マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「トラウマの無害化」


過去に起きたショックな出来事。
潜在意識の奥底で、傷となって残っている。
意識、無意識2


それが、その人のパーソナリティに影響を与えます。
PTSD(心的外傷後ストレス障害)はその典型ですね。


過去に起こった「事実」は変えられません。
映画のバックトゥザフューチャーみたいに
過去にタイムスリップし、やり直すことも出来ません。

しかし・・・

過去に対する「関わり方」は変えることができます。


マインドフルネスを数か月続けていき、上手になってきますと
過去に起こったイヤだった出来事、
ショックだったこと、自分のコンプレックスなど
様々な「見たくないもの」が浮上してくる時があります。
意識、無意識3

トラウマになった出来事の
「心理的再体験」が始まります。


一見辛いですが、実は「チャンス」なんです。

やり直しの機会が与えられます。

脳の視点から言いますと、脳の中で辛い情報の
「再編集」の機会が訪れます。


しっかり
「伝統的作法」に基づいて対処していく事により
トラウマは徐々に力を弱めて、解決されていき
「無害化」が始まります。

一回で解決されなかったら、
何度も「淡々と淡々と・・」行ってください。


「心理的再体験」に対し
伝統的作法を使い「動じぬ心」で対応していきます。

『そのうち脳は、そのトラウマ体験に対し、
「耐性」がついてきます』




よくクライエントさんから
「先生、過去のイヤだった妄想が
たくさん浮かんできて集中できないんです・・
という発言を耳にします。

しかし
「何を言いますか。過去に作ったトラウマを無害化する
最高のチャンスじゃないですか


何度も言いますが、

例えば、
子供の頃に受けた虐待・災害のショック・学生時代のイジメなど・・
「過去に起こった事実」は変えられません。

ですが、その「脳内情報」に対する「関わり方」は
心理療法で変えることができます。



その辛い脳内情報に対する
関わり方、視点、対応法を変えることにより
トラウマは徐々に力を弱め、

現在の性格(パーソナリティ)や
心理症状は少しずつ根本修正されていきます。



ちゃんと対応法はあります。

大丈夫ですから、
しっかり心理療法を行っていきましょうね



*当カウンセリング・心理療法について

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html

ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:AC(アダルトチルドレン) - ジャンル:心と身体

【2012/09/25 12:59】 | 「トラウマの無害化」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック