マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「自我(我)が苦しみの元」


うつ病の人は、
こんな思考になりがちです。

「私はなんて情けないんだ・・」
「あぁ、生きているのが恥ずかしい・・消えてしまいたい」

自我(我)に固執していますと
こういった発想になっていきます。


完璧であるはず、
なんでもできるはず、
もっと偉い、尊敬されるはずの自分が・・
現実は案外しょぼい

そのギャップに耐えられず
自分を他人を破壊したくなる

*また、普段は謙虚に振る舞っていても、
これらのものが「潜在意識下」に抑圧されている人も同様


「自我、我(が)」とは「自己イメージ」

「私は愛されるはず」・・・という自己イメージ
「完璧(優秀)であるはずの自分」・・・という自己イメージ

脳内で勝手に編集した
自己イメージが傷つきますと

うつ病になります。


自己イメージという
自分に対する勝手なレッテル

そんなものは
元々空想上のものであって
存在しないんですね。

自己イメージという「妄想、幻想」


元々無い物を
勝手に頭で捏造し

それに勝手に執着して
自ら苦しんでいきます


我(が)に対する執着の度合い
苦しみの度合いです。


我に執着すれば
苦しくなる

我の執着を緩めれば
楽になり朗らかになる


「無我」

まずは、コップに入った
濁ったお茶(我:自己イメージ)を捨ててしまいましょう


真の自由なココロ



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2012/12/13 20:15】 | 自我(我)ってなあに?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック