マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ病・神経症(不安障害)・・・

病院・公的なカウンセラーの限界と
「私塾カウンセラー」の可能性

~うつ病版、松下村塾~


松下村塾(しょうかそんじゅく)・・・
「幕末の金八先生」こと
かの有名な吉田松陰先生。

吉田松陰

この小さな田舎の私塾から
伊藤博文、久坂玄瑞、高杉晋作、山縣有朋などなど・・・

そうそうたる烈士を世に輩出しました。

----------------------------------------

さて、現代うつ病は
国民の五大疾病の一つに組み込まれ

かつ難治性であるため、
患者さん達が非常に困っております。

病院や公的なカウンセラーにかかっても
方法論があまりにも保守的、脆弱な理論で
役に立たないものが多いかと思います。
(患者経験が豊富な方は、よく分かるかと思います)

もちろん公的なものや
大きな組織になれば、こういった現象は「やむをえません」
立場はよく分かります。


対して私達のような
私塾的(個人)カウンセラーは、
「形骸化され、融通の利かない」公的なものとは違い、

最新の心理療法、最新の理論、
斬新な方法論を駆使し

病院の3分面談、流れ作業と違い
「個人個人に長時間じっくり向き合い対応できる」
フットワークの軽さがあります。



幕末に例えるなら
形骸化され、役に立たない徳川幕府軍とは違い、

うつ病に対し、最新の理論と武装で対応できる
高杉晋作の「奇兵隊」のような戦術が可能である。


混迷の社会情勢の中
心の病も「私塾」の力が必要です。
*ちなみに幕末。こういった「私塾」の力が無ければ
明治維新はありませんでした。

うつ病に対し
病院や公的なものは「閉鎖的・鎖国的」でありますが、
「私塾」は開かれている。

組織に縛られないので
様々な方法論を柔軟に取り入れる事が可能です。


当カウンセリングは
クライエントさんが増えてきましたので
今後「うつ病・神経症版、松下村塾」を目指し、

松下村塾

名古屋市内の公共交通機関・車での利便性のよい場所に
借家を借り、マインドフルネス道場&カウンセリングルーム、
合宿も可能な施設を設けようと画策しております。

そして、松下村塾から
様々な、うつ病烈士&ハンサムウーマンが
生まれる事を望んでおります。


うつ病など心の病の方々は、
マインドフルネス&森田療法
「寛解ではなく克服」しますと
様々な才能を開花される方もみえます。

心の病の方々は克服しますと
一般健常者より素晴らしい才能を発揮します。


まさしく社会の原動力は
うつ病患者さんが作っていきます。

これほど心優しく、内省的、哲学的、物事を深く考え抜く
優秀な人間は、うつ・神経症気質の人しかいません。

うつ病、神経症患者さん達は、
素晴らしい可能性を秘めた
ダイヤモンドの原石のようなものです。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/07/31 05:45】 | 元患者の視点
トラックバック(0) |


凛子
山中先生 こんばんは(*^^*)

このブログを読むのを、毎回楽しみにしています。

幕府動乱期の松下村塾は、村人や藩から危険な集団扱いだったようですね。松陰先生のカリスマ性は、幕府までも脅かしましたよね〜

現代版のメンタル松下村塾…
松陰先生が門下生達とガチンコで向き合い、共に学んで来たスタイルと、心が弱ってしまった人達にガチンコで熱血で向き合う山中先生のキャラが被って見えます(笑)

山中村塾☆が実現するのを楽しみにしています。頑張ってくださいね!
私も門下生になれる様に、頑張るので「坐りましょう」のご指導をまたよろしくお願いします(*^^*)



Re: 凛子さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> このブログを読むのを、毎回楽しみにしています。

ありがとうございます。

> 松陰先生のカリスマ性は、幕府までも脅かしましたよね〜

松陰先生カッコいいですよね。
教師の鑑です。


> 現代版のメンタル松下村塾…
> 松陰先生が門下生達とガチンコで向き合い、共に学んで来たスタイルと、心が弱ってしまった人達にガチンコで熱血で向き合う山中先生のキャラが被って見えます(笑)


松陰先生は少し熱すぎましたね~。
当カウンセリングは、もう少し穏やかに楽しく行っております。

ただ、病院の3分流れ作業的診察や、
30~50分の事務的な傾聴カウンセリングでは何も変わりません。
心の病というものは、それでよくなるほど甘くはありません。
(こういったことは実際、心の病経験者しか分からない境地かもしれませんね)

そういった幕末の徳川幕府軍のような、
あまりにも保守的で形骸化されたものを
打破しないとクライエントさん達は永久に救われません。


> 山中村塾☆が実現するのを楽しみにしています。頑張ってくださいね!


ありがとうございます。
今は施設が限定されていて、直接講義の時間が限定されており
皆様にご迷惑をかけております。

そのため、スカイプ・電話・メールなど通信カウンセリングが多いですが、
皆様に直接お会いしたく思います。


> 私も門下生になれる様に、頑張るので「坐りましょう」のご指導をまたよろしくお願いします(*^^*)


いえいえ。こちらこそよろしくお願いします。
精進を続けてまいりましょうねi-260



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
山中先生 こんばんは(*^^*)

このブログを読むのを、毎回楽しみにしています。

幕府動乱期の松下村塾は、村人や藩から危険な集団扱いだったようですね。松陰先生のカリスマ性は、幕府までも脅かしましたよね〜

現代版のメンタル松下村塾…
松陰先生が門下生達とガチンコで向き合い、共に学んで来たスタイルと、心が弱ってしまった人達にガチンコで熱血で向き合う山中先生のキャラが被って見えます(笑)

山中村塾☆が実現するのを楽しみにしています。頑張ってくださいね!
私も門下生になれる様に、頑張るので「坐りましょう」のご指導をまたよろしくお願いします(*^^*)

2013/07/31(Wed) 22:22 | URL  | 凛子 #-[ 編集]
Re: 凛子さんへ
コメントありがとうございます。

> このブログを読むのを、毎回楽しみにしています。

ありがとうございます。

> 松陰先生のカリスマ性は、幕府までも脅かしましたよね〜

松陰先生カッコいいですよね。
教師の鑑です。


> 現代版のメンタル松下村塾…
> 松陰先生が門下生達とガチンコで向き合い、共に学んで来たスタイルと、心が弱ってしまった人達にガチンコで熱血で向き合う山中先生のキャラが被って見えます(笑)


松陰先生は少し熱すぎましたね~。
当カウンセリングは、もう少し穏やかに楽しく行っております。

ただ、病院の3分流れ作業的診察や、
30~50分の事務的な傾聴カウンセリングでは何も変わりません。
心の病というものは、それでよくなるほど甘くはありません。
(こういったことは実際、心の病経験者しか分からない境地かもしれませんね)

そういった幕末の徳川幕府軍のような、
あまりにも保守的で形骸化されたものを
打破しないとクライエントさん達は永久に救われません。


> 山中村塾☆が実現するのを楽しみにしています。頑張ってくださいね!


ありがとうございます。
今は施設が限定されていて、直接講義の時間が限定されており
皆様にご迷惑をかけております。

そのため、スカイプ・電話・メールなど通信カウンセリングが多いですが、
皆様に直接お会いしたく思います。


> 私も門下生になれる様に、頑張るので「坐りましょう」のご指導をまたよろしくお願いします(*^^*)


いえいえ。こちらこそよろしくお願いします。
精進を続けてまいりましょうねi-260

2013/08/01(Thu) 08:23 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック