マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
たとえば巷でよくありがちな
「コテコテの西洋式哲学」に立脚したセラピーや心理療法、
また自己啓発訓練は
こんな感じではないでしょうか?


「自分は成功者だと強烈に思いこむ」
「お金持ちになって成功した自分をイメージし、それと一体化する」
「頭の中で成功している自己イメージをする!」
「気分のよい状態のみが良い人生。そういったイメージ訓練をする」
「もっともっと!何でも出来ているスーパーマンのような自己イメージ」など・・


・・・心の病の皆様は、
今まで、こういった西洋式哲学に立脚した考えに疲れ果て、
うつ病や神経症になったのではないでしょうか?



こういった、巷でよくあるセラピーを
真逆の立場である「東洋式哲学」の立場に基づいた
仏式カウンセリング・セラピーの視点から考察します。

まず上記のようなイメージが強烈であればあるほど、
逆に「心の病が悪くなります」



なぜなら、いくら上記のようなイメージをしたところで
「今、現実の自分はショボいからである」


つまり、そういったイメージは「事実情報」ではない。
脳が現実とウソの区別がつかなくなっていく。


これらのような弊害が生じるかもしれませんね。


① そういったイメージ訓練をすればするほど・・・
脳が事実情報を誤認し、「誤作動」を起こしやすくなり、
行きつく先は、日常の中で「うっかりミス」や
「仕事でのポカミス」が起こりやすくなるかと思います。

② また、上記のようなイメージは
事実情報ではない事を処理しようとしますから、
「脳の情報処理」に余計な負担がかかります。
「ウソは脳が情報処理するのに一番疲れます」

③ 冒頭のようなイメージをすることにより、
都合よくイヤな自分から目をそらし、逃げることが出来る。
(おかしな宗教のマントラや呪文もその典型ですね)
しかし、それは目をそらしただけで、問題は依然として「そこにある」
何の問題解決にもなっていない。
そのおかしな心理防衛を止めない限り、
ずっと問題は潜在意識にこびりつき、一生ついて回ります。

④ 冒頭のようなイメージを強くしていきますと、
心の病の根本原因「我(が)」がどんどん肥大し、
「自分は偉くなったと錯覚」します。

ですが・・現実の自分は、それほど大したことない。
理想と現実の、あまりにも乖離(かいり)したギャップに耐え切れず、
悶々とし、各種心理症状が出てきます。

また、頭の中の「万能の自己メージ」が捨てられず、
そんなくだらない「頭の中で捏造した」幻想の自分(我:自我)を守るため
おかしなプライドばっかり高くなり
毎日、無駄に精神的に疲れ果てます。


①~④により
ストレス脳になっていき、
ストレスの溜まりやすい方
心の病の方には、かえって悪影響」
かと思います。

こういったものの弊害について、
もっと深く切り込んで、心理学的に解説いたします。

また、こういった類のもので余計悪くなってしまった方に
「解決策」を提示していきます。


<続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2013/06/03 05:32】 | 自我(我)ってなあに?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック