マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
今日は前回の
墨蹟(ぼくせき:禅僧の字)について解説いたします。

円相

ちなみにこの字は
「これ食うて、茶のめ」また「謎の〇」・・・


・・これは一体何なのでしょうか?

一般的には、この「〇」を悟りの境地に見立てて
この「悟り」というものにも「とらわれず」

悟りとやらを丸い餅に見立てて
「茶を飲みながら食べてしまえ」というものです。

もちろん、この解釈でもよいかと思います。


人は「悟り」といえば「悟りにとらわれ」
あの髪型が流行ると言えば、みんな「あの髪型にとらわれ」、
今年はあの色が流行ると言えば、みんな「あの色にとらわれ」、
「心の病の回復」といえば「心の病の回復にとらわれ」・・

「とらわれ」ばかり。
実はその「とらわれ」こそが苦しみの元なんですけどね。



今日は、この書画を仏式瞑想家の視点から
少し違った角度で解説いたします。


元々、禅というものは「北伝仏教」で育まれたもの。

北伝仏教とは、チベット、中国、朝鮮半島、日本へと伝わった仏教。
北へ伝播するうちに、その「土地土地の土着宗教」と混ざり合い、
6世紀ごろ日本に伝わったもの。

オリジナルの仏教からかけ離れた
いわゆる「新興仏教」です。


一方、南の暖かい国に今でも現存する
お釈迦様が説いた直説を、歪曲することなく
当時のまま保存している原始仏教
(または上座部仏教:精神医学ではマインドフルネスといいます)

こちらの瞑想を日々実践している人で、
5年・・10年・・・20年・・実践している人は
ご存知かと思います。

上記の画像の「〇」は、

そう。「アレ」です・・・


ちなみに当カウンセリングは、あくまで
「心の病」や「一般人の心のトラブル」を解消するものですので
この部分には、あえて触れておりません。

なぜならば、この部分を強調してしまいますと
一般の方々は、オカルトやスピリチュアル?に
走ってしまう危険性があるからです。

この部分は、心の病の解消とあまり関係がありません。
*ですが、上級者には指導することもあります。


はい。少し脱線しましたが「アレ」とは、
当カウンセリングの2時限目に行う技法で、

その方法を、もう少し上級者向けにしたものを
しっかり行っていますと、

極度に集中が高まった時に・・・

光の

鼻の先、数十センチ向こうに現れます。
(ガスの輪っかみたいに見える人もいます)


「禅よりも歴史が古い」、古代の経典によりますと
その〇は「ニミッタ」といいます。

ニミッタとは、正確に集中型の瞑想が進んでいますと
ある時、その光の「〇」がサインとして現れます。

まさに、禅僧の書画によくみられる
「〇」です!


*ニミッタが現れたからといって、心の病が治るものでもない。
ですので、無駄なものは基本的に触れません。
「一点集中型の仏式瞑想」は、心理臨床の立場から言って
心の病にあまり向いていません。


ただ、その不思議な光景に「とらわれて」しまい
「神仏が降臨した!」や「高級霊が現れた!」など
おかしなオカルトやスピリチュアルに、
走ってしまう輩が多々みえます。

せっかく瞑想が順調に進んでいるのに
「全てが台無し」です。

その光の〇は、別に神でもなく仏でもなく
「単なる脳が作り出したイリュージョン」なんですけどね・・・


古代仏教(原始仏教)では
「あれだけニミッタに執着しないように!」と

お釈迦様が、あれだけ口を酸っぱくして言っているのに、
「執着しオカルトに行ってしまう方がいるんですね・・」

とらわれや執着から離れるために瞑想をしているのに、
執着が深くなってしまっては、本末転倒です。

いつの世も、本当に人はオカルトが好きなんですねぇ・・


はい。長くなってしまいました。

今日のお話は、何が言いたかったかと言いますと、
何年も瞑想し、もしその「光輝くニミッタ」が現れても

その丸いニミッタを、餅に見立てて
「これ食ふて、茶のめ」


そんなもの
ありがたがらず、茶を飲みながら食べちゃってください



何度も言いますが、
うつ病・神経症など心の病の方。

また、私達世俗の一般人は
「一点集中型瞑想は、あまり向きません」
日常生活、社会生活の中で実践的ではありません。

「マインドフルネス仏式瞑想」をオススメいたします。


もちろん出家し、世俗から離れた生活をしている人は
今日のお話の、集中型瞑想の方がよいかと思います。


どちらのタイプの仏式瞑想が優秀とかではなく、
「山の登り口」の違いです。

登り口の違いだけで、
「たどり着く山の頂上は同じ」



*今日のお話は、一瞑想家の個人的見解です。
上記の書画の解説は、様々な説があるかと思います。
自分に一番合った説を参考にし、検証し、
選択してくだされば幸いかと思います。

*また当カウンセリングは仏式瞑想の事を
広く世間に認知されていますので
「ひとくくりに禅」という名称を「便宜上」使うこともあります。
あしからず(合掌)



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

【2012/10/31 17:56】 | マインドフルネス禅問答
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントNさんへ
ショウセイ
> 先生おはようございます。
> お久しぶりでございます。

はい。こんにちはi-179
お久しぶりです。

拝見いたしました。彼氏さんとの事、お察しいたします。

> 昨日は心がくたびれました。
> 今朝も食欲がなく、私の出来が悪いのだから、言われて成長するのだから、と自分に何度も言い聞かすように過ごしていましたが、先生のコメントを見て、
> ちょいと待てよ。
> 指摘されたことと嫌な思いをしたことは分けないといけない。
> 指摘されたことは考えを改め直して行く。
> 嫌な思いをしたことは、コーヒー飲みながらそれとして見ています。
> そういうことなんですかね?

素晴らしいですね。非常に仏教的な解釈ですね。
もし、指摘されたことが「客観的事実」であるならば、
淡々と修正していきます。

そこに過剰に「感情や想い」を入れますと、
人は脳内で、勝手に自分の都合の良いように編集してしまい
「事実誤認」「認知の歪み」が生じます。

さらに、その脳内で捏造したものに「執着」しますと
自分にも彼氏にもトラブルを招きます。

> 嫌な思いをコーヒーのあて菓子のようにパクッと食べちゃえばいいのですかね?

嫌な想いのほとんどが、思考で捏造したものですので
執着するほど価値はありません。

私でしたら、チーズケーキ、
またはモンブランケーキのように食べてしまいますi-277i-269

> とらわれない心。自由な心。

素晴らしいですね。
とらわれなく、自由な優しい心で生きていきたいですね(合掌)

それではまた。
寒くなってきましたので、風邪ひかないよう気を付けてくださいねi-260


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/02(Fri) 09:26 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントNさんへ
> 先生おはようございます。
> お久しぶりでございます。

はい。こんにちはi-179
お久しぶりです。

拝見いたしました。彼氏さんとの事、お察しいたします。

> 昨日は心がくたびれました。
> 今朝も食欲がなく、私の出来が悪いのだから、言われて成長するのだから、と自分に何度も言い聞かすように過ごしていましたが、先生のコメントを見て、
> ちょいと待てよ。
> 指摘されたことと嫌な思いをしたことは分けないといけない。
> 指摘されたことは考えを改め直して行く。
> 嫌な思いをしたことは、コーヒー飲みながらそれとして見ています。
> そういうことなんですかね?

素晴らしいですね。非常に仏教的な解釈ですね。
もし、指摘されたことが「客観的事実」であるならば、
淡々と修正していきます。

そこに過剰に「感情や想い」を入れますと、
人は脳内で、勝手に自分の都合の良いように編集してしまい
「事実誤認」「認知の歪み」が生じます。

さらに、その脳内で捏造したものに「執着」しますと
自分にも彼氏にもトラブルを招きます。

> 嫌な思いをコーヒーのあて菓子のようにパクッと食べちゃえばいいのですかね?

嫌な想いのほとんどが、思考で捏造したものですので
執着するほど価値はありません。

私でしたら、チーズケーキ、
またはモンブランケーキのように食べてしまいますi-277i-269

> とらわれない心。自由な心。

素晴らしいですね。
とらわれなく、自由な優しい心で生きていきたいですね(合掌)

それではまた。
寒くなってきましたので、風邪ひかないよう気を付けてくださいねi-260
2012/11/02(Fri) 16:48 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック