FC2ブログ
マインドフルネス仏式瞑想・森田療法を使った「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング) 
不快な記憶を溜めこまない心理技術
~ 不幸脳から→ 幸福脳へ ~




強い感情を伴ったものは
記憶にこびりつきやすい



人の記憶は、どうでもよい事は
すぐ忘れていきます。

感覚記憶・短期記憶は
脳内からすぐ消えていきます。

しかし、強い感情などのアクションを伴ったものは
長期記憶(深い記憶)に刻み込まれやすい。


記憶術というものがありますね。

例えば、勉強する際、単語やキーワードに対し
ただ機械的に暗記するのではなく、

感情やアクション(ストーリーなど)を絡ませて覚えると
記憶にこびりつきやすい・・といったものです。

皆様も学生の頃、歴史の年号の暗記や
資格試験の際、専門用語の暗記などで
使った事があるかと思います。



さて、前置きが長くなりましたが、

==================
これと同じで、心の病の方が
「いつもイライラ怒っていたり」
「いつも悲しんでいたり」しますと

==================

日々遭遇する全てのエピソードが
「怒りを伴った記憶」「悲しみを伴った記憶」として
脳に深くこびりつきやすくなります。

つまり
「不快な記憶ばかりが脳に深くインプットされ、
蓄積されていきます」




怒ってばかり、
悲しんでばかりいますと・・

「ありがたい記憶」や「素晴らしい記憶」も

怒りや悲しみのエピソードとして自動変換され、
脳内に深くインプットされてしまいます。



こんな毎日を送っていましたら

脳内記憶は不快(不幸)な情報ばかりが
蓄積していきます。



そして「自分の人生は不幸な事ばかりだ!」と
錯覚してしまいます。

*(本当は日々の中で、楽しい事・幸せな事も
平等に起こっているのに、
脳がその良い情報を「悪い情報に」自動変換してしまいます)

これが「不幸脳」の正体です。



さらにそんな毎日を送っていますと、

日々やたら「不必要なストレス」にさらされ、
無駄にストレスホルモンが放出されまくり・・
(慢性的ストレス脳)

やがて脳がダメージを受け

結果「脳の病気」になります。



この鬱病・神経症など
心の病の方が、いつも抱いている
怒り、悲しみ・・などを
(深層心理下のものも含む)

心理療法で対処していかないと
苦しみの毎日、ネガティブなパターン・
負の連鎖はずっと続きます。


薬で一時的に対症療法し、
感情を抑えるのも一つの手段ですが、

これらネガティブな感情が出てくる
(ネガティブな感情に変換されてしまう)

「心のシステム自体」が改善されませんと
薬が切れれば「元の木阿弥」

薬で一時的に抑え込んでも、
「根源」を改善しないと何度でも出てきます。


もちろん、一生薬を飲み続ければ、
それはそれでよいのですが・・・

「一生 薬を飲みたいですか?」


『心理療法で「思考(心)のクセ」を修正していかないと
根本解決になりません』




今回のお話と逆に、

「感謝が多い人」
「いつも朗らかで楽しい人」は

日常で起こるすべての事が、
たとえ少しネガティブな事も・・・

「朗らかで楽しい出来事」という記憶に
自動変換され、脳内にストックされていきます。


脳内情報は
「楽しい記憶・ためになった記憶」という『宝物』で
いっぱいになります。

これが幸福脳の正体です。



心理療法が生活に馴染んでいきますと、

うつ病・神経症がよくなっていくどころか、
人生自体が幸福になっていきます。




では今回のお話が
実際、脳内で具体的に、どのようになっていて、

さらに「具体的に毎日何をすればいいのか?」まで
ツッコんだ学習がしたい場合は、

実際のカウンセリングにて
お稽古・学習いたします。


さらにさらに・・

その学習・お稽古したものが
「三日坊主」にならないよう、

徹底的に
コーチング・サポートしてまいります。


頭に入っているだけでは
その知識は役に立たないガラクタ知識に
なってしまいます。

いわゆる情報過多の現代人、
「アタマでっかち」がこれですね。


~~~~~~~~~~~~~~~~
ちょこちょこっとネットで調べ
分かったつもりになって

最初はモノ珍しさにやりますが、
すぐ飽きてやらなくなる・・

いつまで経っても治らない。

(よくありがちな
パターンかと思います)
~~~~~~~~~~~~~~~~


知識・学んだものは
「使えてナンボ」です。

三日坊主ではなく、人生の中で
継続して行えるようになって、
はじめて「役に立つもの」になります。


そのために
知っているだけ・・ではなく、

リアルな対人カウンセリング
(コーチング)が必要かと思います。


学習した事を
実際「うつや神経症の修羅場が来た時」使えるよう、
身体でお稽古し、染みこませていきます。


人が本当に変わっていくのは
機械やネット・AIではなく、

「やはり人と人」

アナログな作業が必要かと思います。





【2012/10/27 09:57】 | うつ病、神経症の「思考パターン」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック