マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
今日は心のトラブルの原因の一つ。
「サンカーラ」についてお話いたします。
(仏教心理学のお話です)

*仏教心理学は、宗教性の全くない
学問、臨床心理としての心理学です。


さて、
こんな例え話からしていきましょう。


例えば
「たき火」があります。

たき火に、
まきをくべたり、灯油をかけたり、
紙くずを投げ入れますと

炎はますます燃え上がります。
当たり前の事ですね。


しかし、たき火に
まきや灯油、紙などを入れるのを止め、
燃焼の供給源を断ちますと

次第に炎のエネルギーは弱まり、
消えていき・・自然に鎮火します。


私達も心の底から

怒り・悲しみ・絶望・恨み・・・などの
妄想(煩悩)という「炎」が浮かんできて

それに「想いや感情」などの燃料を与えて、
ますます炎を炎上させています。



その紅蓮の炎は
自分も他人も、周りも焼き尽くします。

自分自身も人間関係も破壊します。


マインドフルネス仏式瞑想の技術を使い、

心から湧き出る
怒り・悲しみ・絶望・恨みなどの「炎」に対し
まきをくべたり灯油をかけるのを止めます。



また「心の炎(煩悩)」を
無理やり消そうとしますと「大やけど」します。
余計ひどくなる。


無理やり消そうとしなくてよい。

心の炎が出た事実はしょうがない。

大切なのは、それに対する
「関わり方」


マインドフルネスの技術を使い、
炎に対し「想いや感情を入れない」

燃焼の供給源を断っていきます。



これをマインドフルネスでは
「サンカーラ・ウペッカー」といいます。


「原因+縁=結果」
*因果の法則と言います。

原因があれば結果になる。

またその結果は
次の原因になります。

「原因+縁=結果→原因+縁=結果→・・・」


人は心の炎・・「結果」に対し、

「反応(想いや感情)」という
エネルギーを与え
増幅させてしまいます。

その増幅された結果が、
次の苦しみの「原因」になります。

その悪いスパイラルは止まらなくなる。


サンカーラは
「原因であり結果、結果であり原因」


何らかの過去に作ったエネルギーが
心のエネルギー(妄想)という
「結果」として浮かび上がってきて

それにさらに
反発・反応することにより、

その心のエネルギーが増幅され、
次の苦しみの「原因」になります。


これが仏教学でいう
心の病の原因「サンカーラ」です。

サンカーラへの反応を
「マインドフルネスの技術」によって止める事により

悪い流れは止まり
心は次第に晴れ渡ってきます。

aozora.jpg

下手な抗うつ薬より
スッキリするかと思います。

マインドフルネスは薬を使いませんので
副作用もなく健全です。

*ただし、中度~重度は病院に行っていただき、
薬物療法と同時進行でいきます。

*うつ病発症したての急性期、回復期は
心理療法一本ではなく、必ず病院の薬物療法も同時に行います。


また、精神的な病は
日本では実際のところ、
まだまだ偏見があります。

マインドフルネスは、精神的な病を
誰にも知られず「こっそり」治すことができます。


まさに、心の内を出したがらない
日本人にピッタリのものかと思います。




ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:鬱病 - ジャンル:心と身体

【2013/02/08 07:33】 | マインドフルネス心理療法とは?     (理論編)
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントS(紫)さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

Sさんと同じような質問メールがよくきますね。
マインドフルネスは指導する人の指導法にもよります。

これは指導者(カウンセラーなど)自身が、
いかにちゃんと毎日、怠らず
仏式瞑想(マインドフルネス)をやっているか・・・が問われます。
それに伴い、指導するテクニックが変わってきます。

カウンセラー自身の「瞑想の深さ」と、
「指導の質」は比例するという事です。

はい。後ほどメールいたします。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/08(Fri) 10:56 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントS(紫)さんへ
コメントありがとうございます。

Sさんと同じような質問メールがよくきますね。
マインドフルネスは指導する人の指導法にもよります。

これは指導者(カウンセラーなど)自身が、
いかにちゃんと毎日、怠らず
仏式瞑想(マインドフルネス)をやっているか・・・が問われます。
それに伴い、指導するテクニックが変わってきます。

カウンセラー自身の「瞑想の深さ」と、
「指導の質」は比例するという事です。

はい。後ほどメールいたします。
2013/02/08(Fri) 13:12 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック