マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「うつ病と脳と表情の関係」


「外相整えば内相おのずから熟す」
(森田療法の森田正馬のことば)

クライエントの皆さまは
聞きなれていると思いますが、
これは当カウンセリングの、
うつ病・神経症(不安障害)の授業でよく出る言葉ですね。


今日は鬱病と森田療法の講話をいたします。
よろしくお願いします。



私はカウンセリング業務を行い8年間、
今まで数百人の鬱病・神経症の方をカウンセリングしてきました。

面談してきて、一つ思う事は
うつ病の根っこが深ければ深いほど
表情が固まっています。


脳の機能が低下してきますと
表情が固まってきます。

逆に脳の機能が上昇してきますと
表情が豊かになります。

実は「脳と表情筋」は連動しているんですね。


これは
脳が表情筋に、一方的に命令を出すだけではなく

逆に
「表情筋から脳に命令を送る事も出来ます」


うつ病や神経症(不安障害)の方は
まず表情をほぐしましょう。
独りで鏡の前で「笑顔」の練習をします。

これ、毎日やっていますと
すぐに良いクセになります。

毎日繰り返しの作業が
潜在意識に良いパターンを埋め込みます。
意識、無意識

*ただし笑顔の練習・・・
これは独りでこっそり行ってくださいね。

外で笑顔の練習をしていますと
確実に挙動不審ですので・・
(警察に職務質問されても
当カウンセラーは一切責任を負いかねます)



冗談はさておき・・・

表情をニコッと優しい笑顔、微笑みにしますと
まず脳の「尾状核」が連動し活性化します。

*尾状核は言語・学習・感動・表情などを司ります。

続いて、
扁桃体、側坐核、視床下部など・・
も徐々に良い状態になっていきます。


笑顔を作って生活していますと
脳科学的に気分が楽になってきます。



「脳が異常だから表情が固まるのではなく、
表情が固まっているから脳が異常になる」
という見方もできますね。



冒頭の森田療法の言葉
「外相整えば内相おのずから熟す」

外見(身だしなみ・表情・姿勢)を整えれば
内側(精神)も整ってきますよ・・という事。

「型」から入る事

*うつ病と姿勢の関係

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-262.html


「笑顔生活の型」
「マインドフルネス的生活の型」を作りますと

精神(脳)もそれに合わそうと
脳科学的に変わってきます。


また、素敵な笑顔の出来る人は
とっても魅力的ですよ


その人の周りにいる人達も幸せになりますね



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2012/06/16 00:11】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |


クレイジーどっぐ
なるほど、改めて笑顔の大切さを思い知らされますね!


Re: クレイジーどっぐさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。
そうですね。笑顔って大切ですよね。

素敵な笑顔の人って魅力的ですよねe-454

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
なるほど、改めて笑顔の大切さを思い知らされますね!
2012/06/28(Thu) 09:48 | URL  | クレイジーどっぐ #7OvCLxQw[ 編集]
Re: クレイジーどっぐさんへ
コメントありがとうございます。
そうですね。笑顔って大切ですよね。

素敵な笑顔の人って魅力的ですよねe-454
2012/06/29(Fri) 11:51 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック