マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「夜坐」


真夜中
眠れないとき

仏式瞑想、一坐り


深い夜の静寂の中

一坐り・・


静かに身体に意識を向けますと
様々な感覚が

やってきては
去っていく

去っていっては
やってくる


心に意識を向けますと
様々な想念が

やってきては
去っていく

去っていっては
やってくる


身体の感覚
心の想念

それらに対し
「想いや感情」を入れますと
苦しみが発生いたします


やってきては
去っていく

去っていっては
やってくる


おお
やってきたか

おお
去っていったか


それらに対し
平静でいること

確認はするが
受け取らない

我(が)を離れ
静かに観察する


うつ病・神経症
どんな心の嵐がこようとも

動じぬ心が完成します




【2012/12/24 04:45】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック