統的な)マインドフルネス仏式瞑想や森田療法は、
~「事実唯真」~


「事実のみ」を観ていきます。


「事実」と「妄想(空想)」の
仕分け作業をしていきます。

マインドフルネス瞑想は
「事実と妄想」「現実と夢(白昼夢)」・・
しっかり区別がついています。


ゆえに事実情報感情の情報処理が早くなり
頭がよくなっていきます。

幻想や夢見がちの脳から目が覚めて、
現実的な具体策を打っていく脳が育っていきます。


落ち込み・塞ぎ込み
「あぁダメだ・・神様助けて・・・」などと
非現実的な妄想にすがりません。
(実際、神様は助けてくれませんね)

現実的な、地に足の着いた
具体策を打っていきます。


事実情報のみ
淡々と処理していくから安全です。

事実と妄想をごちゃ混ぜにして、
「さも事実のように」脳で処理しようとすると
余計心の問題が複雑になっていきます。


仏教学の視点では
心の病の大きな要因の一つは「妄想」にあります。

また現代心理学では
事実と妄想(勝手な思い込みなど)がごちゃ混ぜになって
思考(視点)が歪んでいることを「認知の歪み」といいます。


この「認知の歪み(モノのとらえ方)」から
日々、様々な
「溜め込まなくてもよい余計なストレス」を溜めこみます。

意識、無意識2


そして個人個人の脳の、
ストレスに耐えられるレッドゾーンを超え
脳が異常になった状態が
「脳の病気=うつ病など心の病です」



うつ病は脳の病気だから・・・と
思考停止するのではなく


脳の病気に至る「プロセス」を考察し
修正していかないと


いつまで経っても、
いくら抗うつ薬を飲んでも・・

残念ながら、うつ病は治りません。


具体策(ただしオカルトではなく心理学的理論に適ったもの)を打って行けば
具体的な答えが出てきます。

具体的に動けば
具体的な答えが出ます。


現代人は知識は豊富ですが、
動かないから答えが出ません。

禅の世界では
「不立文字」(ふりゅうもんじ)といいます。

最終的には日々の体験(身体)での学習が
必要ということですね。


一発逆転、ご都合主義の
「(神がかり的な)奇跡」を求めるのを止めると、
うつ病は治っていきます。

現実的、心理学(科学)的理論に適った訓練を
日々コツコツ淡々と行っていきますとよくなっていく。。
当たり前の事ですね。


日々コツコツ淡々と・・・が出来ない人が
「奇跡」を求めます。

その「深層心理」は
ご都合主義で、楽して(ズルして)治したいからです。
心や脳をインスタント(即席)ラーメンのように、
勘違いされている方が多いかと思います。

・・・そして、そういった人達は
奇跡?や〇〇日で鬱病が治る!を謳う業者や宗教に騙されます。


また
「意欲があるから行動するのではなく、
行動するから意欲が出る」
ものかと思います。

うつ病の方々が
まるで神のように待ち望んでいる
「意欲と気分」は
犬のしっぽみたいに後からついてきます。


それでも
「うつ病だから意欲が出ない!」と言われる方は、

抗うつ薬で物理的な力を「一時的に」借りつつ、
心理療法に繋げるという手もあります。



当カウンセリング・心理療法の詳しい説明

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/08/27 06:36】 | マインドフルネス心理療法とは?     (理論編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック