マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
人はとかく
闇の部分から目をそむけます。

そして偽善的な性善説を使い
建前の世界ばかりみようとします。

(こういった「メサイアコンプレックス的」な視野の狭い人は、
カウンセラーやおかしな宗教団体の人に多い)

*ちなみに善人っぽく振る舞っている人ほど
潜在意識の中で、未処理な「大きな影」を抑圧しているケースが多い。


しかし、いくら都合よく闇から目をそむけたとしても
この世に生きる限り
人の汚さ、醜さ、あさましさ・・・など100%遭遇します。
逃れる事はできません。
イヤでも見せつけられます。


「偏った性善説を盲信」していますと
こういったことに遭遇した時、
極度のストレス状態になり、様々な心理症状がでます。


しかし、仏教瞑想を志す者は
人の「悪なる部分」もよく了解しておりますので、


そういったことに遭遇した時(確かにイヤですが)
それほど動揺しません。


逆に、人の親切な優しい部分。
仏な部分もあるのも事実。

仏教瞑想を志す者は
人の「善なる部分」もよく了解しており
冷静に観れておりますので、


そういったことに遭遇した時(うれしいですが)
極度に渇愛を燃やしません。

*(もっと親切をちょうだい的、
いわゆるクレクレの人にはなりません)


善と悪。生と死。陰と陽。光と闇。。
どちらかに絶対的な価値・評価を与えず
なるべく平等に観ずること。どちらも事実。
どちらも目をそむけず、ちゃんと観る。

仏道では「平等性智」(びょうどうしょうち)といいます。

マインドフルネス仏式瞑想や
禅を熱心に行っておりますと
自然に開眼していきます。


もちろん私達俗人は
出家僧じゃないんですから、

完璧に平等に観れませんが
「なるべく」平等性智で結構です。
「なるべく」の立場でOKかと思います。

それだけでも
心の苦しみは軽減していきます。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

【2013/08/04 16:21】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 名無しさんへ
ショウセイ
いえいえ。どなたか存じあげませんが、
あやまらなくていいです。

自分の心に客観的に気付いているだけで、あなたはとても貴いです。

私達、俗人は分かっちゃいるけどやってしまいます。
でも、客観的に気付いていることが煩悩にブレーキをかけます。

自分の心と身体の状態に、客観的に気づいていることが仏の目です。
仏道では「sati」(サティ)といいます。

コメントありがとうございました。
あなた様がお幸せでありますように(合掌)



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/08/10(Sat) 20:26 |   |  #[ 編集]
Re: 名無しさんへ
いえいえ。どなたか存じあげませんが、
あやまらなくていいです。

自分の心に客観的に気付いているだけで、あなたはとても貴いです。

私達、俗人は分かっちゃいるけどやってしまいます。
でも、客観的に気付いていることが煩悩にブレーキをかけます。

自分の心と身体の状態に、客観的に気づいていることが仏の目です。
仏道では「sati」(サティ)といいます。

コメントありがとうございました。
あなた様がお幸せでありますように(合掌)

2013/08/10(Sat) 22:40 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック