マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「ストレスコーピング」
~問題焦点型と情動焦点型~



*当サイトでは、あんまり学術論文のような
カタイお話は・・・眠くなると思いますので
簡単に砕いて、若い子たちでも分かりやすくお話しします。


さて、
アメリカのラザルス(1922-2002)という、恐竜の名前のような
心理学のおっちゃんが
ストレスコーピング(ストレス対処の事)には
大きく分けて、2つのタイプがあると・・


一つ目は「問題焦点型」

これは現在のストレッサー(ストレス刺激の原因)に対し
対策を立てることなど。。

例えば
現在の職場環境や家庭環境、人間関係など。

分かりやすく、具体例を挙げますと
のび太くんにとって、ジャイアンは
ストレスそのものですよね。

ジャイアンに会わないように
智慧を使い、距離を置く環境を作っていく。

*この場合ジャイアンが「ストレッサー」ですね。

職場環境では、
可能であるならば部署の異動、休職など。

こんな感じの対処を
「問題焦点型コーピング」といいます。

*(これらは後の記事で詳しくお話いたします)



二つ目は「情動焦点型」

これは当サイト全体が、
この説明になっていますね。
また当心理療法の授業で、いつも出てくるものです。

ストレッサーに対しての
「モノのとらえ方・考え方」を変えていく事。


                          (快)
                           ↑

S(刺激・ストレッサー)+「モノのとらえ方」=R(反応)

                           ↓
                          (不快)


例えばのお話です。

うつ夫さんと
よし夫さんが

同じ質の同じ出来事の人生を
80年間生きたとしましょう。


人生全体を振り返って

・うつ夫さんは

「私の人生は不幸で不運で最悪の人生だった。世の全てが憎い!
私が鬱病人生を送ったのは周りの人が悪い!」


・よし夫さんは

「私の人生は、いろいろイヤな事もあったし被害にもあった。
しかし、家族や孫に大切にされ、全体的総合点でまぁまぁな人生だったな」


なぜ、同じ質の同じ量の人生を送って
うつ夫さんと、よし夫さんは感想が違うのでしょうか?


そうですね。

「人生の幸、不幸はモノのとらえ方」なんです。


この、うつ病・神経症の方、独特の
「モノのとらえ方の歪み(認知の歪み)」
心理療法で修正していきます。



さて、「情動焦点型コーピング」につきましては
当サイトでいつも語っておりますので、
↓(詳しくは)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-46.html


今回は趣向を変えて「問題焦点型コーピング」について
語ってまいります。


<続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2012/11/11 07:08】 | うつ病、環境的要因
トラックバック(0) |

Re: ジョニーさんへ
ショウセイ
いただきましたコメントに
個人情報等が入っておりましたので
オンライン上、個人情報保護の観点から削除させていただきました。
こういった形にて、お返事ご了承くださいませ。

> 私も病を抱えている人間です。
> ものの捉え方が少し歪んでいるのは
> 実感していました。
> しかしなかなか自分で自動思考に
> 気がつくのが難しかったです。。。
> 少しずつ自動思考の歪みに気がつけば
> 生活がかなり楽になる様な気がしました。
> 気づきをありがとうございます。

はい。素晴らしいですね。
自動思考・認知の歪みに「客観的に」気付いていれば大丈夫ですよ。

客観的に気付いていますれば、心が少しずつ自動修正していきます。

客観的に気付いていること・・
これを心理学では「メタ認知」といいます。

暴走する車(心)も、メタ認知がありますと
ブレーキがかかります。

精進を続けてまいりましょう。
コメントありがとうございましたi-260


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: ジョニーさんへ
いただきましたコメントに
個人情報等が入っておりましたので
オンライン上、個人情報保護の観点から削除させていただきました。
こういった形にて、お返事ご了承くださいませ。

> 私も病を抱えている人間です。
> ものの捉え方が少し歪んでいるのは
> 実感していました。
> しかしなかなか自分で自動思考に
> 気がつくのが難しかったです。。。
> 少しずつ自動思考の歪みに気がつけば
> 生活がかなり楽になる様な気がしました。
> 気づきをありがとうございます。

はい。素晴らしいですね。
自動思考・認知の歪みに「客観的に」気付いていれば大丈夫ですよ。

客観的に気付いていますれば、心が少しずつ自動修正していきます。

客観的に気付いていること・・
これを心理学では「メタ認知」といいます。

暴走する車(心)も、メタ認知がありますと
ブレーキがかかります。

精進を続けてまいりましょう。
コメントありがとうございましたi-260
2012/11/14(Wed) 21:05 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック