マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
近ごろ、薬物療法を悪く書きすぎていますので
フォローを入れます。

たとえば
心理療法生活をしていて
何ともならないほど、身体がだるく、面倒くさく、
心理療法をやる気もしない・・・


そんな時「心理療法への繋ぎ技」として
薬物療法は非常によいと思います。

薬物療法・・物理的な力で
一旦モチベーションを上げ、
心理療法に繋ぎますと、

とても心理療法が身に付きます。


ですが薬物療法は、
「あくまで心理療法への繋ぎ技」です。

薬物療法単体では、
うつ病は根治には至りません。

よくいって薬により脳がハイテンションになり
「良くなったと錯覚」した「寛解」という状態です。
↓(寛解は克服ではありません)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-24.html


薬物療法は、心理療法に比べ「いくぶん即効性」があります。
即効性はあるが根治には至らない「対症(たいしょう)療法」

永遠にこれで
「ごまかし続ける」やり方もアリかと思います。

決められた時間に、薬を飲むだけで楽です。
心理療法のように努力も要りません。

何を選択しようが自己責任の上、個人の自由です。
否定はしません。

一生抗うつ薬を飲みたければ、
それもアリかと思います。


こんな図式ですね。


・薬物療法=即効性はあるが根治にはならない。「対症療法」

・心理療法=中・長期的に緩やかに変わってきます。
少し努力が要りますが、根治に至る「根治療法」



大切なのは、
薬物療法と心理療法の長所を活かすこと。
いいとこ取り、合わせ技(併用)がオススメかと思います。


薬物療法で「現在の辛さ」に対応しつつ、
水面下で心理療法により
「根治」に向けた作業をしていく。



私も昔、うつ病患者時代、
どうしてもモチベーションが上がらないとき
「方便として」抗うつ薬を飲みながら心理療法を行いました。

そして、心理療法一本でいける自信が出てきましたら
徐々に断薬すればよいだけの事です。
*(尚、投薬・断薬に関しましては
必ず医師の指示に従ってください)

大丈夫です、焦らず行きましょう


歩くのを止めなければ
必ずゴールにたどり着きます。

ただ、たどり着くのが
「早いか遅いか」だけの事。

ゴールにたどり着くという結果は同じ。

だから焦る必要はありません。




当カウンセリング・心理療法の詳しい説明

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/07/20 05:00】 | うつ病・神経症(不安障害)「薬物療法の視点」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック