マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「心の病とは、心の生活習慣病である」
(発達障害など、先天性の脳疾患は除く)


糖尿病、高脂血症など・・・
言わずと知れた「生活習慣病」ですね。

食生活、運動など怠り
不節制な生活を長年続けていますと
こういった生活習慣病が現れます。


これらの症状は、放っておきますと
心筋梗塞、脳梗塞、
糖尿病ですと最悪、失明、足の壊死など・・

取り返しのつかない事になります。
その時になって後悔しても遅いんですね。



さて、心の病も
長年心に染み込んだ
モノのとらえ方、考え方など・・

心理学的に不適切な思考パターンが長年続き、
脳が「不必要なストレス」に毎日さらされ
異常をきたした状態が心の病です


いわば「心の生活習慣病」です。

「うつ病=脳の異常」は結果論です。
大切なのは、そこに至った「プロセス」を修正していく事。




生活習慣病を改善するのは大変です。

禁酒、禁煙、運動習慣、食生活の改善・・・
いままで慣れ親しんできたパターンを変えるのは
大変な努力、トレーニングが必要になります。

面倒くさいから、ま・いいや・・・
と放っておきますと、大変な事態になっていきます。


心の病も同じ。
今まで慣れ親しんできた
「うつ病的思考」「神経症的思考」パターンを変えるのは
大変な努力、心理トレーニングが必要になります。

これを面倒くさいから、ま・いいや・・・
と放っておきますと、大変な事態になっていきます。


また、心の底から本気で治そうとせず、
努力は出来ないから、ただ精神薬を飲んで治そうとしますと・・・

・・いかがでしょうか?

周りの心の病の方を見てください。
ほとんどの方が現実問題、治ってないでしょうに。。


冷静に考えてください。
人間の性格的な問題を薬物で治そうという
発想自体おかしいと思いませんか?



楽して何かを得ようとすると
待っているのは不適切な結果です。

*5年、10年・・精神薬を飲み続ける。。そして治らない。
(私も鬱病患者時代、精神薬を5年飲み続けました・・反省)

私も正直言いますと心のどこかに、
モノのとらえ方のパターン??
心理療法(トレーニング)??
面倒くさいから、ま・いいや・・・
努力は苦手だから、薬飲んでいて治ればいいかな・・・

という心がありました。


ですが、精神薬を飲み続け5年が過ぎた時・・・

心療内科でいつもの流れ作業、3分診察。
医師は相変わらず
「はい。いつもの薬を出しておきます・・」


・・ある日、私の中で「何かが」はじけ飛びました。


「だめだ!これでは治らない!
私の人生がめちゃくちゃになる。本気で治そう!」

・・と、一念発起しました。


あの気付きと思考革命が無ければ
今でもズルズルと精神薬を飲み続けていたと思います。

*ただし誤解のないように。
うつ病「急性期、回復期(発症してから数カ月ほど)」は危ないですので
緊急避難的に薬で強引にモチベーションを上げてください。
また、それに準ずる状態の時も薬で回避する。

そして落ち着いたら、
健全な心理療法に徐々に切り替える・・という事




最後に話をまとめますと、

人間の「思考パターン、性格的なこと、モノのとらえ方など」
薬(物理的な力)で、根本から変えようという発想自体が不適切です。


あなたの大切な人生です。

うつ病、神経症(不安障害)
「薬物療法一本で回復しない方は、
心理療法を導入してみてください」



凝り固まった視点をサッと変えると・・

そこに答えがあるかもしれませんね



↓山中ショウセイのカウンセリング・心理療法
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2012/06/10 05:19】 | うつ病
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック