マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ病・神経症(不安障害)など
心の病で苦しいのは、

妄想や雑念に「とらわれ」
頭がいっぱいになることです。



ゆえに、妄想や雑念に
振り回される「心のパターン」を

心理学的訓練で
修正していくと楽になります。



*(ただし業務的な事など、健全な思考はOK。
思考と妄想は違います)


この章(カテゴリー)では
妄想が発生する下地である、

「自動操縦状態」について
語っております。

↓(詳しくは)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-61.html


自動操縦状態とは

ポケーッとしながら
食事をする、車の運転をする、
作業する・・など


分かりやすく言うならば
ルーティンな流れ作業の時、

頭を使わず自動で
何かをやっている状態。


人はこの時に、
妄想が発生しやすく、

そして、妄想に
「とらわれ」巻き込まれ
集中力を欠き、

結果、事故を起こしたり
トラブルに巻き込まれます。

(心の病の方でしたら、妄想に巻き込まれ、
頭の中で独り相撲をしてしまい、疲れてしまう)


例えば、車で
事故を起こした事がある方、

事故を起こす「直前の心」は、
どんな状態でしたか?

おそらく、妄想で
ポケーッとしていた状態かと思います。


「自動操縦状態」

この時に「妄想の種」が
発生しております。

その妄想の種は、
次第に固まりになっていき

「大きな妄想」に発展します。


魅力的な妄想、イヤな妄想、
疲れる妄想・・・

様々な妄想に
「とらわれ」頭の中で、ぐるぐるぐる・・・


その妄想の
底なし沼から脱しない限り

「どんどんネガティブになっていき、
生きるのがイヤになってきます」



もっとまずいのは、
底なし沼にハマっているのも
気付いていない状態。


では、その底なし沼
(自動操縦状態)から脱するには

どうすればよいのでしょうか?


まず日々しっかり
「マインドフルネス仏式瞑想」をし、

集中力を高め
「今、この瞬間に
客観的に気付いている」

状態を増やすこと。

*この訓練法は、
samma-sati (サンマーサティ:パーリ語)といいます。
これは古代から伝わる、
心の病を治す8つの方法の一つ「正念」


「今、この瞬間に気付く」とは
脳が常に目覚めている状態。

自分が今何をして、何を考えているのか
「客観的に観察」(セルフモニタリング)
できている状態です。



マインドフルネスの訓練では
「特殊技術」を使いますが


これらの訓練をしていない人も

『今、自分がポケーッとして何かをしている状態に
「ハッと素早く気づいて」われに返る』


この作業を一日の内で
増やすことにより

妄想が激減し
思考(脳)が楽になります。


案外私達は、
このポケーッと自動で作業している状態・・
無意識的に結構やっています。

これは一見リラックスし
楽にみえるのですが、

実は脳は、妄想を大量に生産し、
その後「その情報処理に追われます」

結果・・大変脳に負担がかかり、
いらぬストレスの種を作ります。



脳が一日の内で、
妄想に振り回される

「無駄なエネルギーロス」を減らします。


仕事や生活の必要な事のみに
脳の貴重なエネルギーを使うようになります。


すると・・
一日が終わっていかがでしょうか?

いつもの
「うつ病・神経症独特の
原因不明な精神的な疲れ」

無くなっていきますから。。

訓練を続けていく事です。


「うつ病=絶対頑張らない」ではなく、

心理学的、理に適った方法で
「少し頑張りますと」治っていきます。





*当カウンセリング・心理療法の詳しい説明

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html



【2012/11/03 10:02】 | うつ病・神経症思考が発生しやすい時 「心の自動操縦状態」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック