マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ病・神経症(不安障害)などの
「だるさ・億劫感・イライラ・自殺念慮・不安感・・・」

このように心がネガティブな時、
こんな体験ワークをやってみましょう。


(一時的にですが)インスタントで「即」
心静かに穏やかになります。




「身・口・意」(三業:さんごう)を清める。
(身口意とは身体と口、心のこと)


私達人間は放っておけば
ろくなことをしません。

身体、口、心の想念・・・
これらによって「悪さ」をします。


そして精神的に疲れ果てるのですが・・
心が疲れましたら、
こんなワークをやってみてください。



1、まず「身」

目は閉じてください。

身体をピタッと静止する。
お地蔵さんのように動かない。

「意志の力」で止められるものは全て止める。
*ただし呼吸は普通にしていてくださいね。
呼吸は操作しない事「あるがまま」


かゆくてもかかない。
どうしても足が痺れたら崩してもよいですが、
基本動かない。

↓この写真のように坐を組み
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-465.html

背筋をスッと伸ばし、少しだけ胸を張り、
首を起こし、アゴを軽く引き、
腰骨を起こし、肩の力を抜き坐ります。


2、次に「口」

口は閉じ、おしゃべりは止める。
口は空気がこもらないようにし、
奥歯は噛みしめない。
舌を前歯の裏あたりに当てる感じ。

ですが、あくまで自然な感じで・・


3、最後に「意」

心から浮かんでくる
想念・妄想・感情・雑念・・・
出るがままに放っておきます。
執着しない。

また、出てくるイメージや画像は
脳が作り出した「単なる幻想」ですので
ありがたがらず捨ててください。


うつ病・神経症独特の
想念への「執着性」を緩めていきましょう。
「掴まない掴んでしまったら手放す」
「確認はするが受け取らない」

身体の感覚も同様。
感覚を出るがまま放っておく。
「掴まない掴んでしまったら手放す」
「確認はするが受け取らない」


想念も感覚も出るがまま
「あるがまま」

私達人間も地球を構成する細胞の一つ。
地球の細胞「自然現象になりきる」

~ 一即多 多即一 ~


この状態を
数分・・数十分続けてみてください。

身・口・意が
インスタントで(一時的にですが)
清らかになります。

この時間だけは
身・口・意が作る
悪業(あくごう)を止める事ができます。


これはマインドフルネス仏式瞑想に
入る前の「準備体操」ですが、

続ければ続けるほど
心の嵐が止み
心静かに、穏やかになっていきます。

~全ては移り変わり、過ぎ去っていく~

aozora.jpg

あれだけネガティブだった心が晴れ渡ります。


ただし、これの効果は一時的です。
時間が経てば「元の木阿弥」

当カウンセリングで行うマインドフルネスでは、
ここからさらに深く「心の病の根っこ」に対応していきます。


まず今日のお話のような状態を作ってみましょう。



当カウンセリング・心理療法の詳しい説明

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html



FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2013/02/19 07:03】 | マインドフルネス心理療法とは?     (入門編)
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントMさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> 体験ワークを実践してみました。心身がリラックスでき、気持ちがとても軽くなりました。これだけでも、効>果十分な感じですが、マインドフルネス瞑想法の準備運動でしかないのですか?マインドフルネスって、奥が>深いのですね。

そうですね。ここに書いてありますのは、
いわばスポーツに入る前のストレッチみたいなものです。

「心の筋肉」がほぐれましたら
メインのワークに入っていきます。

マインドフルネスはシンプルであるがゆえに
奥が深いものですよ。

続ければ続けるほど、段階的に深くなっていきます。
ある「心の閾値(いきち)」を越えますと、
心の病がどうでもよくなり、執着が緩まり
生きるのが楽になっていきます。

また集中力養成や脳トレ効果もあります。
一石二鳥ですねi-260


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/21(Thu) 12:42 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントMさんへ
コメントありがとうございます。

> 体験ワークを実践してみました。心身がリラックスでき、気持ちがとても軽くなりました。これだけでも、効>果十分な感じですが、マインドフルネス瞑想法の準備運動でしかないのですか?マインドフルネスって、奥が>深いのですね。

そうですね。ここに書いてありますのは、
いわばスポーツに入る前のストレッチみたいなものです。

「心の筋肉」がほぐれましたら
メインのワークに入っていきます。

マインドフルネスはシンプルであるがゆえに
奥が深いものですよ。

続ければ続けるほど、段階的に深くなっていきます。
ある「心の閾値(いきち)」を越えますと、
心の病がどうでもよくなり、執着が緩まり
生きるのが楽になっていきます。

また集中力養成や脳トレ効果もあります。
一石二鳥ですねi-260
2013/02/21(Thu) 23:20 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック