マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
このサイトの読者の方々は、
「様々な病院、カウンセリング、セラピー、心理療法など遍歴し、
よくならなかった・・・という人が多いのではないでしょうか?」



そしてそういった方々は、

『気分を良くすることが良い人生・・』
『成功・うまくいく事のみが良い人生・・』

今までこういった立場、「西洋式哲学」に立脚した
セラピーやカウンセリングを
受けてきたのではないでしょうか?


*特にNLPなどはその典型ですね。


・・・さて、そういった類のもので、
本当に、うつ病や神経症から解放されましたか?

---------------------------------------

心理療法の世界で第3の波と呼ばれる、
「仏式(東洋式)カウンセリング、セラピーの視点」
(マインドフルネス、森田療法、ACT:アクセプタンス&コミットメントセラピー)



「様々な病院・カウンセリングなど遍歴してきた、
うつ病や神経症の方々が、なぜ当カウンセリングで止まるか・・・は」
(ただし、真剣にやられる方)

そもそもの間違いである
「気分がよい→ よい人生」という間違った観念を
修正していくからです。


うつ病や神経症の症状を強くするカラクリは

たとえば、朝起きて
「今日はうつがひどく、気分が悪い」(日内変動といいます)

そして「気分が悪い→ 悪いこと、悪い人生」と決めつけます。

その気分に対して
小手先のテクニックで、無理やり良くしようと「もがく・あがく」

すると、どんどん
「うつや神経症症状の底なし沼」にハマっていきます。
これが典型パターンですね。



しかし、気分というものは、良かろうが悪かろうが
それ自体、無色透明。


それに勝手に頭で捏造し、白や黒に染めて
「それこそが人生の価値だ!」と錯覚し、その観念に執着し

いつものように
体がだるくなる、イライラ、焦燥感、億劫になる、吐き気がするなどなど
心理症状が出てきます。


マインドフルネスや森田療法を実施していきますと、

「そもそも、その気分を何とかしよう・・という
執着が無くなっていきます」


なぜなら
気分というものは気象と同じ、自然現象。

今、外で降っている雨を止めよう、
変えようとしてできますか?

それを変えようとするのは滑稽なこと・・

という事を、当カウンセリングの学習で
知っているからです。


今日の気分がどうあろうと
どうでもよいこと。あまり関心はありません。


それよりも「今日、今、この瞬間、何をしようか」


うつ病のまたの名を「気分障害」
非常に的を射た名前ですね。

ずっと(一生?)その重い「気分とやら」に振り回され・・
何もできない、何もしない、動かない。。
うつや神経症の方々は、こんな感じではないでしょうか?

心理療法をしていかないと
大切な人生が台無しになっていきます。


マインドフルネスや森田療法を訓練していきますと、
「気分に振り回される人生が終わります」


人生の手かせ足かせが外れ、究極の自由になります。


-----------------------

気分がよかったら、よいがまま
気分が悪かったら、悪いがまま

雨でしたら、雨のまま
晴れでしたら、晴れのまま

あるがまま
生きていきます

-----------------------

気分が良い、悪いに絶対的価値をおき
気分が良い、悪いに「執着し」

そういったものを、
小手先のテクニックで「気分を良くしようと」

あの手この手で、悪あがきするセラピーで
心の病が「真の意味で」治らない理由はここですね。


気分や感情に対する「認識」を変えます。

「気分をコントロールしようと”もがく”のを止めると、
うつ病・神経症から回復していきます」



その「心理学的具体策」をトレーニングしていくのが
マインドフルネス、森田療法、ACT(アクセプタンス)

・・と呼ばれる、当カウンセリングで扱っている
第3世代の新しい認知行動療法です。
(旧来型の、古いタイプの認知行動療法:CBTとは違います)



日本の病院では、この第三世代の心理療法
扱える熟練の心理士やセラピストがいない事と、

日本の精神科の制度上、実施が難しいなど諸々の問題があり、
行える病院が無いのが現状です。


当カウンセラーも将来的に病院と提携できるとよいのですが、
現状は当カウンセリングルーム単独で行っております。

(ゆえに、知る人ぞ知る・・・的に
全国からクライエントさんが集まってきています)


ただこの特殊な心理療法の技術を、
日本の病院の枠組みに入れるのは
かなり智慧と工夫が必要です。


これは私の案ですが、この心理療法は
元々、仏教哲学から生まれたものですので

これを病院だけではなく、
全国の志ある「お寺」で実施できれば面白いのではないでしょうか?
寺院と仏教の活性化にもなりますね。

*病院(精神科・心療内科など)や、寺院関係者で
関心のある方、メールくだされば出張講義にまいります。

(当カウンセラーは特定の宗教団体や、
自己啓発団体とは一切関係ありません)



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/05/24 05:33】 | マインドフルネス心理療法とは?     (理論編)
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントNさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

そのテーマについて、機会があれば書こうと思います。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/24(Fri) 09:36 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントNさんへ
コメントありがとうございます。

そのテーマについて、機会があれば書こうと思います。

2013/05/26(Sun) 06:36 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック