マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)

有漏路(うろじ)より

無漏路(むろじ)に帰る

一休(ひとやすみ)

雨降らば降れ

風吹かば吹け


---------------------


これは有名な
一休(宗純)禅師の句です。

一休さん

様々な解釈がありますが、

今回は、私個人の勝手な解釈で語ってまいりますので、
ご了承くださいませ(合掌)


さて、
私達の心身は科学的に言いますと
「素粒子のあぶくの集合体」です。

それらは、地球を構成する要素を使って出来ている
「仮の姿」
です。

仏教学では
「五蘊の仮和合」(ごうんのけわごう)といいます。


あなたも私も一見
「今」変わっていないように見えますが

生理学的に言いますと、
私達の細胞は24時間サイクルで2000億~3000億
死んで生まれ変わります。


さらに、もっと極小の素粒子レベルでは
ものすごい速さで変滅しております。

見えないですが
実は、私達はものすごい速さで変化しているという
科学的事実の中にいます。

そして一日一日、崩壊に向かっています。


これが

「有漏路(うろじ)より
無漏路(むろじ)に帰る」

・・・かと思います。


「有(生)」から「無(死)」の世界への
旅の途中なんですね。

一休さんは、この旅を
「一休み・・」と言われました(ご自身の名前にちなんで・・)


有から無への科学的過程は
私達(我:が)の力で、どうしようもできない。

だったら
「雨降らば降れ
風吹かば吹け」

・・・どうにでもなれ
という事です。

(非常に森田療法的ですね。
森田療法では、これを「恐怖突入」といいます)


なるべく自然法則に身をゆだねる

全ては移り変わる・・・という
諸行無常の法則に身をゆだねる



日々の仏式瞑想(マインドフルネスや坐禅)の
お稽古により

この状態が「頭の理屈」ではなく

身体に
細胞レベルに
遺伝子レベルに染み込み
理解できた時、

↓*(遺伝子レベルに染み込む・・とは?)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-830.html

うつ病・神経症(不安障害)の各種症状から
「真に解放」されます。



これは薬物療法では
決してたどり着けない境地


* ちなみに一休さんも青年の頃、
うつ病のような状態になり、自殺未遂をしております。
ある人の助言と、仏式瞑想の実践により、
心の苦しみを完全克服しました。


今日は一休禅師の句の解釈ですが

何度も重ねて申し上げますが
私個人の勝手な解釈ですので、ご了承くださいませ。

*実際の仏語では「有漏路」とは、
煩悩多き迷いの生、また迷いのこの世という意味です。
「無漏路」はその逆の意味。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2013/07/05 06:07】 | 色即是空 空即是色
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック