マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ病というものは、
とにかく悪夢をみやすい。



何故かといいますと、
普段、日常生活で普通の人より
感情を押し殺し、
潜在意識に抑圧しがちだからです。
意識、無意識2

その日常で押し殺した感情は
睡眠中「潜在意識(無意識)」有利な状態になると
夢の中で一気に噴き出します。
意識、無意識3


では、その心理システムは
脳が何をやっているのでしょうか?



うつ病の方は
よくこんな夢みませんか?

夢の中で過去の憎い人と、
ケンカしたり言い合いしたり・・

過去に仕事でみんなに迷惑かけて
大恥かいた時の夢・・

また、絶望的な自分の未来の夢など・・


それは夢の中で「疑似体験」することにより
その人の潜在意識に「こびりついた」
処理出来ていない感情を
脳が処理している作業中です。

1回で処理できない時は
何回かに小分けして夢に出てきます。

しかしそれは
脳に仕事をお任せしましょう。



また
死んだ人が何度も夢に出てくる時など
人はすぐに「オカルト」と結び付けようとする。。

それは、
その亡くなった人に言えなかった事、
出来なかった事など・・・

心の奥深くに「執着」があるんですね。
それを軽くするために
脳が一生懸命、情報処理をしてくれているんです。

それは霊の仕業とか、呪いとかではなく
「単なる脳の情報処理」です。



脳ってね。
実は寝ている時、ものすごい作業をしているんですよ。

普段起きている時に獲得した情報や
日常生活で処理できない感情の

整理整頓、または記憶の貯蔵庫に仕分けしたり・・
皆さんが気持ちよく寝ている時に
一所懸命働いてるんですよ。

労働基準法に反するくらい働いています


うつ病の方は、悪夢をみますと
一旦うなされ、汗びっしょりで
飛び起きる事がありますが・・・

いかがでしょう、
少し時間が経つと・・・
「妙にスッキリ」していることありませんか?

それは
脳が処理出来ていない感情を
情報処理完了した瞬間です。


脳はとっても働き者。

脳を信頼し
脳にお仕事をお任せしよう


その夢を、勝手に思い込み
分析したり夢占いしたり・・

脳のお仕事の邪魔しないようにしましょう。
放っておき、お任せする



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2012/06/25 02:21】 | うつ病と睡眠中の悪夢
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック