マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
今日は潜在意識(無意識)のお話をいたします。
よろしくお願いします。

私達は「意識している普段の自分」と
「意識できていない無意識の自分」がいます。


意識、無意識

たとえば、例をあげますと、

① 普段、あることに対しては
全く関心が無く、みたくもないけれど、

潜在意識(意識できないもう一人の自分)は、
実はそれに関して非常に関心があるが、
関わると心理的に危険なので

普段の意識の世界では、
「みたくない、関わりたくない、関心が無い」
という態度(サイン)を出して防衛していたり・・・


もう一つ例を出しますと、

② たとえば、ある有名人が普段
聖人君子を装っているが、テレビの中継で
思わずマズい失言がポロッと出てしまったケース。

意識の世界の聖人君子。
潜在意識下では腹黒い自分。

意識と無意識は「裏腹な関係」

意識、無意識3

無意識下の自分は、たまに顔を出したり、
普段の意識の世界に、たびたび「ちょっかい」を出します。



*他にもまだまだ例はありますが、
長くなりますのでこの辺にしておきます。


さて、この「意識できないもう一人の自分のこと」
ユング心理学(分析心理学)では「ナンバー2の自分」
「影元型(シャドー)」といいます。

この「意識できない部分の自分」のメッセージは
どうすれば読み取れるのでしょうか?


A、 まず心理カウンセラーなどを媒介とさせ、
対話の中で、潜在意識のシャドーの存在に気付いてもらう。

B、 マインドフルネスや坐禅など仏教瞑想で、
潜在意識のメッセージを自分で解析・解決する能力を高める。



これらの事を心理学(主に精神分析学)では
「無意識の意識化」といいます。



当カウンセリングでは、この二つの方法をとります。
究極的には「B」が最強の方法論です。


なぜかって?


カウンセラーは
24時間あなたのそばにはいませんからね。

やはり普段の生活で、
自分を何とかするのは「最終的には自分」です。
「自分が最強のカウンセラー」ですから。


カウンセラーは優しいですが、しょせん他人です。
「自分の人生は自分の足で歩くこと」です。

当カウンセリングで行動療法を推奨しているのは
そういった「ねらい」です。

心理療法(マインドフルネス、森田療法など)という「ツール」を使って
自分の人生を自分の足で歩きます。

----------------------------------------------------

お釈迦さま曰く 『他に頼らず、自分を拠りどころとし、
法(仏式瞑想法→マインドフルネスや禅)を拠りどころとして生きなさい』
(自灯明、法灯明:涅槃経より)

----------------------------------------------------


この「無意識の意識化」という心理作業が
「脳にどんなよい影響を与えるか」は、
長くなりますのでカウンセリング・講義にて一緒にお勉強します。


心理学的な「ねらい」は
ここでお話ししておきます。

この「無意識の意識化」は、
潜在意識のもう一人の自分の存在、メッセージに気付くこと。


冒頭の「②の例」は
別に悪い事ではありません。
(有名人は社会的影響力を考えマズイですが)

人間は完璧なる聖者はいません。
善と悪が一緒で「人間」です。


ただ問題は潜在意識に「必ず誰しもある」
自分の悪なる部分(煩悩)に
「客観的に気付いているか。そうでないか」です。

悪(煩悩)はあっていい。
しかしそれを客観的に分かっていますと
管理がききます。

悪が暴走しそうなとき、ブレーキがかかります。


そういった自分の中に誰しもある「悪(煩悩)」に
全く気付いていない人は、
よくおかしな宗教にいがちな「偽善者」です。

自分の中の「善」という
一部分しか見えていない視野の狭い人達。

これを偽善者といいます。
(こういった人達はカウンセラーにも多い)

こういった人達は一番危険です。
善人の皮をかぶった猛獣(ケダモノ)と同じ。

正義の名のもとに、しつこい勧誘、霊感商法など・・・
一番タチの悪い人達です。


自分の中の「悪」を
冷静に客観視でき

分かっていれば、善と悪が融合し
心の病が治ってきます。

taikyokuzu.jpg

陰と陽の融合が始まります。
(セルフ元型)

ユング心理学では、これを「個性化」といいます。
~本当の自分らしさ~

仏道では「合掌」が、そのシンボルです


・・・すると別に「いい人」にならなくてよい。
いい人を「演じている人」は非常に嘘くさい。

私達俗人レベルでは、
優しさを兼ね備えた「ちょい悪(ワル)」くらいで
ちょうどよいかと思います。


今日は久しぶりに
ユング心理学(分析心理学)の視点からのお話でした。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

【2013/07/03 04:41】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントRさんへ
ショウセイ
とても優しいお気遣いありがとうございます。
Rさんも頑張ってくださいねi-260
応援しております。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/04(Thu) 19:56 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントRさんへ
とても優しいお気遣いありがとうございます。
Rさんも頑張ってくださいねi-260
応援しております。
2013/07/04(Thu) 20:13 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック