マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
マスコミと一部の病院が広めてしまった
おかしな概念。
「うつ病=頑張らない」

周囲のご家族の皆様も、これを鵜呑みにしてしまい、
「頑張れ」という言葉に気が引けてしまっています。



今回は、これについて考察していきます。

「元うつ病患者+現役心理士」の二段構えの視点

うつ病患者の深層心理のお話など・・
「ありきたりなマニュアル本には書いていない」
斬新な現場の視点で語ってまいります。


たとえば「いわゆる」うつ病マニュアル本に書いてある事が、
どうしても納得がいかない。

もしくはマニュアル通りやったが
回復の兆しもみえない方々は

今回の論説を参考にしていただき、
患者さんへの対応の一工夫になれば幸いかと思います。


さて、
うつ病の人に頑張れ・・を言わないのは、
正確に言いますと、

発症したてのどん底の「急性期」
また、薬物療法をはじめ2~4週間ほどで少し安定し、
窮地を脱した「回復期前期」・・そして、
1~3ヶ月くらい(個人差あり)の「回復期中期」くらいまでです。

この時期は、マスコミ等でよく言う、
うつ病=頑張らないで、本当に安静にしていてください。


しかし、それ以降「数ヵ月くらい」(個人差あり)して、
70~80%くらい落ち着いてきましたら(回復期後期)、
少しずつ方針を変えていきます。

この時期に「頑張らないでいい」と言い続けますと、
本当に頑張らないで、一日中寝て過ごしかねません。

また、もっと最悪なのは
こういった周りの人々の、過剰な配慮に安堵してしまって、依存状態になり
「いつまでも意図的に鬱病でいつづける」というケースもまれにあります。
(これを疾病利得といいます)


*ましてや「新型うつ病(ディスチミア親和型など)」に
「頑張らないでいい」なんか言ってしまいましたら大変な事になります。
↓(その理由は新型うつ病カテゴリーにて)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-34.html

新型うつ病は、当サイトで語っておりますが、
あれは鬱病というより、パーソナリティ障害の一種かと思います。

当然、治療法も対応の仕方も、
普通の鬱病と全く異なります。



・・話を普通のうつ病に戻します。

この大切な回復期後期に、
「頑張らないでいい・・」というノリを、愚直に続けてしまいますと、
ズルズルと・・うつ病、数年~数十年コースになりかねません。



もちろん、過剰で無意味な頑張りを
推奨している訳ではありません。


周囲の方々は
「”具体策を提示して”」
「少し頑張ってみようよ・・」
と背中を押してあげるのが
望ましい対応かと思います。

*ここで言う具体策とは、プロの心理カウンセラー・心理療法家の
心理学的理論に適ったプログラム。
自治体などが主催するリワークプログラム(復職訓練)
患者の会の参加などなど・・・
ケースバイケースですが、こういったもののススメ。


うつ病・神経症の方は、変なプライドが高いケースが多いので、
周囲の方々は、そこを刺激しないように「上手に」促してください。

(なぜうつ病の方が、変なプライドにしがみついているか?の心理は、
長くなりますので、またの機会に書きます。今回は割愛します)



さて次回は、うつ病患者の深層心理に焦点を当て
お話ししていきます。


<続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/05/19 08:52】 | うつ病 「総論」
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


Re: ダニーさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> 私もうつ状態になった事が過去にありますが、
> その時期はどうしても頑張れなかったですね。
> うつに関しての理解もあまりない時代でしたが、
> 自然と時間が解決してくれたように思います。

なるほど。そうでございましたか。
お辛い事があったんですね。

まず「うつ状態」と「うつ」は全く違います。
うつ状態は、仰るように時間と共に自然に解決していきますね。
これはむしろ健全です。
多少のうつ状態と、多少の躁状態は人生を豊かにします。

しかし問題は、うつ「病」です。
これは適切な心理学・精神医学的「策」を打って行かないと、
解決しない状態です。

そして仰るように、頑張れない状態の時に、
「頑張らない方がよい時期なのか(急性期、回復期前期など)」

頑張れない時期に、心理学的理論を使い、人生のスイッチを切り替え
「頑張った方がよい時期なのか(回復期後期以降)」
その見極めが大切かと思います。

そこの見極めをしっかりしていかないと、
うつ病をズルズルと何年、何十年引っ張ってしまいます。

そこの見極めは、専門家(精神科医・心理カウンセラー・心理療法家など)に
介入してもらった方がよいかと思います。

このように「うつ状態」は放っておいてもよくなりますが、
「うつ病」は専門家の介入が必要という事です。


> 人の気持ちを理解できるという点では、
> なっておいて良かったかもしれません。

全くその通りですね。
うつは人間性を豊かにすることもありますね。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/05/21(Tue) 20:37 |   |  #[ 編集]
Re: ダニーさんへ
コメントありがとうございます。

> 私もうつ状態になった事が過去にありますが、
> その時期はどうしても頑張れなかったですね。
> うつに関しての理解もあまりない時代でしたが、
> 自然と時間が解決してくれたように思います。

なるほど。そうでございましたか。
お辛い事があったんですね。

まず「うつ状態」と「うつ」は全く違います。
うつ状態は、仰るように時間と共に自然に解決していきますね。
これはむしろ健全です。
多少のうつ状態と、多少の躁状態は人生を豊かにします。

しかし問題は、うつ「病」です。
これは適切な心理学・精神医学的「策」を打って行かないと、
解決しない状態です。

そして仰るように、頑張れない状態の時に、
「頑張らない方がよい時期なのか(急性期、回復期前期など)」

頑張れない時期に、心理学的理論を使い、人生のスイッチを切り替え
「頑張った方がよい時期なのか(回復期後期以降)」
その見極めが大切かと思います。

そこの見極めをしっかりしていかないと、
うつ病をズルズルと何年、何十年引っ張ってしまいます。

そこの見極めは、専門家(精神科医・心理カウンセラー・心理療法家など)に
介入してもらった方がよいかと思います。

このように「うつ状態」は放っておいてもよくなりますが、
「うつ病」は専門家の介入が必要という事です。


> 人の気持ちを理解できるという点では、
> なっておいて良かったかもしれません。

全くその通りですね。
うつは人間性を豊かにすることもありますね。

2013/05/22(Wed) 05:05 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック