マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
内向的な方は、
大勢の中にいるのが、すごく苦手です。

でも心の中に、外交的な性格への「憧れ」のようなものがあり
無理に飲み会や、合コンに行ってみんなと合わそうとします。

そして、自分のスペックにないようなことを背伸びしてやって
結果恥ずかしい想いをします。

家に帰り後悔し、こんな自分がイヤになり
うつ状態になってしまいます。


そんな時、こういった視点を持ってください。

本当に、外交的な性格が「明るく絶対善」で
内向的な性格は「絶対悪」なの??

無理に世間が作り上げた勝手な価値観に
合わそうとしていませんか?



お釈迦様は、こういう説法もされました。
「犀の角のように、ただ独り歩みなさい」
(仏典スッタニパータ)

*人脈は大切ですが、惑わされるようなおかしな人脈なら
かえって無い方がよい。
動物のサイの太い角のように、ただ独り
ノッシノッシと、しっかり信念を持って進んでいくこと。
わが道を行く。天上天下唯我独尊


内向的な人は素晴らしい世界を持っています。
読書や瞑想、思索にふけったり、
詩を書いたり、静かな音楽を愛したり・・
広く浅くではなく、少数の人と深く交流することが出来ます。

そして人類の歴史上、
偉大な人は内向的な人が多いものです。

お釈迦様も群れを離れ、
たった独り、木の下で全てを悟りました。


偉大な哲学者、思想家、宗教家というものは孤独な人が多い。

心理学の世界では
マズローの欲求階層説という有名な理論があります。
低い欲求をクリアしていき、
最終の一番高度な5段階目「自己実現」を
果たしたものは、孤独を好む傾向にある・・・と。


内向的な方にとって
「三度の食事と同じくらい、孤独は大切なこと」
いつか、その内向的なパワーを活かし
素晴らしい事を成し遂げると思います。

無理に外交的な人たちに合わさなくても良いですから
「自分は自分。自分OK。他人OK」
迷わず生きてください。



かくいう私も、ものすごく内向的な人間なんですね。

「え!?いつも講義で、
あの饒舌なギャグが炸裂する山中先生が内向的!?」
と思うかもしれません。

しかしあれは、仕事の顔です。

プライベートは独りでいることが多いんですね。
過ごしやすい日は、静かな木の下で瞑想にふけったり、
家にいるときは、読書の虫です。


ほかの業界の仲間から、飲み会などに誘われ
行ったりしますが、
やはり早く家に帰って瞑想がしたいのですね。
大勢でいるのが、どうも落ち着かない。

外交的な人から見れば私は、
ものすごく変わった人に見えるかと思います。

しかし、私は内向的な性格が気に入っています。
内向的な人間は、ものすごい創造性を秘めたパワーがあります。


内向的な性格で悩んでいる方は
胸を張って、堂々とインドアしてください。

無理して、みんなに合わせ
楽しくもないのに楽しそうに?アウトドアしなくてよいです。
自分に正直になりましょう。


外交的な性格への憧れがあるかと思いますが、
無理に自分のスペックにないことを求め、
頑張って・・・GETできるかもしれませんが、効率が悪い。
人の人生の時間は限られています。

逆に自分が「持っているもの」を伸ばしていく方が
結果、効率よく幸せになります。



内向的な人しか出来ない仕事(使命)があります。

その個性を活かした仕事を見つけ
社会貢献していくことです。

「犀(サイ)の角のように、ただ独り歩め」



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2012/09/15 16:58】 | ひきこもり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック