マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
通常型うつ病は
「自虐性、内省型」が目立ちます。
(例えば、私の存在が皆を不幸にする。消えてしまいたい・・など)

しかし、
新型うつ病は真逆で、
「他罰性」が目立ちます。

ゆえに「○○のせいで・・」という発言が目立ちます。

「○○のせいで僕は鬱になったんだ・・」
「○○が悪い」「社会は私を認めてくれない・・」
「私は全く悪くない・・何の落ち度もない」
「○○のせいで私の人生は・・・」などなど


この「○○のせいで・・」は、
いったい何なのでしょうか?

これは心理学で言いますと
「心理防衛機制、合理化」です。

自分の弱さ、コンプレックスから
都合よく目をそらすための
「低次元の心理防衛」です。


「○○のせい・・」と外部に目をそむけていれば、
自分の弱さ、情けなさを見なくてすむ。

深層心理には
こんなカラクリが隠されているんですね。
(もちろん本人は気付いていません。無意識的にやっています)


しかし・・・
それを続けている限り、何の根本解決になりません。
どんどん人格が荒廃します。

かといって、自分の弱さを直視してしまいますと
耐えられなくて、自分が崩壊してしまう・・


ですので、
心理技法でしっかり武装して
自分の弱さと向き合います。



自分の弱さを
①克服する (剛)
②受け入れる (柔)


どちらかの方法をとりますと
もう「○○のせい」にしなくても自分がしっかりします。

心理療法により①か②が、真に完成した時
新型うつ病を克服した時といえるでしょう。


新型うつ病は、「脳の病気」というより、
「性格的(パーソナリティ的)な問題」が強いんですね。


その証拠の一つとして
新型うつ病の方は、薬を何年飲んでも
ほとんどの人が治っていない・・どころか、
改善もしていませんね。

逆に言いますと、
パーソナリティ的なことを薬で解決しよう・・とすること自体
間違いかと思います。


*尚、新型うつ病は正式な医学名ではありません。
かつての抑うつ神経症や神経症性抑うつが
これに当たります。
近年これが急増してきましたので
「通称」新型うつ病と呼ばれています。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2012/08/25 00:26】 | 新型うつ病 「現代人の心の病」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメント hさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

後ほどメールいたします。
カウンセリング業務多忙につき、少しお返事遅れますが
ご了承ください。


山中紹聖

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/25(Sat) 11:49 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメント hさんへ
コメントありがとうございます。

後ほどメールいたします。
カウンセリング業務多忙につき、少しお返事遅れますが
ご了承ください。


山中紹聖
2012/08/25(Sat) 13:14 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック