FC2ブログ
マインドフルネス仏式瞑想・森田療法を使った「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング) 
心がとても辛い時。。
「インスタントブッダ」で楽になる。





うつ病・神経症(不安障害)などで
よくありがちな、


だるさ・億劫感・イライラ・
自殺念慮・焦燥感・不安感・・・


心がネガティブな時、
こんな体験ワークをおすすめいたします。


*コツが掴めれば
(一時的にですが)インスタントで即、
心静かに穏やかになります。




それは

====================
こころが辛い時、一旦落ち着いて

「身・口・意」
(三業:さんごう)を清める。


*身口意とは身体と口、心のこと。
====================



私達人間は放っておけば
ろくなことをしません。

身体、口、心の想念・・・
これらによって「悪さ」をします。
(悪業(あくごう)を作ります)


そして、それが
「因(原因)や縁(条件)」となって、

「結果」→精神的に疲れ果てるのですが・・

(もしくは様々な「謎の身体的症状」として
出る場合もあります)


そこで、

心が疲れましたら、一旦落ち着いて、
こんなワークをやってみましょう。





<実践編>


1、
まず「身」



・静かに坐り、
目は軽く閉じてください。

・姿勢を調え、身体をピタッと静止する。
お地蔵さんのように動かない。

「意志の力」で
止められるものは全て止める。


・ただし呼吸は普通にしていてください。
呼吸は無理に操作しなくてもよいです。
「あるがまま」


・かゆくてもかかない。
どうしても足が痺れたら崩してもよいですが、
基本動かない。

↓この写真のように坐を組み
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-465.html

背筋をスッと伸ばし、少しだけ胸を張り、
首を起こし、アゴを軽く引き、
腰骨を起こし、肩の力を抜き坐ります。


まるで菩提樹の下に坐る仏陀のように、
落ち着き、威厳ある姿で坐ります。

そのマネをするだけでよいです。


↓(姿勢の心理学的効果:社会心理学の実験より)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1169.html



2、
次に「口」



・口は軽く閉じ、おしゃべりは止める。

・口は空気がこもらないように。

・奥歯は噛みしめない。


・舌先を前歯の裏の少し後ろ、
そして舌全体を口の中の上に当てる感じ。

ですが、あくまで自然な感じで・・

(「とらわれて」しまうのでしたら、
舌の項目は無視でOK)




3、
最後に「意」



心から浮かんでくる
想念・妄想・感情・雑念・・・

出るがままに放っておきます。
それを無理に抑えつけなくてOK。

出るがまま。あるがまま。
執着しない。放っておく。


出てくる脳内イメージや画像は
脳が作り出した「単なる幻想」ですので
ありがたがらず手放し、捨ててください。


うつ病・神経症独特の
想念、雑念への「執着性」を緩めていきます。

・想念、雑念が出てきても、

「掴まない。掴んでしまったら手放す」
「確認はするが受け取らない」
「想いや感情を入れず放っておく」


・身体の感覚も同様。
感覚を出るがまま放っておく。

「掴まない。掴んでしまったら手放す」
「確認はするが受け取らない」
「想いや感情を入れず放っておく」




私達人間も
地球を構成する細胞の一つ。

地球の細胞
「自然現象になりきる」

~ 「空(くう)」に全てをゆだねてみる ~




この状態を
数分・・数十分続けてみてください。

身・口・意が
インスタントで、一時的にですが
清らかになります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この時間だけは、身・口・意が作る
悪業(あくごう)を止める事ができます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



*上記の1~3で、どうしても雑念などに
「とらわれて」しまうようでしたら、
当講義・お稽古を受けてみてください。

また、当プログラムでは、
約6週間、真剣に自分の心に向き合います。

少し大変ですが、心の根っこにある煩悩
(トラウマ・コンプレックスなど)に対処していき
根本から、心の病を解消していきます。





さて、今回のお話。

これは本格的なお稽古。
マインドフルネス仏式瞑想に
入る前の「”準備体操 ”」ですが、


(日々修練し、コツが掴めれば)
心の嵐が止み、心静かに、
穏やかになっていくのが
身体で理解出来てくると思います。


「諸行無常」
~諸々の事象は移り変わり、過ぎ去っていく~

aozora.jpg

あれだけネガティブだった心が
やがて晴れ渡っていきます。




~~~~~~~~~~~~~~~~
ただし、これの効果は一時的です。
時間が経てば「元の木阿弥」
~~~~~~~~~~~~~~~~


当カウンセリングで行う
マインドフルネス仏式瞑想、
そして森田療法では、

ここからさらに深く
「心の病の根っこ」に対応していき、

さらに深く
「こころの手術」を行っていきます。
心の病の根治を目指していきます。


そうです。根っこから治さないと、
何度でも「辛いもの」は出てきます。


ですがまず、
今回のお話のような状態を作ってみて、
コツを掴んでまいりましょう。












よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。
登録・解除 自由です。以下リンクからご登録くださいませ。

☆ 基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。



*当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありませんし、
一切関係ありません。




☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。




【2013/02/19 07:03】 | マインドフルネス心理療法とは?     (入門編)
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントMさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> 体験ワークを実践してみました。心身がリラックスでき、気持ちがとても軽くなりました。これだけでも、効>果十分な感じですが、マインドフルネス瞑想法の準備運動でしかないのですか?マインドフルネスって、奥が>深いのですね。

そうですね。ここに書いてありますのは、
いわばスポーツに入る前のストレッチみたいなものです。

「心の筋肉」がほぐれましたら
メインのワークに入っていきます。

マインドフルネスはシンプルであるがゆえに
奥が深いものですよ。

続ければ続けるほど、段階的に深くなっていきます。
ある「心の閾値(いきち)」を越えますと、
心の病がどうでもよくなり、執着が緩まり
生きるのが楽になっていきます。

また集中力養成や脳トレ効果もあります。
一石二鳥ですねi-260


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/21(Thu) 12:42 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントMさんへ
コメントありがとうございます。

> 体験ワークを実践してみました。心身がリラックスでき、気持ちがとても軽くなりました。これだけでも、効>果十分な感じですが、マインドフルネス瞑想法の準備運動でしかないのですか?マインドフルネスって、奥が>深いのですね。

そうですね。ここに書いてありますのは、
いわばスポーツに入る前のストレッチみたいなものです。

「心の筋肉」がほぐれましたら
メインのワークに入っていきます。

マインドフルネスはシンプルであるがゆえに
奥が深いものですよ。

続ければ続けるほど、段階的に深くなっていきます。
ある「心の閾値(いきち)」を越えますと、
心の病がどうでもよくなり、執着が緩まり
生きるのが楽になっていきます。

また集中力養成や脳トレ効果もあります。
一石二鳥ですねi-260
2013/02/21(Thu) 23:20 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック