マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ病患者の家族と「共依存について」


うつ病患者さんの家族は
患者に対し、全く理解の無い問題あるパターンもありますが

今日は逆に、家族と患者が
「お互い依存状態」になるケースの講話をしていきます。

よろしくお願いします。


さて、
よく患者と支える側が、お互い依存関係になり
閉鎖的なカプセル化してしまう事があります。

これを「共依存」といいます。
(こうなってしまいますと、
かえって患者さんの回復の足かせになってしまいます)


これはお互い問題があるのですが

あえて言いますと
「支える側」に問題があるケースが多いと思います。

ええ!?っと思うでしょう?


なぜ支える側が「依存」になってしまうのでしょうか?


それは
支える側の潜在意識(無意識)の中に

本当は「寂しさ・自信の無さ・不安」などが
抑圧されている可能性があります。
(本人は気付いていないケースが多い)
意識、無意識2

そしてそういったものが
自分の中にあるのが認められないから

「無意識的」に
相手(患者)にそれを投げかけます。

↓(投影・投射)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-44.html

そして相手を献身的に支えます。


実はね・・・

それって相手(患者)のためではなく
本当は「自分自身」を慰めているんですよ。

(一種の心理防衛です)


まず支える側が、それをしっかり洞察し
心理療法を受けてみる事をオススメいたします。



こういったパターンは周りが説得しても、
本人は全く、聞く耳持たないケースが多いものです。

それは専門家が言っても聞きません。

例えばカルト宗教にハマって、視野が狭くなっている人に
何を言っても聞かないのと同じですね。

いや・・本当は、
自分のコンプレックスを炙りだされるのがイヤで
聞きたくないのかもしれません。
(こういったことは誰しも
人から言われたくないと思います)



私の場合、
そういったパターンはあえて説得しません。

ではどうするか?

そういったケースは誰かが説得するより

何気に、私のサイトを観ていただくか
共依存関係の本を読んでいただき
自分自身で理解、洞察していただきます。

実は上記の事を本当は「無意識的に知っています」が
認めたくないだけです。

自分自身で本やサイトなど読んでいただき
「自分で気付いていただく方法」が一番良いかと思います。


そして、必要性を感じましたら
こっそり心理療法を受けに来てください。

当カウンセリングは、あえて本人のプライドを
刺激するような事はしません。

何事も無かったように
心理療法を淡々と行っていきます。

ここは普通のカウンセリングと違った手法です。


こういった事は人にもよりますが
周りから言われて治るものではありません。

「自分で気付いて
自分で心理療法で治すものですね」



こういったケースは
献身的に?「支える側」が
マインドフルネス心理療法・カウンセリングなどでしっかりしますと

支えられる・・そして「依存してしまっている患者さん」も
案外、良い方向に向かっていくことが多いものですよ

(もちろん患者さん自身も
心理療法を日々しっかり実施することです)



*今日のお話は
マインドフルネス認知療法家の視点から語りました。

共依存に関しては様々な説がありますので
いろいろな専門家の意見を聞いてみて、
自分に合った説を参考にされるとよいかと思います。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2012/06/01 00:51】 | うつ病、環境的要因
トラックバック(0) |

Re: 蓮華さんへ
ショウセイ
蓮華さん。コメントありがとうございます。
いただいたコメントに、メールアドレスが入っておりましたので
オンライン上、「個人情報保護」のため消させていただきます。

このような形でコメントをお返しさせていただきます。
ご了承くださいませ。

> 山中先生へ
> マインドフルネス認知療法を
> 丁寧にわかりやすく教えていただきました。

いえいえ。
蓮華さんはとても熱心にお勉強されて、
私も気持ち良く授業を進めさせていただきました。
こちらこそありがとうございました。

> 毎回のお稽古で、どんどん意欲が増しました。
> とても理解が深まり、
> ますますうつの克服に向けて
> 闘志が湧いています。
> 本当にありがとうございました。
> 蓮華(受講生)

素晴らしいですね。

ですが、今スタートラインに立ったところです。
ここからが本当の自分との勝負です。

そして、お釈迦様の作られた心理療法を信じて
末長く続けていってください。
きっと、うつ病克服だけでなく幸せも掴めるはずですよ。

また辛くなった時、このブログにいらしてください。
私はいつもこのブログにいます。

それでは怠ることなく精進を続けていきましょうi-260

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントTさんへ
ショウセイ
先ほどメールしました。
よろしく。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: 蓮華さんへ
蓮華さん。コメントありがとうございます。
いただいたコメントに、メールアドレスが入っておりましたので
オンライン上、「個人情報保護」のため消させていただきます。

このような形でコメントをお返しさせていただきます。
ご了承くださいませ。

> 山中先生へ
> マインドフルネス認知療法を
> 丁寧にわかりやすく教えていただきました。

いえいえ。
蓮華さんはとても熱心にお勉強されて、
私も気持ち良く授業を進めさせていただきました。
こちらこそありがとうございました。

> 毎回のお稽古で、どんどん意欲が増しました。
> とても理解が深まり、
> ますますうつの克服に向けて
> 闘志が湧いています。
> 本当にありがとうございました。
> 蓮華(受講生)

素晴らしいですね。

ですが、今スタートラインに立ったところです。
ここからが本当の自分との勝負です。

そして、お釈迦様の作られた心理療法を信じて
末長く続けていってください。
きっと、うつ病克服だけでなく幸せも掴めるはずですよ。

また辛くなった時、このブログにいらしてください。
私はいつもこのブログにいます。

それでは怠ることなく精進を続けていきましょうi-260
2012/06/02(Sat) 12:50 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/01(Wed) 00:11 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントTさんへ
先ほどメールしました。
よろしく。
2013/05/01(Wed) 16:07 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック