マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
まずストレスとは何なのか?

・外界からの不快な刺激
・自分の心の中から湧きあがってくる不快な想念(妄想)


外的な要因と
内的な要因があります。

このストレスを与える要因の事を「ストレッサー」と言います。


このストレッサーに対し

脳がしっかり分析、洞察し
情報処理・対応出来ている状態はストレスにはなりません。

脳が情報処理出来ていない状態が「ストレス」になります。
(特に内的な要因は)


脳や心は、不快な想念に対し
なんだかよく分からない状態になりますと

パソコンで言う
「バグやフリーズ」また「動きが鈍くなる」状態になります。


この状態がストレスを感じている状態。
またイライラしている状態です。




心理カウンセラー・セラピストが使う
精神分析やアートセラピー、箱庭療法などは

潜在意識下の処理出来ていない情報を
コトバや絵、模型などで
「意識できる形」にすることにより

脳の情報処理を助けてあげているんですね。
これを心理学では「無意識の意識化」といいます。
意識、無意識3


さらにマインドフルネスでは、道具や人を媒介せず
いつでもどこでも「無意識の意識化」が出来ます。

カウンセラーいらずの心理療法です。


これが日本の精神治療に定着していけば
私達カウンセラー・セラピストはリストラなんですね。

ガタガタ・・ブルブル・・・(@_@;)


ま・冗談はさておき

お釈迦様は2600年前に、マインドフルネスを作られて

お釈迦様の心の病に対する理論が
この21世紀に精神医学・心理療法という形で復活しました。
(欧米の精神医療・カウンセリングの場では、すでにメジャーです)


お釈迦様は遺言で

「人を頼らず依存せず、自分自身と法(マインドフルネス)を
拠り所として生きていきなさい・・」

(自灯明 法灯明:原文ではなく、現代風に分かりやすく書きました)

と説かれ入滅(亡くなられ)されました。


心の病で不快な想念が出てきて苦しくなった時、
精神科医や心理カウンセラーは24時間そばにいません。

やはり心が苦しくなった時
なんとかするのは「自分自身」なんです。


精神科医やカウンセラーはヒントを提示してくれますが

最終的に自分の心を治すのは
他人や薬ではなく「自分自身」なんですね。


また、得体のしれない神や
わけのわからない呪文、
おかしな霊感グッズにすがって他力本願になるのではなく

「自分の心は自分で治す」のが
お釈迦様の80年の生涯で説かれた「本当の教え」なんですね。

非常に現実的で科学的なものです。

*原始仏教、南伝仏教、初期仏教などと言います。

これらは日本には伝わっていませんが、
禅宗(臨済宗など)がこれに最も近いです。

↓友人の臨済宗のお坊様、副住職、建岳さんのブログです(合掌)
http://eishojikengaku.blog33.fc2.com/



「自分の心は最終的には自分で治す」

そのための
心理学的・科学的方法論が
マインドフルネス
(瞑想、禅)なんです。


お釈迦様の「自灯明 法灯明の教訓」は
精神薬に「依存」しがちな現代日本の精神治療に対し、
非常に的を射た教訓かと思います。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

【2012/05/07 00:57】 | ストレス、反応する心 2
トラックバック(0) |


りん子
おはようございます。

>「最終的に自分の心を治すのは
他人や薬ではなく「自分自身」なんですね。」

あなた様のお考えに共感いたします。

ご本人様の”気づき”と”治したいという意志”が無いとなかなか前に進めないような気がいたします。

マインドの訓練をしていると、ふっと何かの”ひらめき”と言いますか?気づき?と言うのでしょうか?・・・そのようなものが出現して、なんだか心が軽くなるような・・・実感・・・確かにありますからね~。
少しずつその経験(体験)を積み重ねていくと、気がつけば ずいぶん調子がUPしているのに気がつきますよね。(心も体も)

貴重なお話をありがとうございます。

Re: りん子さんへ
ショウセイ
こんにちは。

> >「最終的に自分の心を治すのは
> 他人や薬ではなく「自分自身」なんですね。」
> ご本人様の”気づき”と”治したいという意志”が無いとなかなか前に進めないような気がいたします。

全くその通りでございますね。
どんな名精神科医や名カウンセラーが担当しても
本人様の治したいという意志が無いと良くなる事はありません。

また潜在意識的に「本当は、そこまで真剣に治そうとは思っていない人」も
良くなる事はありませんね。

> マインドの訓練をしていると、ふっと何かの”ひらめき”と言いますか?気づき?と言うのでしょうか?・・・そのようなものが出現して、なんだか心が軽くなるような・・・実感・・・確かにありますからね


そうですね。日々の心理訓練により脳神経の繋がり方、パターンが変わってきますと、
そういった、「気付き」や「軽くなるような」実感を体験される方が多いですね。

ご丁寧なコメントありがとうございましたi-260

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。

>「最終的に自分の心を治すのは
他人や薬ではなく「自分自身」なんですね。」

あなた様のお考えに共感いたします。

ご本人様の”気づき”と”治したいという意志”が無いとなかなか前に進めないような気がいたします。

マインドの訓練をしていると、ふっと何かの”ひらめき”と言いますか?気づき?と言うのでしょうか?・・・そのようなものが出現して、なんだか心が軽くなるような・・・実感・・・確かにありますからね~。
少しずつその経験(体験)を積み重ねていくと、気がつけば ずいぶん調子がUPしているのに気がつきますよね。(心も体も)

貴重なお話をありがとうございます。
2012/05/07(Mon) 09:02 | URL  | りん子 #-[ 編集]
Re: りん子さんへ
こんにちは。

> >「最終的に自分の心を治すのは
> 他人や薬ではなく「自分自身」なんですね。」
> ご本人様の”気づき”と”治したいという意志”が無いとなかなか前に進めないような気がいたします。

全くその通りでございますね。
どんな名精神科医や名カウンセラーが担当しても
本人様の治したいという意志が無いと良くなる事はありません。

また潜在意識的に「本当は、そこまで真剣に治そうとは思っていない人」も
良くなる事はありませんね。

> マインドの訓練をしていると、ふっと何かの”ひらめき”と言いますか?気づき?と言うのでしょうか?・・・そのようなものが出現して、なんだか心が軽くなるような・・・実感・・・確かにありますからね


そうですね。日々の心理訓練により脳神経の繋がり方、パターンが変わってきますと、
そういった、「気付き」や「軽くなるような」実感を体験される方が多いですね。

ご丁寧なコメントありがとうございましたi-260
2012/05/07(Mon) 18:08 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック