マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「なぜ億劫になり
身体がだるくなるのか?」



うつ病の人は普通の人より
思考が「自動操縦状態」になりやすい。


*自動操縦状態とは?

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-565.html


思考の「自動操縦状態」は
ポーっとしていて、思考が過去の事や未来の事など・・
あっちにフラフラ、こっちにフラフラ漂っている状態。


この時に思考の過ちが起きやすい。
また作業などのミスが起こりやすい。

車を運転していて
事故を起こす事が多いのは、この状態の時です。

うつ病の人は、自動操縦に引っ張られ
ハッと気が付いたら、いつもの「うつ状態」になっています。

そして身体がだるくなり
気分が億劫になっていきます。



*心の病の方は実験してみてください。
精神的に辛い状態になる前、心がどんな状態になっていますか?
自動操縦状態になっていませんか?


思考の自動操縦状態は「百害あって一利なし」です。
ろくな事がない。


一日の内で、この状態が多ければ多いほど
心の病の方は辛くなります。



逆に言いますと、一日の内で
この状態をできるだけ少なくしていきますと
気分が楽になっていきます。





マインドフルネスでは
この状態を防ぐ「具体的心理技術」を練習していきます。

思考が飛んだら、
あるいは飛びそうになったら

漂ったり、暴れまわったりする思考に
カウボーイのように投げ輪をかけ、連れ戻します。


暴れ牛(心)は落ち着いていきます。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-27.html


うつ病・神経症も
心理学的コツさえつかめれば

ある程度、飼いならす事が
出来るかと思います。


飼いならす事に成功しますと
案外ペットみたいでカワイイものかもしれませんね。




【2012/04/28 00:30】 | うつ病・神経症思考が発生しやすい時 「心の自動操縦状態」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック