マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
普段は我が強く、毒々しいキャラでも・・
職場で毛ムシのように嫌われてても・・・



家に帰り
毎日、眠る前に

一日3分だけ
「慈悲の念」で心を満たす


それは偽善でもよい
ホントにそう思ってなくてもよい

全てを遮断し、思考は止め、

3分だけ真剣に慈悲の念で
心を満たす「行為」が
心理学的(ヒプノセラピー的)に意味があります。

↓(慈悲のワーク:ブログ簡易版)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-20.html
*当カウンセリングのクライエントさんは
正式な方法で行ってください。


3分だけ・・


毎日毎日
潜在意識という畑に
慈悲の種を一つ一つ埋め込んでいく

一つ一つは脆弱でも

毎日3分
一つ一つ、コツコツ淡々と
種を埋め込んでいく
意識、無意識

潜在意識の畑を
毎日毎日、耕していく


普段の会社でのキャラは変えなくていい

そのまま

そのままでいい


ですが、
潜在意識に植え込んだ
慈悲の種は
意識、無意識3

やがて
意識の世界に芽を出し
花を咲かせ
おいしい果実をつけていきます


会社で嫌われても
職場でイヤがられても・・・


なぜか心が穏やかになってくる


すると自然に
職場の人々の
自分に接する態度が変わってくる

ホントに不思議なものですよ


コツコツ毎日、
潜在意識に種を植え

コツコツ毎日、
潜在意識を耕す

幸せの花が咲きますように・・



*米国式ではなく
古代の伝統的な、仏式マインドフルネスは

いつもの「マインドフルネス瞑想」
「慈悲のワーク」は車の両輪。

どちらか一つ欠けても車は進まない。
同時進行でいきます。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:セラピー&ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2012/07/07 13:21】 | マインドフルネス心理療法とは?     (技術編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック