マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
うつ病・神経症的な性格を
上手に料理する

~食材は使い方によって
おいしい食材になる~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



うつ病・神経症的な性格・・・

患者さんは、これを人格的欠点と
「思い込み」気に病んでしまいます。


しかし、

短所は裏を返せば
「長所」になります。


神経症やうつ的な人の
潜在意識下の

「普通の人より
強い生のエネルギー」

*執着性や、もっと
「よりよく生きたいがため」の
几帳面・真面目さなど。


これは、料理の仕方によって、
人生にとって
「おいしいレシピ」になります。


逆に料理の仕方を誤ると、

それは「生きづらさ」になり、
やがて自己破壊に向かいます。




さて、話は変わりますが、

私はピーマンが
苦いので嫌いです。


うつ・神経症は一見

「ピーマンのように
苦くマズイもの・・・」

のように思えますが、


ピーマンも
チンジャオロースにしてしまえば

「おいしい料理」になります。


苦いピーマンにより、
肉など
他の食材の味が引き立ちます。

逆にピーマンなき
チンジャオロースはあり得ない。


私も昔、患者時代、
自分の性格的特徴

「ピーマン(うつ・神経症的な性格)」が
大嫌いでしたが、

===============
今では
チンジャオロースにしてしまい、
おいしくいただいております。
===============


この性格
(几帳面・粘着性)が無ければ、
今の仕事ができない。

逆にピーマンなき
私の人生はありえない。





心の病。

何をもって健常で、
何をもって患者なのだろうか。


健常者でも
危なそうな人たくさんいます。

逆に心の病の方?でも
素晴らしい人たくさんいます。


ポイントは

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「その特徴により社会生活に
支障が出ているか、出ていないか」です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


うつ・神経症的な
気質・性格を持っていても

社会生活に
支障が無ければ「健常」です。




そこで、ピーマン
(うつ・神経症的な気質)の
具体的調理法が

マインドフルネス仏式瞑想・森田療法などの
「心理療法」です。



うつ・神経症(質)的気質


・普通の人には
気付かないところに気付く細やかな視点。

・天然の几帳面、
そして粘着性(粘り強さ)

などなど。


これらは、料理の仕方によって、

「普通の人より」
おいしい人生(食材)になります。

使い方によっては、
仕事のスキルにもなります。


ピーマン(うつ・神経症的な気質)は
人生を引き立てる。

ピーマン最高ですね。



うつ・神経症的な
気質、性格を

チンジャオロースにして
おいしく食べてしまいましょう。


マズいと思っていた、
うつ・神経症(質)的気質は、

料理の仕方(心理療法)によって
おいしい食材に変わります。


大切なのは、自身の性格・
気質の「活かし方」かと思います。







【2013/04/09 07:18】 | うつ病 「療養中の心得」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック