マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「霊媒体質と潜在意識の関係」


死んだはずの友達が見える・・

誰もみえないのに
自分にはあそこに白いドレスで、
長い髪の女の人が見える・・
などなど。


・・・こんな時、あなたはどうしますか?


恐怖でパニックになる前に・・

まぁまぁ・・
冷静に考えてみましょう。


それらは「霊?」と
すぐにオカルト的に結論付けするのではなく
心理学の視点から考えてみましょう。




さて、
自分が意識出来ていない心・・
それは潜在意識(脳)の奥深く・・・
意識、無意識


意識、無意識2

押し込めて封印されたままの感情、想いなど
それが強烈であればあるほど
意識の世界に「何らかの形」で現れようとします。
意識、無意識3


その形は人によって様々なサインを出します。

ある人は、
うつ病・神経症など・・心の病として出てくる。

ある人は
謎の肩こり・偏頭痛など・・身体の症状(心身症)として出てくる。

またある人は
「幻覚・幻聴」として出てきます。


特に幻覚・幻聴として現れてしまう人の事を
いわゆる「霊媒(霊能)体質」と呼びますね。

ではそれを、
「心理学的に除霊?」しましょう。


まず霊(幻覚・幻聴)
自分の潜在意識からのメッセージと割り切ってください。

例えば、
死んだはずの友達が出てきた時

その人の潜在意識の中には

その友達に対し
申し訳なかった事、
出来なかった事など・・

様々な「執着」があります。


仏教心理学的には、それらの執着を緩めますと
「霊?」は消えます。


死んだはずの友人が出てきたら、
パニックにならなくてもいいから・・
まず一旦冷静になってください。

そして、
こんな言葉をかけてあげましょう。


一例を挙げます。
*亡くなった友人に対し、
このような感情を抑圧してると思います。

「ごめんね。実はあの時、キミに意地悪したのは
私なんだ。。本当に申し訳ないと思っている。
もう二度と今後の人生でこういった事はしない。
それに気付かせてくれようと出てきたんだよね。
ありがとう。そして本当にごめんなさい」

「キミにいろいろ世話してもらったのに、
意地張って最後の最後までお礼を言えなかった。
でもキミはあの世に行ってしまった。
本当はキミに何よりも感謝してる。
最後まで言えなかった。ありがとう」

など・・・

自分の感情が処理できるよう意味付けをします。


すると今まで潜在意識(脳)の奥深くに
抑圧されていた感情の情報処理がしやすくなり

「もう霊(幻覚)として画像を出さなくても
脳が情報処理出来るようになります」


結果、「霊?」は消えます。


一度で消えない時は
何回も出てきますが、その都度行ってください。
そのうち脳の情報処理は終わり、消えます。


・・・ですが本当は

その人が生きているうちに、
会えるうちに・・

「ごめんなさい」「ありがとう」を
『形にして』伝えましょう。



そうでないと潜在意識下に
おかしな感情を抑圧して「執着」になります。

*一期一会(いちごいちえ)の精神ですね。
「今あたり前にいる人」も、何かの拍子で、
もう会えなくなるかもしれません。
今、目の前にいる人を大切に出来るとよいですね


では次に・・
霊?として出てくるのが、亡くなった知人ではなく
「全く知らない人」の場合はどうしましょうか?


<続く>



FC2blog テーマ:セラピー&ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2012/07/11 10:14】 | 「霊」の心理学的視点
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック