マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「死の恐怖に打ち勝つには?」


「生起→生成→消滅」
形あるもの必ず移ろい、滅びるという事を
深く知っている事。
また、しっかり洞察出来ている事


「諸行無常」といいます


人はこの事実から目をそらそうと
あの手この手で、現実をぼかそうとします。


しかし、それがかえって
「死の恐怖を潜在意識下に深く抑圧」し、
さらなる苦しみを生んでいきます。
*フロイトの抑圧のシステム
意識、無意識2

死の恐怖を深く抑圧しますと
「生」に対する異常な執着が
「身体的、心理的病理」となって現れます。

*これがパニック、心気症、不安、心身症など
神経症の心理システムです。
        ↓
意識、無意識3




これとは逆に鬱病の方は
(特にメランコリー親和型)
几帳面で現実のルールに従いすぎて、
自分の心を殺してまでも
仕事(現実のルール)を優先させたりします。

非常に勤勉でよいのですが
なんでも「モノは加減」なんですね。

*(ただし新型うつ病、ディスチミア親和型はこの真逆の特徴。
このタイプの鬱は上記の神経症に近い)

このように
「生」に対する欲動を深く抑圧しますと
「死にたい・・」などの自殺念慮が出てきます。

*「死にたい・・は、もっとよりよく生きたいの裏返し」
うつ病

ちなみに心理療法は
理想のバランスに調整していきます。
正常




さて、話を戻します。

この世は移ろい、
形あるもの必ず滅んでいき
また新しいものが生まれてくるという

大前提から目をそらさず、腰を据え直視しますと

「逆に幸せになれます」


ですが神経症の方がこの事実に
直視するには「技」が必要になります。

それがないと、その大前提に
なすすべもなく崩れ去り
不安、パニック、心気症など心の病になります。


マインドフルネス(仏式瞑想)は
うつ病、神経症など
根っこの部分から修正していきます。


禅や瞑想は
苦しみの海を気持ちよくスイスイ泳ぐ技術

おもしろきこともなき世をおもしろく

苦しみのこの世を「ひょうひょうと」生きる技




山中紹聖のカウンセリング・心理療法

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

【2012/05/01 01:27】 | 神経症(不安障害) 「克服のヒント」
トラックバック(0) |

Re: あこさんへ
ショウセイ
あこさん。コメントありがとうございます。

あこさんのコメントに、携帯メールアドレスが入っておりましたので
オンライン上、個人情報保護のため削除させていただきますね。
(いただいたコメントは、別口メールボックスに大切に保管しました)

> 以前の記事で『うつ病思考』という記事が共感できて気になり、コメントさせていただきますm(__)m
> 日々、自分のマイナス思考に悩んでいますが、悩んでいる自分が好きなのかもしれません。
> でも、そんな自分が嫌いでもあります。

うつ傾向の方は、妄想、雑念に浸りがちになってしまいますよね。
そして、気が付けば鬱病思考にどっぷりハマっています。

でも、自分の思考を客観的に観察できている
あこさんは、すごいと思いますよ。

> うつ病の方たちは、みなさんそんな日々をもがき苦しみ過ごしているんでしょうか。
> 私は、うつっぽい傾向がありますが、なんとか1日1日をやり過ごしています。
> もう少し自分と、らくに付き合いたいなぁと日々試行錯誤していますが、弱い自分が勝ってしまい、心身ともに引きこもってしまいます。


はい。うつに苦しむ方はみんな同じですよi-229
でもね。適切な心理トレーニングをしっかり行っていけば
克服される方も結構います。

> なにを言いたいのか、わからなくなってきたので、このへんでやめておきます。(^-^;

あはは(^_^;)

> 誰かに自分の心境を伝えたくてコメントしてしまいました。
> またブログ見させていただきます。

そうだよね。
心境を伝えるだけでも少し楽になるよね。

またいらしてください。
私はいつもこのブログにいますからねi-260


お返事ありがとうございました。
あこ
早速のお返事ありがとうございました。
メールアドレスの削除お気遣いいただき、ありがとうございます。

温かい文章と、わかりやすい説明に心がなごみました(^з^)-☆
シュウセイさんのブログを参考にして、自分なりに、いろいろ試してみますね。

お忙しいときなどは、お返事不要ですよ(^_^)
また疑問なことがあると、コメントしてさしまうかもしれません。よろしくお願いしますm(__)m
それでわまた、失礼いたします。

Re: あこさんへ 2
ショウセイ
あこさん。こんばんは。

> また疑問なことがあると、コメントしてさしまうかもしれません。よろしくお願いしますm(__)m

はい。いいですよ~i-179
質問などありましたら、いつでもコメントくださいね。

それでは、あこさんがお幸せでありますようにi-260

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: あこさんへ
あこさん。コメントありがとうございます。

あこさんのコメントに、携帯メールアドレスが入っておりましたので
オンライン上、個人情報保護のため削除させていただきますね。
(いただいたコメントは、別口メールボックスに大切に保管しました)

> 以前の記事で『うつ病思考』という記事が共感できて気になり、コメントさせていただきますm(__)m
> 日々、自分のマイナス思考に悩んでいますが、悩んでいる自分が好きなのかもしれません。
> でも、そんな自分が嫌いでもあります。

うつ傾向の方は、妄想、雑念に浸りがちになってしまいますよね。
そして、気が付けば鬱病思考にどっぷりハマっています。

でも、自分の思考を客観的に観察できている
あこさんは、すごいと思いますよ。

> うつ病の方たちは、みなさんそんな日々をもがき苦しみ過ごしているんでしょうか。
> 私は、うつっぽい傾向がありますが、なんとか1日1日をやり過ごしています。
> もう少し自分と、らくに付き合いたいなぁと日々試行錯誤していますが、弱い自分が勝ってしまい、心身ともに引きこもってしまいます。


はい。うつに苦しむ方はみんな同じですよi-229
でもね。適切な心理トレーニングをしっかり行っていけば
克服される方も結構います。

> なにを言いたいのか、わからなくなってきたので、このへんでやめておきます。(^-^;

あはは(^_^;)

> 誰かに自分の心境を伝えたくてコメントしてしまいました。
> またブログ見させていただきます。

そうだよね。
心境を伝えるだけでも少し楽になるよね。

またいらしてください。
私はいつもこのブログにいますからねi-260
2012/05/02(Wed) 09:23 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
お返事ありがとうございました。
早速のお返事ありがとうございました。
メールアドレスの削除お気遣いいただき、ありがとうございます。

温かい文章と、わかりやすい説明に心がなごみました(^з^)-☆
シュウセイさんのブログを参考にして、自分なりに、いろいろ試してみますね。

お忙しいときなどは、お返事不要ですよ(^_^)
また疑問なことがあると、コメントしてさしまうかもしれません。よろしくお願いしますm(__)m
それでわまた、失礼いたします。
2012/05/02(Wed) 19:41 | URL  | あこ #-[ 編集]
Re: あこさんへ 2
あこさん。こんばんは。

> また疑問なことがあると、コメントしてさしまうかもしれません。よろしくお願いしますm(__)m

はい。いいですよ~i-179
質問などありましたら、いつでもコメントくださいね。

それでは、あこさんがお幸せでありますようにi-260
2012/05/02(Wed) 21:14 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック