マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
今朝、カーテンを開けたら
ビックリ!
雪が積もっていました。

皆様の地域はいかがでしょうか?
車の運転などはお気を付けくださいませ。


さて・・・

私達の心は気象と同じです。

晴れの日もあれば、雪の日もあります。
雨の日もあれば、日照りの日もあります。
時に嵐の日もあります。

心は気象と同じで
どうしようもできない。


うつ病や神経症の方は
朝起きて、今日の心は大雨だ。。

私の心が雨なんて認められない。
絶対イヤだ。なんとかしたい。
でも何ともできない。

こんな自分がイヤになり
うつ状態、またはイライラが発生します。


雨や雪という気象を
精神力や念力で変えようと、もがいても・・

無駄な努力です。
気象は自然現象。人の力では変えられない。


心も同じ。
朝起きて、今日の「心のお天気」は大雪だ。
ですが、その「事実」を受け入れられない。
どうしても受け入れられない。
イヤだ・・なんとかしてくれ

そして、うつ状態になります。


おかしな話ですね。
今日の心のお天気は雪という
「状態」は「事実」です。

その事実はどうしようもできない。


ならば、その事実を受け入れ
「あぁ、雪か・・イヤだなぁ」と
思いつつも、今日の仕事に取り掛かる。


そんな感じで
今日の仕事・家事をこなしていますと

「雪で悪天候という、心の状態・事実」が
どうでもよくなってきます。

さらに、そんなノリで毎日を送っていますと
そのうち、うつ病・神経症自体が
「どうでもよくなってきます」



うつ・神経症的思考があるのだが
「どうでもよい」

症状が症状でなくなり
社会生活に支障が出なくなったとき
克服です。


*さらにその状態を続け、「究極」までいきますと、
症状が消滅していきます・・・が、
そこまでいかなくても良いかと思います。



心のお天気が

雨の日は雨のまま
晴れの日は晴れのまま

鬱の日は鬱のまま
気分が良い日は気分が良いがまま

日日是好日


「うつ・神経症が治るという事は
うつ・神経症を忘るることである」


「心の病が治るという事は
自分に対する、とらわれが緩む時である」



マインドフルネス認知療法を
日々行っていきますと

いちいち、今日の心のお天気に
一喜一憂し、振り回され
疲れる人生がそこで終わります。


気分・感情がどうであろうと
今日の仕事・家事を淡々と
こなせるようになっていきます



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2012/12/10 10:01】 | うつ病
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック