マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
非定型うつ病の特徴的な症状「過眠」


これは、どれだけ寝ても寝足りない。
身体に鉛が詰まったように重く、
特に休日は一日中、布団の中。

ですので、休日が怖い・・

朝は身体がだるく、夕方になると憂鬱になる。
(サンセット・デプレッションといいます)
非定型うつ病は、女性に多いと言われています。


さて、
非定型うつ病は、まずいかにして布団から出るか・・
がポイント。

そこで
「なぜ身体がだるくなり、布団から出られないか?」

禅の哲学、森田療法、
マインドフルネス認知療法の視点から
3つの法則をお話いたします。



~まずその1~

「未来に完璧でいようとする、完璧主義」
(100か0か、白か黒か思想)



日亭軽うつ子さんが、朝目覚めました。

ジリリリリ!

目覚ましが鳴り

うーん・・・
あぁ、もう起きる時間か・・


そういえば・・今日
お風呂掃除して、押し入れの整理して、
銀行行って、ネイルの教室行って、
あの店行ってあれ注文して・・・

やることいっぱい
今日中に全部こなさなければ!


・・・あぁ・・なんか面倒くさくなってきた

あ・そうだ。
今日のネイルの教室、あのイヤな人と同じクラスだ

あの人と、どうやって接したらいいんだろう・・
てか、マジあの人ウザいし・・


あぁ・・なんか本当に面倒くさい
身体だるいし・・

もうちょっと布団の中にいよう・・

・・・・・

・・・・

・・・・・・!?


!?


わっ!ヤバ!寝過ごした・・

・・でもどうせ今からやっても
全部出来っこない・・
今からメイクしても、もう遅いし・・


あぁだるい・・もういい
寝よう・・・

布団から出たくない
世の中のこと全部ウザい、面倒くさい、
やりたくない・・




さて、
これを読まれてギクリ!・・と思われた
非定型うつ病の方いたかと思います。


まずこの、日亭軽うつ子さんの例は
完璧主義の表れですね。

一度に全て完璧にこなそうとすると
人は面倒くさくなります。

完璧にできないのであれば、
いっそやらない。寝ていよう・・

うつ傾向のパーソナリティの持ち主は
100が出来ないのならば、0を選択してしまうんですね。


・・60くらいでいいと思いますよ。

50か60くらいやるつもりで
布団からエイッと出て
「行動突入」しますと、


たぶん・・完璧主義の鬱気質の方は、
結果いい仕事してしまうんですから・・


うつ気質の方はね、ただでさえいい仕事するのに
100%MAXの力でやってしまうと、
かえっておかしくなります。

60%くらいでいいんです



またネイル教室に行くか行かないか・・で
妄想しているところは、うつ気質の方は
「常に完璧なパフォーマンスで自分を演出しようとします」

すると、おかしなプレッシャーがかかり、
とたんに身体が重く、だるくなります。


うつ気質の方は
テキトーくらいで行動突入しちゃってください。

たぶん・・完璧主義の鬱気質の方は、
いろいろ工夫して、結果いい感じで、
教室で人間関係を作っちゃうんですから・・
(特に非定型うつの方は、気が利く方が多いと思います)


非定型うつ、定型うつ(通常型うつ)の方は
本来優秀な方が多い。


ものすごい「マグマのような生のエネルギー」がある方。
ですが、そのエネルギーの出し方が下手なだけ。
意識、無意識3

ですから、そのエネルギーが空回りして
「自己破壊」に向いちゃってるんですね。


燃え盛る炎はコントロールを失うと
全てを焼き尽くす破壊の炎になります

しかし、炎もうまくコントロールすれば
料理やお風呂など・・生活に有用な炎になります。


うつ病も同じ。


その、うつ気質の方が本来持っている
「マグマのようなエネルギー」を「有用なもの」に
コントロールする方法が
私達、心理カウンセラーが指導する「心理療法」なんですね。

すると健常な方より、
創造的でエネルギッシュな人生を送る事ができます


・・・で、次の法則は・・


<続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2012/07/31 08:13】 | 非定型うつ病 「薬が効きにくい鬱病」
トラックバック(0) |


山田です
こんにちは。
今日のお話もすごくわかりやすかったです~。
なるほど・・・

こうゆう感じが2週間くらい続くと・・・病院からウツ病です・・・と診断を頂くのでしょうか?

早めの段階でマインドの訓練をはじめたら・・・
なんだか回復が早そうで・・・ポジティブな脳みそに進化出来そうですね(^o^)

ウツ病になってからはもちろん、ウツ病の予防としてもマインドの訓練って重要な気がします。



Re: 山田さんへ
ショウセイ
こんにちは。コメントありがとうございます。

> こうゆう感じが2週間くらい続くと・・・病院からウツ病です・・・と診断を頂くのでしょうか?

うつ病の診断は結構アバウトなところがありまして、
科学的な検査をせず、診断マニュアル(DSM-4-TRやICD-10)の
項目に何個当てはまるか・・で決まります。
つまり、患者さんの自己申告と医師の主観なんですね。。
(もちろん目に見えない疾患なのでしょうがないですが)

そして、それらに当てはまった状態が
2週間以上続くと「うつ病」と診断されます。

また今回、分かりやすく砕いて書いたのですが、
非定型うつ病は、それら大うつ病の項目に当てはまり、
さらに、非定型うつの項目もある個数当てはまると
非定型うつ病と診断されるかと思います。

> 早めの段階でマインドの訓練をはじめたら・・・
> なんだか回復が早そうで・・・ポジティブな脳みそに進化出来そうですね(^o^)

全く素晴らしいご意見ですね。
なんでも早めの対処が肝心ですね。
重篤な鬱病になる前に、「プチうつ」の段階で対処する事です。

> ウツ病になってからはもちろん、ウツ病の予防としてもマインドの訓練って重要な気がします。

そうですね。
マインドフルネスなど心理療法は、
うつ病の回復だけでなく、うつ気質を持った方の
「予防」としても優れているかと思います。

素晴らしいご意見ありがとうございました。
暑い日が続きますが、山田様も
体調崩さぬようお気をつけくださいませi-260

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
今日のお話もすごくわかりやすかったです~。
なるほど・・・

こうゆう感じが2週間くらい続くと・・・病院からウツ病です・・・と診断を頂くのでしょうか?

早めの段階でマインドの訓練をはじめたら・・・
なんだか回復が早そうで・・・ポジティブな脳みそに進化出来そうですね(^o^)

ウツ病になってからはもちろん、ウツ病の予防としてもマインドの訓練って重要な気がします。

2012/07/31(Tue) 11:37 | URL  | 山田です #-[ 編集]
Re: 山田さんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。

> こうゆう感じが2週間くらい続くと・・・病院からウツ病です・・・と診断を頂くのでしょうか?

うつ病の診断は結構アバウトなところがありまして、
科学的な検査をせず、診断マニュアル(DSM-4-TRやICD-10)の
項目に何個当てはまるか・・で決まります。
つまり、患者さんの自己申告と医師の主観なんですね。。
(もちろん目に見えない疾患なのでしょうがないですが)

そして、それらに当てはまった状態が
2週間以上続くと「うつ病」と診断されます。

また今回、分かりやすく砕いて書いたのですが、
非定型うつ病は、それら大うつ病の項目に当てはまり、
さらに、非定型うつの項目もある個数当てはまると
非定型うつ病と診断されるかと思います。

> 早めの段階でマインドの訓練をはじめたら・・・
> なんだか回復が早そうで・・・ポジティブな脳みそに進化出来そうですね(^o^)

全く素晴らしいご意見ですね。
なんでも早めの対処が肝心ですね。
重篤な鬱病になる前に、「プチうつ」の段階で対処する事です。

> ウツ病になってからはもちろん、ウツ病の予防としてもマインドの訓練って重要な気がします。

そうですね。
マインドフルネスなど心理療法は、
うつ病の回復だけでなく、うつ気質を持った方の
「予防」としても優れているかと思います。

素晴らしいご意見ありがとうございました。
暑い日が続きますが、山田様も
体調崩さぬようお気をつけくださいませi-260
2012/07/31(Tue) 18:13 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック