マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
まず、うつ病が治る人の特徴。
それは「へそ曲り」であること。



逆に、うつ病が治りにくい人
純粋まっすぐキラキラしている人。

それは、例をあげますと

病院で医師から
「うつ病は頑張らなくていいから、
ずっと薬を飲んで休んでいてください」
・・と言われたら、

「はい!分かりました!医師(神)の言う事に従います!」・・・と

それを何の疑いもなく鵜呑みにし、
純粋に医師の言うとおりに、
何年何十年・・薬を飲み続け、休み続ける人。。


こういった心理パターンの人は、
うつ病が治りにくいかと思います。


ま、よくいって「寛解」(かんかい)です。
↓(寛解は「克服」ではありません)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-24.html


*「注意」:(身体の疾患は、医師を信頼し身をゆだねますが、
心の病は目に見えぬ精神的なもの。とらえ方が違います。
身体の疾患と同じノリで行いますと治りません


また余談ですが、
こういった心理パターンの人は、おかしな宗教や
霊感商法にハマりやすい。困った人たち。
そして一度ハマるとズルズルと
惰性でハマり続ける傾向性のある人達です。

こういった(純粋な?)人達が、正義の名のもとに
霊感商法、しつこい勧誘など・・・

純粋な心?で社会に迷惑をかけるタチの悪い人達です。
自分の正義を疑う勇気のない人達。
*おかしな宗教団体に、こういった人が多いでしょう?


話は戻りますが、

では、逆にうつ病から上手に回復し
社会復帰を勝ち取られる方は、

正しい「へそ曲り」の方が多い。
そういった人は、心の片隅にこういった視点を持っています。

-----------------------------------------

私は今まで5年間、
言われた通り、あらゆる抗うつ薬を飲み続けたが
「治っていない、よくなる兆しすらない」という
科学的結果が出ているのに、
なぜ医師はやり方を変えようとせず
大量の精神薬を出し続けるのでしょうか??
本当に薬しか「策」はないんですか?

世間では、うつ病は永久に治らない、
だから抗うつ薬を一生飲み続けろ・・というが、
それ本当なんでしょうか・・・?

うつ病が頑張らなくてよいのならば、
何十年、本当に頑張らず、薬を飲み続け、
引きこもっている方が、治っていないのはなぜでしょうか?

------------------------------------------

などなど・・・
こういった視点が「へそ曲がり」的、発想法です。

へそを曲げれば
「世の真の姿がよくみえる」


へそを曲げれば
「自分の心で起こっている病理がよくみえる」



ですので、
うちのカウンセリングにいらっしゃる時は、
是非「へそを曲げてきてから」いらしてください。


もし、へそが曲がっていなければ
直ちにへそを曲げてください。
(ただし社会常識の範囲内で)


臨済宗の禅僧「一休禅師」は
「へそ曲がりの達人」でした。

一休さん

長年の鬱病に困っている方は
「一休イズム」で行きましょう。
きっと答えがみつかるから。

うつ病に対し、とるべき方法論、
「進むべき本当の道」が見えてくると思います。



世にある絶対?という「とらわれ」を
一度ひっくり返してみましょう。

また精神科医(権威)の言う事も
鵜呑みにせず、一度「冷静に」ひっくり返してみましょう。

へそ曲がり道のススメ



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/07/11 07:43】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック