マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
よいお天気が続きますね。

そして徐々に暖かくなってきました。
春の予感です。
気持ちがよいですね。

・・・ですが、必ずいつか
天候は崩れ雨が降ります。
ひどい天気が訪れます。


ちょっ・・山中先生・・・
いきなり、そんな夢も希望もない事を・・・

でも、これは「事実」でしょう。


逆に、大雨が降っていても、
必ずいつか穏やかな晴れがやってきます。

嵐がきて、吹雪がきて、晴れがきて・・・

気象は移り変わっています。
全ては「諸行無常」

自然現象ですね。


私達の心も気象と同じ「自然現象」です。

鬱の日もあれば、元気な日があり、
穏やかな日もあれば、不安な日もあります。


出てしまった気分や感情は、自然現象なので、
私達の力ではどうすることもできません。

しかし、うつや神経症の方々は
その自然現象を「自我(我)」の力で
何とかしようとします。


それはまるで、今、大雨が降っていて
外に出て「デヤーッ」と気合で
雨を止めようとしているようなもの。

非常に滑稽ですね。
止まるわけがありません。



大切なのは大雨の中
「いかにして過ごすか」です。

大雨の中「いかにして過ごすか」
日照りの中「いかにして過ごすか」
穏やかな晴れの日「いかにして過ごすか」
・・・です。


うつや神経症の方は
心の気象の移り変わりに「執着」し、

いちいち一喜一憂し、「気分に」毎日振り回されます。

仏教学、森田療法、
坐禅、マインドフルネス瞑想を行っている人は
心の気象がどんな状態であろうと、
それに「とらわれ」一喜一憂することなく


雨の日は雨を過ごし
晴れの日は晴れを過ごし

鬱の日は鬱のまま
元気な日は元気のまま

あるがまま


「ただ」毎日を過ごします。

もう、うつ病や神経症に対する
とらわれも存在せず

心の気象がどんな状態であろうと

「ただ」仕事をして、家事をして、
友人と会食して、勉強して・・毎日を過ごします。
日日是好日。


森田療法の森田正馬さんの言葉で
こんな言葉があります。

「自然に服従し、境遇に従順なれ」


こんな毎日を送っていますと

「我(が)」が、ちょっぴり緩んできて、
生きるのが楽になってきますよ

そして、いつしか・・・
気がつけば・・うつ病や神経症症状は
消えている事に気づくでしょう。


それが、
寛解ではなく「真の克服」

それは、
薬物療法では到達できない境地


心理カウンセラー
山中紹聖


当カウンセリング・心理療法の詳しい説明

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html

ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/03/15 07:03】 | 神経症(不安障害) 「克服のヒント」
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


Re: 山梨さんへ
ショウセイ
山梨さんのオープンコメントに
メールアドレスが入っていましたので、
オンライン上、個人情報保護のためコメント非表示にいたします。
ご了承ください。

> 山中先生に質問です。
> このトピとは無関係ですが、一人でマインドフルネスをすると潜在意識に押し込めたモヤモヤがはっきりするとおっしゃっていましたが、


はい。その状態になるには、数ヵ月~1年くらい心理訓練が必要です。


>原因が明確にわかり、トラウマに毎日悩まされている場合はどうなるのですか?


1、まず、そのトラウマに対する「正しい関わり方」を訓練することです。

2、次に、そのトラウマはおそらく「表面上」のものであって、
さらにそのトラウマの深いところ、
本当の原因、裏にある原因、根っこの部分も「炙り出す」ことです。

もちろんこれは、日々しっかり正しい心理療法(訓練)をしてこそ可能になります。


お返事ありがとうございます。
山梨
やはり深層心理とはややこしいんですね。
怒りは二時感情であって、裏ではおそれだったり、自分の嫌いな部分を否定してたりとか…
マインドフルネスにさらに期待が高まりました。
これからお世話になると思います。
よろしくお願いします。


Re: 山梨さんへ
ショウセイ
> やはり深層心理とはややこしいんですね。
> 怒りは二時感情であって、裏ではおそれだったり、自分の嫌いな部分を否定してたりとか…

そうですね。
たとえば怒りですと、その根っこにあるのは「何かに対する不安」
「怒りは不安の裏返し」だったり、

また、それらおかしなものの出どころのほとんどは
「我(が)」に対する執着ですね。

ですが、こういった高度な「心随観」は、
マインドフルネスの基礎がしっかりできた上でのこと。

基礎も何も出来ていない方が、こういったことを一足飛びにやってみせようとしますと
かえって悪化することがあります。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/03/16(Sat) 21:05 |   |  #[ 編集]
Re: 山梨さんへ
山梨さんのオープンコメントに
メールアドレスが入っていましたので、
オンライン上、個人情報保護のためコメント非表示にいたします。
ご了承ください。

> 山中先生に質問です。
> このトピとは無関係ですが、一人でマインドフルネスをすると潜在意識に押し込めたモヤモヤがはっきりするとおっしゃっていましたが、


はい。その状態になるには、数ヵ月~1年くらい心理訓練が必要です。


>原因が明確にわかり、トラウマに毎日悩まされている場合はどうなるのですか?


1、まず、そのトラウマに対する「正しい関わり方」を訓練することです。

2、次に、そのトラウマはおそらく「表面上」のものであって、
さらにそのトラウマの深いところ、
本当の原因、裏にある原因、根っこの部分も「炙り出す」ことです。

もちろんこれは、日々しっかり正しい心理療法(訓練)をしてこそ可能になります。
2013/03/17(Sun) 07:23 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
お返事ありがとうございます。
やはり深層心理とはややこしいんですね。
怒りは二時感情であって、裏ではおそれだったり、自分の嫌いな部分を否定してたりとか…
マインドフルネスにさらに期待が高まりました。
これからお世話になると思います。
よろしくお願いします。
2013/03/17(Sun) 08:07 | URL  | 山梨 #-[ 編集]
Re: 山梨さんへ
> やはり深層心理とはややこしいんですね。
> 怒りは二時感情であって、裏ではおそれだったり、自分の嫌いな部分を否定してたりとか…

そうですね。
たとえば怒りですと、その根っこにあるのは「何かに対する不安」
「怒りは不安の裏返し」だったり、

また、それらおかしなものの出どころのほとんどは
「我(が)」に対する執着ですね。

ですが、こういった高度な「心随観」は、
マインドフルネスの基礎がしっかりできた上でのこと。

基礎も何も出来ていない方が、こういったことを一足飛びにやってみせようとしますと
かえって悪化することがあります。
2013/03/18(Mon) 10:06 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック