マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
<前回の続き>

さて前回、私達は(特に心の病の方は)
いかに「海馬」に余計な情報を入れ
負担をかけているか・・・というお話でした。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-747.html


今回は心理療法(マインドフルネス認知療法)により
脳が、どのように回復していくか解説していきます。


マインドフルネス認知療法森田療法
「独特の心理技術・訓練」により

見たものを見たままに。聞いたものを聞いたままに。
香ったものを香ったままに。
味わったもの。触れたもの。心に思ったもの・・
全て事実を編集せず、事実のまま。

事実に、おかしな感情や想いで捏造せず、
事実のまま。


森田療法で言いますと
「あるがまま」とらえます。

マインドフルネスや禅ですと
「如実智見」(にょじつちけん)と言います。



すると脳の負担が軽くなり
脳機能がサクサク動くようになります。

日常の中で、物忘れや
「あ・間違えた・・」も少なくなっていきます。

頭がボーっとすることなく、
いつもちゃんと目覚めています。


また事実を正確に
事実のままとらえますので
仕事も正確にサクサク出来るようになっていきます。

仕事や人間関係上のトラブルも少なくなっていきます。


外界や、自分の感情に対する
「情報処理」が早くなりますので

うつ病・神経症独特の
長引く恨み・怒り・・・などの
ネガティブな感情への処理が早くなります。

不快な感情に対する脳の情報処理が早くなれば、
それらに対する「執着」も緩やかになっていき
水のように、サラサラ生きれるようになっていきます。



こんな生活を送っていますと
海馬へのダメージの供給源が断たれます。

ストレスホルモンや脳内血流など(扁桃核や前頭前野等・・)
脳内環境が安定しますので
やがて、海馬が修復され・・・

「脳がリカバリーされていきます」


*かつては脳神経は、一度傷つくと修復不能説が定説でしたが、
近年の研究では、脳の海馬神経は
修復・増加することが分かってきました。

*またマインドフルネス(MBCT・MBSR)
認知行動療法(CBT)を行っている
患者の脳内血流量の回復なども
エビデンス(科学的根拠)が出ております。



当サイトで繰り返し主張しておりますが
うつ病など心の病は、ただ何もせず

「自分の心の問題」を医師に丸投げし、思考停止し
薬を飲み続ける・・・ではなく

薬物療法と並行し
心理療法を行うなど
「策」を打っていく事をオススメいたします。

ただし心理療法は怪しいものではなく
「国際的に認めらているもの」がオススメです。
(マインドフルネスや認知行動療法など)


日本でも厚生労働省が
うつ病マニュアルで

薬物療法心理療法環境調整の三拍子」
説明しているのに、現場(各病院)レベルでは
ほとんど浸透していないのも問題ですね。



「うつ病は寛解がゴールで一生治らない・・」という
「某」業界が作り上げたデマを鵜呑みにすることなく、
一分でも早く目を覚まし

どうか善い情報を選択できる
「賢い患者」になってください。


うつ病は回復しますし、完治します。
希望を持って「克服」してください。

*(薬物療法一本という、時代遅れのやり方ではなく、
心理療法も並行して行いましょう)


また、うつ病を「寛解」ではなく「真の克服」された方は、
頑張り方(エネルギーの出し方)を心得ますので、

変に肩に力が入る事なく
「柔(やわら)」で日常業務が
こなせるようになってきます。


うつ病発症以前はいかがでしたか?

いつも肩に力が入って、イライラして、
何でも完璧にやろうとして・・・
かえって能率が悪かったのでは?



心理療法を身に付け、うつ病を完全克服し、
「柔」「生きる技」を心得ますと

かえって発病以前より
効率の良い仕事が出来るようになってきます。
人間関係も良くなってきます。



~ 剛直な木は、台風がきますと
案外ボキッと折れます。

しかし、竹はどんな突風が吹こうが
「しなるだけ」で折れません ~


うつ病を克服したことにより
かえって人生は豊かになります。


そして、今うつ病の渦中にいる方は
諦めないで。

私も十数年前、うつ病になり自殺未遂を経て
今に至ります。


人生は何度でもやり直しがききます。


そう。何度でも



<うつ病と脳(海馬)、3部作、
長文お付き合いいただきありがとうございました>


当カウンセリング・心理療法の詳しい説明

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/01/17 10:53】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック