マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「うつ病など心の病について」
~うつ病式、禅問答~


「うつ病=絶対頑張らない・・」ではなく、
心理学的に理に適った方法で、適度に頑張りますと
治っていきます。


マスコミが作り上げてしまった
「うつ病=頑張らない神話?」を鵜呑みにするのではなく
一度疑って検証してみましょう。


今日は、こんな禅問答(思考の宿題)を
提示します。
自分自身に問いかけてみてください(合掌)


・本当に「頑張らなければ」治るのでしょうか?

うつ病が頑張らなくて治るのであれば、
何年、何十年・・「本当に頑張らず」引きこもっている人が
治らないのは何故でしょうか?(むしろ、余計悪くなっている)

・本当に何の策も打たず、
薬をズルズル飲み続けると治るのでしょうか?

もしそうであるならば、
何年何十年・・抗うつ薬を飲み続けている人達が
現実問題、治っていない人が多いのは何故でしょうか?



こういった視点や発想を
心理学では「クリティカルシンキング」といいます。


これらの投げかけに

A、「なるほど!」とインスピレーションが起きる方は治ります。


逆に、
B、「そうは言っても、主治医が頑張らず、
ずっと薬を飲み続けなさい」って言ってたから・・・


という他力本願的発想の人は、ズルズルと
5年・・10年・・・20年・・薬を飲み続けます。
(それだけの期間、精神薬を飲み続けた時の
脳に与えるダメージを考えてみましょう)

*私も鬱病患者時代、言われるがまま、何の疑いもなく、
ズルズルと5年薬を飲み続けました・・・反省

*ただし、急性期・回復期は薬は必要。
↓(詳しくは)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-531.html


うつ病の根治率が非常に低いのは、
「B」の方たちが圧倒的に多いからです。

うつ病から劇的に回復され
バリバリ社会復帰される方と
そうでない方の決定的な違いはここです。


うつ病は
少し「へそ曲がり」の方が回復は早い。


素直でまっすぐの方は、
「純粋に?」薬を飲み続け・・治らない。


治療に行き詰まりを感じていましたら、
少し「へそを曲げてみて」
違った角度から、今の問題をみてみましょう。


答えは案外見つかるものです。

これを心理学では
「リフレーミング」といいます。


一緒に「へそを曲げて」みませんか?


当カウンセリング・心理療法の詳しい説明

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2012/12/02 20:04】 | マインドフルネス禅問答
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック